楽しいキャンプなどアウトドアでのお悩みの一つが「洗濯」です。野外の活動はどうしても衣類や靴が汚れてしまい、洗濯をするにも設備や道具は限られています。しかし、そのまま放っておくとシミや匂いが取れなくなったり、カビが発生してしまったり...マダニが衣服に付着している可能性もあります。そこで今回は洗濯の重要性と、携帯性に優れ洗濯に便利な、お手頃価格のアイテムを紹介します!

汚れ物をそのままにしておくとどうなる?

着るものがなくなってしまう

一番困るのがこれですね。キャンプはなるべく荷物を少なくしたいもの。何日分もの替えの服を持っていくのは大変です。したがって、キャンプの期間が長くなるほど必然的に洗濯する必要がでてきます。

匂いやシミ、カビの原因に

野外では体を動かすため、衣類に汗も汚れもたくさんつきます。一見綺麗に見えて、実は細かい汚れや雑菌が付着していることも。それらを放置しておくと、匂いの原因になったり、シミになって落ちなかったり、カビが生えてしまったりと悲劇が起こってしまいます。

お気に入りの服を長く着るためにも、汗や汚れは早めに対処したいですね。

マダニが衣服に付着していて、気づかずに家の中に持ち込んでしまう可能性も!

マダニはキャンプ場を含めた緑の多い場所に生息する肉眼でも確認できる吸血ダニ。家の中に生息するダニとは種類も違います。

普段は植物の葉っぱなどで待ちかまえ、人や動物が吐き出す二酸化炭素に反応して近づいてくる厄介者。明るい衣服を着て、目視で発見することも駆除対策のひとつですが、万が一くっついていても汚れが多い衣服では目立ちにくく発見することもできない可能性がでてきます。

気づかずに家の中に持ち込まないためにも洗濯を心がけたいものです。

汚れ物を放置したときのデメリットばかりを書きましたが、できればキャンプの荷物は増やしたくないものです。〝洗濯グッズが替えの服以上に多くなる〟なんてことは困りますよね。そこで、なるべく荷物を増やさず、お手頃価格で利用できる便利な洗濯グッズを紹介します。

画像: マダニが衣服に付着していて、気づかずに家の中に持ち込んでしまう可能性も!

自分で詰め替える手間がいらず、一回ずつ分けてあるので使いやすい
1.トップ スーパーナノックス ワンパック (4回分)

お洗濯に欠かせない衣類用洗剤。家の洗剤を小分け容器に詰め替える人もいると思いますが、ワンパック洗剤は最初から小分けになっています。一回分ずつなので現地で計量する手間がなく、とても便利。

自分でボトルに詰めたときに起こりがちな、「蓋がちゃんと閉まっていなかった」ことによるリュックの中での大惨事も防げます。こちらの商品は液体なので粉っぽさがなく、洗浄力も問題ありません。薄型のパッケージなのでかさばらず、荷物も軽減できます。

折りたためばコンパクトに収納できる&厚みも薄いため携帯に便利
2.無印良品 携帯用アルミ折りたたみ式ハンガー

洗濯グッズでかさばるものの一つが、ハンガー。普通のハンガーだと長さや高さ、厚みがあって荷物になりますが、厚みの薄い携帯用のハンガーなら折りたため、洗濯ばさみを使用すれば下着なども干すのに便利。

無印良品の携帯用アルミ折りたたみ式ハンガーは、薄くて軽くて丈夫なアルミ製なので、プラスチックのようにすぐ壊れる心配がありません。さらに両端にくぼみがついているので、服がずり落ちにくい設計にもなっています。

公式サイト:https://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315820917

大量の洗濯物が干せる&巻いておけばかさばらない
3.オーエ KHハンガーストップロープ ホワイト

折りたたみハンガーはコンパクトで便利ですが、干せる量が少ないのがネック。複数人のキャンプで洗濯物が多くなりそうなら、洗濯ロープも持っていきましょう!

こちらの商品はロープが平型のハシゴ状になっており、ハンガーがかけやすい設計になっています。そのため風や振動でハンガーが落ちてしまう心配も少なく、キャンプ場でも安心して使えます。

ロープを手頃な木にくくりつければ、物干し竿の出来上がり。フック付きの洗濯ばさみを通したり、袖のあるシャツをそのままロープに通したりすれば、たくさんの洗濯物を干せますよ。

マダニを家に持ち込まないためにも! 洗濯からすすぎまでこれ一枚、小さくたたんで圧縮袋にも
5.LOGOS(ロゴス) シェイク洗濯袋

衣類がたくさんあるときの手洗いは、かなりの重労働です。そんなときに役立つのが、電気なしで使える洗濯袋です。

アウトドアメーカーであるLOGOSが販売しているこちらの洗濯袋は、水と洗濯物、洗剤を入れてシェイクするだけで洗濯ができます。排水用の口もついているので水の入れ替えも簡単にでき、バケツのように水を貯められるのでつけ置き洗いもできます。

小さくたためる上に衣類の圧縮袋としても使えるのも嬉しいポイントです。万が一、汚れた衣服に付着していたマダニを家に持ち込まないためにも、早期に洗濯をして発見、駆除することも心がけましょう!

Amazonでは3,000円台で購入できます。水さえあれば洗濯できるので、使わないときは災害時などの非常用バッグに入れておくのもおすすめです。

処置は早めが肝心! その場で汚れを落として、気持ちよくキャンプの後片付けを。

画像: 処置は早めが肝心! その場で汚れを落として、気持ちよくキャンプの後片付けを。

アウトドアで思いっきり楽しんだあとは、気持ちよく終わらせたいもの。今回紹介したアイテムを活用して、お気に入りの服を清潔に保ちましょう! どれもお手頃な価格で購入でき、コンパクトで便利なアイテムばかりです。早速次のキャンプから導入してみてはいかがでしょうか?

This article is a sponsored article by
''.