キャンプをするのなら、その時々に旬な食材を使った料理がおすすめです。今回は春キャンプをする人に向けて、大自然の中で春のうまみをまるごと味わう!そんな贅沢なキャンプ飯をご紹介します。簡単なのに美味しい料理で、あなたの株も急上昇間違いなしです。

【春キャンプ】春野菜など食材が新鮮で美味しい! 調味料を使わない料理なら簡単に作れておすすめ

春の食材は甘みが強く柔らかくておすすめ! 新鮮で旬の食材を使って料理を楽しもう!

春が旬の主な食材として、新たまねぎ、新じゃがいも、新キャベツ、新にんじん、アスパラガス、たけのこ、菜の花、そら豆、いちごなどが挙げられます。

旬の食材は、旬でない時期に比べて栄養価が高いことが多く、香りやうまみも豊富です。また“新〇〇”と呼ばれる春野菜は水分が多いため、甘みが強く柔らかいという特徴があります。食材そのものが新鮮で美味しければ、凝った味付けをしなくても美味しく味わうことができます。

頑張りすぎない! 工程の少ない時短料理を取り入れよう!

キャンプ場では、火起こしやテント設営などやることがたくさん! 春は夏に比べると日が暮れるのが少し早いので、料理はなるべく時短を心がけましょう。“切って盛るだけ”の前菜や、“煮込むだけ” “揚げるだけ”などの工程の少ない料理、“スープの素を入れるだけ”、 “ハーブソルトで炒めるだけ”など調味料をあまり使わない料理なら、簡単に作れるのでおすすめです!

体中に染み渡る感動! 意外と冷える春キャンプにスープは欠かせない

春でも、大自然の中で迎える夜や朝は意外と冷えます。そんなとき、温かいスープ料理が1品あるだけで身も心もほっこり。私もキャンプではスープを毎回作りますが、一度に夜と朝の2食分を作っておけばとても楽です。ぜひ試してみてください。

それでは、春の旬食材を使ったおすすめキャンプレシピを3つご紹介いたします。

画像: 体中に染み渡る感動! 意外と冷える春キャンプにスープは欠かせない

果実感たっぷり! 簡単手作りいちごジャム クラッカーとクリームチーズに合わせておつまみにも

1. 手作りいちごジャム

必要な食材はたったの3つ。火にかけたあとは焦がさないようによくかき混ぜるのがポイントです。作っている間は、甘くてとても良い香りに包まれますよ!

【材料】

  • いちご:適量(1パック程)
  • 砂糖:いちごの量の1/3くらい(大体でOK)
  • レモン:適量(1/2個分程) ※残ったレモンは他のキャンプ飯の彩りとして使うといいですよ!

【作り方】

  1. いちごと砂糖を鍋に入れ、軽く潰してから火にかけます。いちごから滲み出た水分が沸騰してきたら、レモン汁を加えます。
  2. 焦げ付かないように時々かき混ぜます。
  3. 冷めると少し固まるので、少しゆるいかな? くらいで火からおろします。冷ましたら完成です!
画像1: 筆者撮影

筆者撮影

料理初心者でも簡単! 春野菜まるごとポトフ  好きな材料を切ってコンソメと水で煮込むだけ

2. 春野菜まるごとポトフ

春野菜のうまみがすごいので、味付けがコンソメだけでも十分な美味しさです!

【材料】 ※4人分

  • 新キャベツ:1/2玉(4等分のくし切り)
  • 新にんじん:1本(大きめ乱切り)
  • 新じゃがいも:3個(1個を2等分※皮付きでOK)
  • 新たまねぎ:2個(1個を2等分)
  • お好みのお肉:300gくらい
  • :1リットル
  • コンソメキューブ:3個
  • ハーブソルト:仕上げ用 ※好みで調節してください
  • パセリ(乾燥でOK):仕上げ用

【作り方】

  1. 春野菜とお好みのお肉、水1リットルとコンソメキューブ3個を全て鍋に入れます。
  2. 20~30分ほど火にかけて、野菜が煮えたら完成です。
  3. 仕上げにパセリ、お好みでハーブソルトをふってください。
画像: 【作り方】
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.