「夫婦やカップルでキャンプに行ってみたい!」そんな皆さまに向けてお送りする「2人キャンプの魅力&はじめ方」についての3回連載。第3回は、実際のキャンプ場選びから、必要最低限そろえるべき道具、1日の流れまで、キャンプを楽しむためのポイントをお伝えします。2人キャンプを始めるためのガイドになれば幸いです!

2人キャンプの1日をイメージしよう! キャンプ当日のスケジュール

キャンプ場を予約して、道具の準備もできたら、キャンプ当日をイメトレしておきましょう! 参考までに、ざっくり筆者夫婦の1日の流れを書いておきます。

画像: 房総キャンプの時に道中で食べたハマグリ futaricampguide.com

房総キャンプの時に道中で食べたハマグリ

futaricampguide.com

家を出発!

フリーサイトの場合、テントを張る場所は早いもの順なので早めに到着したいところ。また、レンタカーの場合は荷積みの時間も想定してくださいね!

キャンプ場までの道中も、高速道路のサービスエリアによったり、ご当地のおいしいものを食べたり、楽しんでくださいね!

画像: 場内を見まわして、設営場所を決めます futaricampguide.com

場内を見まわして、設営場所を決めます

futaricampguide.com

キャンプ場に到着

チェックインを済ませた後、フリーサイトの場合はどこにテントを張るか決めましょう。その際、なるべく平らな場所で、他のキャンパーと近くなり過ぎないような場所を選ぶと良いです。また、トイレや炊事場との距離もポイント。

画像: ゆっくり設営 futaricampguide.com

ゆっくり設営

futaricampguide.com

テントを張る(設営)

タープがある場合は、先にタープの設営をすると、日陰がつくれる&雨が降っても安心なのでおすすめ。暗くなる前に設営し終えればOK!

画像: コンビニ食だって、アリでしょう! futaricampguide.com

コンビニ食だって、アリでしょう!

futaricampguide.com

自由時間

あとはのんびり楽しむだけ! 夕食を調理する場合は、暗くならないうちに。初めてのキャンプなら買って食べるのもアリ。正解なんてないので、自分たちが楽しめるキャンプ時間を過ごしてください!

ちなみにお風呂は、我が家の場合、汗をかかないシーズンはキャンプ帰りに入浴施設へ、夏場は夕方にキャンプ場のシャワーを浴びるか、近隣の入浴施設に行くことが多いです!

画像: 真っ暗になるので早めに就寝 futaricampguide.com

真っ暗になるので早めに就寝

futaricampguide.com

就寝&起床

消灯時間が決められていることが多いので、それに従いましょう。テントの中で映画などを観るのもおすすめ。とはいえ、我が家は普段より早めに就寝することがほとんど。翌日は朝日が昇ると自然に目が覚めますよ。

片付け&撤収

チェックアウトの時間を考慮して、片付けは早めに。テントはしっかり乾燥させてから持ち帰りましょう。

初めての2人キャンプを楽しくするために、知っておくべきポイント

2人キャンプをより楽しくするために、気をつけたいポイントをお伝えします!

  • 日焼け止め&虫除けスプレーは必須
  • 夜は思っているより寒いので防寒対策しっかり
  • 土砂降り予報なら思い切って延期!
    ※小雨の場合はレインウェアとビニールシート、ごみ袋必須

小雨の場合、レインウェアはもちろん、ビニールシートとごみ袋を持っていくのがおすすめ。テントを畳む時に泥がつかないよう地面にビニールシートを敷くと良いです。また、濡れたキャンプ道具はごみ袋に入れて持ち帰り、家のベランダで干しましょう!

雨でもキャンプは楽しめるのですが、片付けが割と大変になってしまうので、土砂降り予報の場合は延期した方が良いかも…!

2人キャンプならではの楽しみを、味わってくださいね!

画像: 素敵なキャンプ時間を! futaricampguide.com

素敵なキャンプ時間を!

futaricampguide.com

まずは最低限の道具を持って、近場のキャンプ場で始めてみてください。移動や設営の時間を減らして、とにかく2人でゆったりと楽しんでほしいです。「楽しかった! また行きたい」と思えれば、その後は自然と「次、いつ行く?」とわくわくし始めるはず。2人でのキャンプ時間、楽しんでくださいね!

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.