自転車に荷物をくくりつけて一人旅。キャンプ場の荒れた林道で、刺激的なサイクリング体験。自転車が1台あるだけで、アウトドアがグッと楽しくなります。しかし、複数の種類があってどの自転車を選べばいいか分からない、と悩む方も多いのでは? そこで今回は、2大人気ジャンルであるロードバイクとクロスバイクについてご紹介していきます。

荷物が積載でき長距離向き キャンプツーリングに最適なロードバイク

『MARUISHI(丸石サイクル) エンペラー ツーリングマスター』

荷物を積載することを前提に作られた、ランドナーと呼ばれるロードバイクの一種です。なんと舗装路以外でもOKで、走行安定性や耐久性などが向上しています。

自転車にキャンプ用の荷物をくくりつけて旅をする、キャンプツーリングと呼ばれるアウトドアスタイルに最適なロードバイク。荷物付きの長距離移動を念頭に作られているので、長時間乗っていても疲れない仕組みや、段差による不快感を減らす工夫などが、車体の隅々に凝らされています。

一人旅のお供に自転車が欲しい方は、ぜひともこちらをどうぞ。

クロスバイクにもロードバイク風にも! アナタ好みで作るオリジナル自転車

『Cocci Pedale(コッチペダーレ)』

組み合わせは無限大! 世界に1つだけのオリジナル自転車が作れる「コッチぺダーレ」。Web上で気軽にシュミレーションしながらオーダーするシステムで美しい自転車が手に入ります。

フレーム、ハンドルの形状、ギアの有無などを選択し、自転車のパーツ20ヶ所に対して、約14ある色の中から選んでオーダーするというもの。組み合わせは無限大のオリジナルカラーで、自分好みでクロスバイクにもロードバイク風にもカスタムできちゃいますね。

そのCocci Pedale(コッチペダーレ)が、ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとプレミアム」に登場してます。なんと!Amazonギフト券をプレゼントしてますよ。これはお得ですね!以下をクリックしてちょっと覗いてみてください。

※注)ふるさと納税は応援したい自治体に寄附ができます。また、寄附金が所得税・住民税の控除の対象となる制度です。

初心者におすすめ! アウトドア用に一台持つならクロスバイク

画像: 初心者におすすめ! アウトドア用に一台持つならクロスバイク

基本的にクロスバイクは、ロードバイクの役割を兼ねることができます。しかし、ロードバイクをクロスバイクの代わりに使うことはできません。金銭的な負担もクロスバイクの方が少なめです。

初心者がアウトドア用の自転車を1台選ぶのならば、クロスバイクの購入をおすすめします。それでもロードバイクを検討する方は、必ず明確な目的を持った上で購入しましょう。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.