キャンプの定番料理といえば、BBQに焼きそば、焼きマシュマロなどありますが、特に子供を連れてとなると、夜にはしっかり温まるものや栄養があるものを食べさせたいと思うものです。そこで、子連れキャンプでは日本人ならみんな大好き!?なカレーを作ることをおすすめします。普段とは違った作り方やレシピにもこだわった、おすすめのアレンジを紹介していきます。

カレーを作るなら! 子供と一緒にあえて飯ごうを使ってお米を炊いてみよう

キャンプでお米を炊くときに、ダッチオーブンなどの万能鍋を使うと簡単に炊くことができます。でも、せっかくキャンプに来たのなら、子供と一緒に飯ごう炊飯に挑戦してはいかがでしょうか。

計量方法から子供と一緒にチャレンジ

飯ごうについている内ふたと外ふたで、お米の量を図ることができることをご存知でしたか。内ふたすりきりで2合、外ふたすりきりなら3合となり、計量カップもいりません。もし、1合を量りたいなら? これはぜひ子供と一緒に考えてみましょう。

また、飯ごうの内側に付いている2つの目盛りは水の量を示しています。下の方は2合のとき、上の方は4合のとき。水はどこまで入れればいいの? もぜひ子供と一緒に考えてみてください。

お米を炊くには「手間」がかかることを教えよう

飯ごう炊飯では、おいしいご飯に仕上げるための2つのポイントがあります。まず、お米を炊く前には必ず30分は水に浸けておくこと。そうしないと炊きあがったときにお米に芯が残ってしまうので注意が必要です。

もうひとつは、炊きあがったときに飯ごうをひっくり返すこと。これをしないと、火から外しただけでは余熱で飯ごうの底の部分のご飯が焦げてしまいます。

また、飯ごうの上部には蒸気がたまっているので、ひっくり返すことで蒸気が移動し、底の部分のご飯が蒸されて柔らかくなります。このときに新聞紙でくるんでおくと熱が逃げにくく、ご飯が冷めるのを防いでくれます。

こうした手間の重要性を子供に教えながらお米を炊けば、立派な「食育」にも繋がります。普段食べているお米を「炊く」ということがどれだけ大変なことなのかを、子供と一緒に体験しながら学習できるのもキャンプならではです。

画像: お米を炊くには「手間」がかかることを教えよう

家族キャンプ。子供と一緒のカレー作りでやってみたい2つのこと

キャンプは、大自然に囲まれた普段とは違う生活を味わえる機会です。せっかくなので、キャンプらしい豪快な調理でカレーを作っていきましょう。

具材はゴロゴロ! 豪快に調理

子供にお肉や野菜をザクザクっと大きく切ってもらったり、皮をむいただけの野菜を鍋に入れてもらったりと、開放的に調理をしてみましょう。ただし、子供が包丁を使うときは必ず目を離さないように気をつけてください。

普段お手伝いをしない子供でも、自分が切ったお肉や野菜が入ったカレーができあがっていくところを見れば、うれしくなってその日に食べたカレーが良い思い出になることと思います。

あえてBBQの余りものを使う

BBQはキャンプの定番ですが、どうしても全ての食材を綺麗に食べきれないことも多いのが難点です。そこで、それらの余った野菜やお肉を鍋の中にカレーの具として入れてしまうのもおすすめです。言ってしまえば余りものの処理ですが、キャンプではそんな調理も美味しくなるものです。

BBQの具材にしみこんでいる旨味成分や油がカレーに溶け出して、意外にも美味しくなります。簡単に子供も喜ぶキャンプカレーを作ることができます

画像: あえてBBQの余りものを使う

子供でも食べやすい辛くないカレーなのに、大人でも楽しめるコクのある味わい

1. コクのある甘み! バターチキンカレー

カレーはスパイシーな料理であるため、どうしても甘口でないと食べられないという子供もいます。そんな子供を持つご家庭におすすめしたいのがバターチキンカレーです。カレーなのに甘みがあり、ピリッとしたスパイスの風味を感じさせないのが特徴です。

しかし、バターチキンカレーは子供向けのカレーかと言うとそうでもなく、しっかりとした深みとコクも味わえるので大人も満足できるカレーです。

ちなみに、さらにこだわって作りたい方はヨーグルトで鶏肉を漬け込んでおくと、コクとまろやかさが増すのでおすすめです。キャンプでも味に妥協したくないグルメさんは、ぜひ試してみてください。

材料(4人家族)

  • 鶏モモ:400g
  • 玉ねぎ:2個
  • にんにく:1欠片
  • しょうが:1欠片
  • トマト缶:400g
  • カレー粉:大さじ1
  • バター:70g
  • コンソメ顆粒タイプ:大さじ1
  • 生クリーム:100cc
  • はちみつ:大さじ3

作り方

玉ねぎやニンニク、しょうがをみじん切りにしておきます。鍋はその間に熱してバターを溶かし、玉ねぎと鶏モモ、カレー粉とコンソメを合わせて炒めておきます。肉の表面に色がつき始めたら、みじん切りにした玉ねぎなどを全て加えてさらに炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたところでトマト缶、はちみつ、生クリームを投入し、とろっとしてくるまで煮込めば完成です。

画像1: 作り方

たっぷり野菜が入っているのに、カレーだから子供も食べやすい

2. 栄養バツグン! ゴロゴロ野菜カレー

野菜カレーのおすすめポイントは、やはり「全てキャンプの余り物で作れる」という点です。カレー粉や油は持参する必要はあるものの、野菜などもバーベキューで使うようなものばかりです。

材料が余ってしまったときにも使えるレシピですし、わざと多めに買っておいてカレーとバーベキューどちらにも使えるようにしておくのも良いでしょう。また、キャンプで不足しがちな野菜をたっぷり摂取できるので、お母さんも安心です。作り方も簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

材料(4人家族)

  • 玉ねぎ:2玉
  • アスパラ:適量
  • じゃがいも:3個
  • ブロッコリー:適量
  • かぼちゃ:適量
  • 余ったお肉:適量
  • サラダ油:適量
  • カレー粉:大さじ2

作り方

鍋を熱し、サラダ油で野菜を炒めます。玉ねぎは最初に炒めてしっかり色をつけましょう。ほかは適当な順番で問題ありません。その後、バーベキューなどで余ったお肉を投入していきます。すでに焼いてある場合は炒める必要はありませんが、生肉ならしっかり炒めます。

次に加える水は、野菜が水分を出してくれるので少なめで構いません。煮込んだあとはカレー粉を入れて味を調節し、完成です。

画像2: 作り方

水を使わないため調理がラク。具材も子供が食べやすいみじん切りに

3. 水は使わない! 食べやすいドライカレー

ドライカレーは、キャンプでは非常に優秀と言えます。水を使わないので手軽に調理できますし、下味もカレー粉さえあれば、あとはバーベキューで使った焼肉のタレだけで充分です。

本来であれば香辛料を加えたいところですが、子供も食べるとなればむしろ焼肉のタレのほうが良いでしょう。コツはとにかく具材を細かくすること。子供でも食べやすい上に手軽に作れるおすすめのキャンプカレーです。

材料(4人家族)

  • 玉ねぎ:3玉
  • キャンプで余った肉:適量
  • ニンニク:少量
  • 焼肉のタレ:少量
  • カレー粉:大さじ1〜2

作り方

玉ねぎをみじん切りにします。このとき他にも野菜があれば、ここでみじん切りにします。ニンニクを炒め、玉ねぎやその他野菜を投入し、色がつくまで火を通していきます。

そのあとキャンプで余った肉を入れて炒め、塩コショウを少々。火が通ったら焼肉のタレを下味程度に投入し、カレー粉を少しずつ加えていきます。好みにより大さじ1〜2です。

画像3: 作り方

子供と一緒にキャンプカレーを味わい尽くそう

画像: 子供と一緒にキャンプカレーを味わい尽くそう

簡単に絶品カレーを作るレシピをお探しなら、上記3つの作り方を参考にして作ってみるのがおすすめです。せっかくなので、飯ごうを使ってお米を炊いてみる、子供にお肉や野菜を切ってもらうなどのお手伝いを頼んで、子供と一緒にキャンプカレー作りを楽しんでみてはいかがでしょう。お手伝いして作ったカレーの味は、子供の思い出に残るはずですよ。

This article is a sponsored article by
''.