「家族旅行したいけど行き先は? 宿泊先どおする? 子どもがまだ小さいから...」と悩んでばかりいませんか? 人気の観光地・ 富士山に近く、周辺には人気スポットがいっぱいある富士吉田エリアが熱い! 今回は、入園無料化した富士急ハイランドや初心者キャンパー安心の高規格なキャンプ場・PICA富士吉田をご紹介します。

【富士急ハイランドは入園料無料】アトラクションごとに料金を払うので、数時間だけでも楽しめる!

富士急ハイランドといえば、富士吉田エリア定番の観光スポットです。2018年7月より、なんと入園無料化を実施。それまでは大人1,500円、小人900円だったのですが、こちらが一律0円になり、アトラクション料金だけで1日楽しめるんです。

富士急ハイランドのイメージは、「FUJIYAMA」「ド・ドドンパ」「ええじゃないか」などの絶叫系アトラクションがメインでは? と思い「絶叫系は好きじゃない」「小さい子どもは身長制限で乗れない」などの理由で、行ったことがないという方は多いのではないのでしょうか。

しかし、そんな富士急ハイランドが入園無料・アトラクションごとの料金制度となったことにより、「好きなアトラクションにだけ乗る」という新しい楽しみ方が生まれました。

さらに、意外にも絶叫系が苦手や方や小さなお子様を連れたファミリーでも安心して楽しめるアトラクションが多いのです。お財布と相談しながら楽しめることも嬉しいですね。

画像1: www.fujiq.jp
www.fujiq.jp
  • スポット情報:富士急ハイランド
  • 住所:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原5-6-1
  • 電話:0555-23-2111
  • URLhttps://www.fujiq.jp/

家族で楽しむ富士急ハイランド! 子どもにはトーマスランド、大人には絶叫系FUJIYAMAが人気!

ジェットコースター:FUJIYAMA

いきなり絶叫系アトラクションですが、富士急ハイランドの王道なのでこれだけは紹介させてください。

最高速度は時速130km、最大落差70mで、約20階のビルほどの高さから急降下する、大人気のジェットコースターです。コースターがぐんぐん登っていく間に、富士山がばっちり見えるのも魅力的ですね。

気になる身長制限は110cmからOKなので、10歳前後のお子様ならば保護者同伴で乗ることができますよ!

画像2: www.fujiq.jp
www.fujiq.jp

FUJIYAMAの詳細はこちら

観覧車:シャイニング・フラワー

全長50mの観覧車です。これなら、絶叫系のコースターが苦手でも、小さなお子様が一緒でも安心して楽しめますね。

よりスリルを求めるなら、通常のゴンドラのほか、4台限定の床・壁・天井・シートがすべて透明なゴンドラがおすすめ。その名も「スケルちゃん」「スクムくん」! まるで空に浮かんでいるような気分になります。※通常のゴンドラは乗車定員4名ですが、透明ゴンドラは2名です。

画像3: www.fujiq.jp
www.fujiq.jp
画像4: www.fujiq.jp
www.fujiq.jp

シャイニングフラワーの詳細はこちら

テーマパーク:トーマスランド

富士急ハイランド内にある、日本で唯一の「きかんしゃトーマス」をモチーフにした屋外型テーマパークです。絶叫系アトラクションがないので、小さなお子様連れや妊娠中の方でも楽しめます。

パーク内にはレストランのほか、授乳室やベビールーム、子供用トイレなど、パパさんママさんにやさしい設備が充実していますよ。

画像5: www.fujiq.jp
www.fujiq.jp

トーマスランドの詳細はこちら

富士急ハイランドから無料バスで10分! 手ぶらキャンプが楽しめるPICA富士吉田でグランピング

PICA富士吉田へのアクセス

PICA富士吉田は、富士急ハイランドから車で約10分の場所にあります。マイカーがない場合は、富士急ハイランドからPICA富士吉田までをつなぐ無料巡回バスを利用しましょう。タクシーなどに乗らず、無料で移動できるのはありがたいですね。

高規格キャンプ場って?

最近、キャンプ場を探しているとき、よく耳にする「高規格(こうきかく)キャンプ場」という言葉。これは、全国にたくさんあるキャンプ場の中でも、自然に恵まれた環境にありながらも、キレイに整備され、設備も充実して快適に過ごせるキャンプ場と位置づけられており、大変人気です。

画像1: 筆者撮影
筆者撮影
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.