お風呂のないキャンプ場で身体をさっぱり快適にさせたい場合、おしぼりやドライシャンプーを使用するのが基本です。しかしそれだけでは物足りない、思いっきり洗いたいと考える人もいるでしょう。そんな人におすすめのグッズを紹介します。寒くない時期であれば、キャンプ場でのシャワーが可能ですよ。

お風呂のないキャンプ場でシャワーを使う時に気をつけたいポイント

お風呂のないキャンプ場でシャワーを使うとき、3つのポイントに気をつけましょう。

水がたっぷり貯まる容器を持って行こう

身体をしっかりと洗うために必要になるのが、大量の水です。水自体は現地で調達するにしても、容器は自分で用意しましょう。おすすめはポリタンクです。

特に夏場は、ポリタンクを日向に数時間置いておけばぬるま湯程度の水温になり、心地よく利用できます。一方で肌寒い日は温まらないので、そののまま浴びると体調を崩してしまうおそれがあります。

どうしてもシャワーを浴びたい場合は、焚き火等でお湯を沸かしてポリタンクの水に混ぜる等の工夫(水温調整)してご活用くださいね。

水の流れていく先に注意

大量の水で体を洗う場合、水の流れていく先に注意しましょう。自分のテント周りが水浸しにならないようにするのはもちろん、近隣のキャンパーに迷惑をかけないようにしてください。水が排水溝などに流れていくよう、位置に注意しましょう。

石鹸類は使用しない

ボディソープ、シャンプー、洗顔フォームなどの使用は、キャンプ場の土壌や水質を汚染してしまうので使用してはいけません。洗顔シートやドライシャンプーなどと併用すると、石鹸を使わなくても身体を綺麗にできます。

画像: 石鹸類は使用しない

【おすすめポイント】即席シャワーがこれ1つで! 手動なのでバッテリーの心配もなし。
1. 20リッター ポリタンク 手動式シャワー セット

20リットルポリタンクとシャワーポンプのセットです。シャワーは取り外しができるので、ポリタンクのみとしても使えます。手動のポンプで圧を上げてシャワーを出す仕組みです。ポンプを20回程度押すことで、約1.5リットルの水が出ます。

水が出る持続時間は、ポリタンク内の水量によって変わりますが、目安としては15〜30秒ほど。また、ポリタンクを地面に置いて使うより、腰までの高さの台などに置いた方が、かがむ必要がなく快適に使用できます。

砂遊びや泥遊びなどで汚れてしまい、拭くだけでは気持ち悪いというときにおすすめのアイテムです。手動タイプなので、電池切れや水没による故障の心配もがありません。

【おすすめポイント】人目を気にせずにゆっくりと体を洗うことが可能。透ける心配もなし
2. Field to summit(フィールド トゥー サミット) プライバシーテント

奥行110cm×幅110cm×高さ195cmで、床面シートのないテントです。レフ板のように折りたたんで小さく収納でき、重さも約1.7kgなので楽に持ち運びできます。簡単に組み立てることができるうえ、ペグがついているのでしっかりとした固定が可能。

テントの上部にはシャワーヘッドを固定するためのアクセサリーがついているので、シャワーの時に手がふさがることもありません。

プライバシーテントによっては、外よりもテントの中が明るいとシルエットが透けてしまうものもあります。しかしこのテントは透けないので、時間帯や天気などを気にせずに身体を洗えます。

床面が無いので、内部に水が溜まってしまう心配もありません。シャワー以外でも、着替えやプライベートスペースとして使用可能です。

www.amazon.co.jp

【おすすめポイント】石鹸無しでも洗いあがりさっぱり! 消臭効果、虫よけ効果に良いと言われてます。
3. ハッカ油

汗をかく時期のキャンプにおすすめなのがハッカ油です。シャワー用の水にハッカ油を1~2滴程垂らすと、洗いあがりがひんやりさっぱりします。

ハッカ油に含まれる成分には消臭効果として良いと言われ、石鹸を使わなくても体臭対策になる上、虫よけにも威力を発揮するとのこと。敏感肌で虫よけスプレーを使いたくない人も活用いただけますね。

また、シャワー時の利用以外にも、ハッカ油を垂らした水で絞ったおしぼりで身体を拭いたり、ハッカ油入りの水を霧吹きに入れて身体やテントに吹き付けたりするのもおすすめです。

テントに使用する際は、まずは目立たないところに吹きかけ、シミにならないか確かめてから使用しましょう。

ハッカ油は刺激が強いため、入れすぎは厳禁!

お体に使う場合は、100ml容器に対して下記量が目安です。

  • 精製水 : 90ml
  • 無水エタノール : 10ml
  • ハッカ油 : 15滴(肌の弱い方は10滴以下)

無水エタノールは、乳化促進のために加えます。容器はガラス製もしくはアルコール、精油対応のプラスチック製の物を使い、手作りしたスプレーはキャンプ中に使い切ってしまいましょう(冷暗所であれば2週間程度持ちますが、キャンプ中は常温になりがちなため)

ハッカ油は、原液に直接触れたり、顔に直接スプレーを吹きかけたりしないよう扱いには注意しましょう。また、可燃性物質なので、火気に近づけないようにしてください。使い方を守れば、とっても頼もしい便利アイテムですよ。

お風呂のないキャンプ場でもシャワーグッズを活用して快適に

画像: お風呂のないキャンプ場でもシャワーグッズを活用して快適に

お風呂のないキャンプ場でも、水温調整さえきちんと心がければ、即席シャワーセットを使って快適に過ごすことができます。その際には、水の流れていく方向に気をつける、石鹸類は使用しない、人目対策をするなどの注意を怠らないでください。石鹸を使わなくても、ウェットシートやハッカ油を使うことでさっぱりできますよ。

This article is a sponsored article by
''.