バーベキューでがっつりお肉を食べたあとは、お口直しに甘いものを。焼くだけで簡単にできる、バーベキューにおすすめのデザートレシピをご紹介します。香ばしいデザートで至福のひとときを過ごしましょう。定番デザートのアレンジ方法も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

バーベキューの締めを飾る絶品デザートレシピ

大切な仲間や恋人と楽しむバーベキューは最高のひとときです。お肉や野菜を満喫したあとは、せっかくなので食後のデザートも楽しみましょう! バーベキューでデザートを作るときは、できあがりまで少し時間がかかることを想定し、食事が終わるちょっと前から作り始めるのがポイントです。

買い出しの時にデザートまで気が回らないことも多いので、事前にレシピを参考に材料をピックアップしておくのがおすすめ。また、あらかじめ食材を準備して持っていき、サプライズでデザートを作れば、周りに喜ばれること間違いなしです!

今回は、バーベキューの締めを飾る絶品デザートレシピを3つ紹介します。簡単なレシピばかりなので、お子様と一緒に作るのも楽しいですね。

画像: バーベキューの締めを飾る絶品デザートレシピ

1. 簡単でジューシーな焼きフルーツ
【おすすめポイント】アレンジ自在な焼きフルーツは見た目もカラフルでおしゃれ

焼きフルーツって、日常生活では意外と食べる機会が少ないですよね。しかしバーベキューなら、その場で簡単に作ることができる上、生のフルーツとはまた違った香ばしいおいしさが味わえます。さらに、アレンジ次第でさまざまな味を楽しむことができるんです!

材料

  • 焼きバナナ
    (バナナ。お好みでチョコ、ナッツ、ハチミツなど)
  • 焼きリンゴ
    (リンゴ、アルミホイル。お好みでバター、シナモンシュガー、メープルシロップなど)
  • 焼きイチゴ
    (イチゴ、串。お好みでメープルシロップ、シナモンシュガー、コンデンスミルクなど)
  • 焼きパイン
    (缶詰パイン、串。お好みでオリーブオイル、メープルシロップ、シナモンシュガーなど)

作り方

焼きバナナ

バナナを焼くときは、皮ごと網の上で焼くのがポイントです。皮が焼けて黒くなり、破れて中身が見えてきます。皮と実の間がグツグツと沸騰するまで焼きましょう。

アレンジとしては、焼き始める前に皮の上から縦に切り込みを入れて間にチョコレートをはさめば、焼きチョコバナナに大変身。使うのは普通の板チョコでOKです。

さらにナッツやハチミツを一緒にはさむのもおすすめです。皮を器がわりにして、スプーンで中身をすくって食べられます。

焼きリンゴ

リンゴを焼くときは、芯をくり抜いて中にバターを入れ、アルミホイルで二重に包んで焼きましょう。焼き時間は直火か網の上かによって変わります。触って柔らかくなるぐらいが焼き上がりの目安です。手で直接触ると熱くて危険なので、軍手などを使用しましょう。

仕上げにシナモンシュガーやメープルシロップなどをかけるとさらにおいしくなります。芯はナイフでも取れますが、100均で手に入る芯抜きがあると便利です。

焼きイチゴ&焼きパイン

イチゴやパインは小さく切って交互に串に刺すと、カラフルで見た目にもかわいらしいデザートが完成! 炭火の上で全体に火が当たるようくるくる回しながら焼くか、網の上でひっくり返しながら焼きます。

フルーツ本来のみずみずしさをキープするため、オリーブオイルを絡めてから焼くのもおすすめです。

焼いた後に、お好みでコンデンスミルクやメープルシロップ、シナモンシュガーをトッピングするのもよいでしょう。焼く前にヘタを取っておくと食べやすいですよ。

画像: 作り方

2. ふわふわとろける焼きマシュマロ
【おすすめポイント】バーベキューの定番焼きマシュマロは、ふわふわの食感がクセになるおいしさ

満腹具合に応じて食べたい分だけ食べられる焼きマシュマロは、バーベキューのデザートに最適。マシュマロを持参するだけなので、準備も簡単です。焼きマシュマロはそのまま食べるのもおすすめですが、ひと手間加えることでさらにおいしく食べることができます。

材料

  • マシュマロ:お好みの数
  • :念のため人数分より少し多めに用意しておきましょう
  • お好みでビスケット、クリームチーズ、板チョコ、アルミカップ、きなこなど

作り方

マシュマロを串に刺して、炭火に近づけてこんがり焼くだけで、簡単においしいデザートが完成します。焼いたマシュマロを、クリームチーズと一緒にビスケットにはさむのもおすすめ。チョコが好きなら、アルフォートでサンドすればチョコがとろっと溶けたおいしいデザートのできあがりです!

また、チョコレートをアルミカップに入れて網の上に置いて溶かし、串に刺したマシュマロを絡めて簡単なチョコフォンデュにするのもおすすめです。

和のスイーツが好きなら、焼きあがったマシュマロにきなこや黒蜜をつけても楽しめます。

ポイント

油断すると焦げてしまうので、ほったらかしにせず焼き加減を確認しましょう。

画像1: ポイント

3. 手軽に作れて食べごたえ十分なフレンチトースト
【おすすめポイント】簡単に作れるのにできあがりは上級者風!

フレンチトーストを家で作ったことはあっても、バーベキューで作ったことはない人も多いのではないでしょうか。しかし、材料さえ準備すれば、アウトドアでも意外と簡単に作れるんです。デザートにボリュームがほしいときは、食べごたえのあるフレンチトーストがおすすめですよ。

材料

  • バケット
  • :1個
  • 牛乳:100cc
  • 砂糖:大さじ1(作りたい分量に応じて同じ配分で量を増やしてください)
  • お好みで粉糖やメープルシロップなど

作り方

卵と牛乳、砂糖を混ぜて卵液を作り、食べやすいようにカットしたバケットをくぐらせます。卵液にくぐらせたバケットは、網の上に直接のせて焼いてもいいですが、フライパンやスキレットにのせて焼く方が後片付けが楽なのでおすすめです。焼きあがったら、お好みで仕上げ用の粉糖やメープルシロップをかけましょう。

フレンチトーストを食べるときは、焼きフルーツを添えると彩り豊かになります。ミントの葉や粉糖を準備すれば、カフェで出てくるような女子力の高い本格スイーツの完成です!

ポイント

キャンプで一晩を明かすなら、夜のうちにバケットを卵液に浸けこんでおくのがおすすめです。一晩じっくり寝かせてから焼いたフレンチトーストは、外は香ばしく、中は甘くてふわふわ。やみつきになること間違いなしですよ。

画像2: ポイント

バーベキューの最後に幸せなデザートタイムを

画像: バーベキューの最後に幸せなデザートタイムを

バーベキューにおすすめの簡単デザートレシピをご紹介しました。見た目にも華やかでおしゃれなデザートは、できあがったタイミングで記念撮影をするのもおすすめです。せっかくみんなでバーベキューをするなら、締めのデザートまでしっかり満喫しましょう。材料を準備しておけば手間をかけずに作れるレシピばかりなので、ぜひ試してみてください。

This article is a sponsored article by
''.