キャンプのスタイルは人それぞれ。コンパクトでミニマムなキャンプを好む人、こだわりの道具に囲まれて楽む人、SNS映えを求める人、野趣あふれるキャンプを楽しむなど、実に様々です。ブッシュクラフトは「最低限の道具だけで自然を満喫するキャンプ」を楽しみたい人に向いています。今回はブッシュクラフトキャンプに必要な装備や道具などをご紹介します。

ブッシュクラフトの基本を知っておこう

ブッシュクラフトに明確な定義はありません。ブッシュクラフト=ブッシュ(森での)+クラフト(技能)という意味です。電気やガスなどの文明の利器を持ちこまず、自然の中にあるものを活用して過ごすのがブッシュクラフトのスタイルです。薪や小枝を集め、穴を掘り、石を並べてカマドを作ったり、火打石で火をおこしたり、1枚の布でテントを設営したりと、自然の中で調達できるものを活用してアウトドアを楽しみます。

画像: ブッシュクラフトの基本を知っておこう

ブッシュクラフトで多く使われる技術

初心者~中級者は、まず火をおこすことから始めます。火おこしを簡単に行うために金属(主にマグネシウム)でできた棒や火打石のような道具、ファイヤースターター(メタルマッチ)で火をおこします。現地調達した木々で焚き火をし、その火で調理をします。ブッシュクラフトに慣れてきたら、帆布や軍幕など強度がある布と大きめの枝を使ってタープやテントを作ります。上級者には拾った木々を削り、食器や椅子などを作る人もいます。

ブッシュクラフトに必要な装備品

ブッシュクラフトに最低限必要な装備は、ナイフ、手斧、軍手、パラコード(ロープ)、火をおこすための火打石やファイヤースチール(火おこし器)、タープ、水筒など、そしてそれらの道具を入れて持ち運ぶためのリュックです。

ナイフは火をおこすために木を削ったり、箸や食器などを作ったり、薪を細く割るときにも使用します。しかし、ナイフでは割れないような大きな薪は手斧を使って割った方が効率が良いです。また、自然の中で資源を調達することが多いブッシュクラフトでは、気付かないうちに擦り傷や切り傷など怪我をしてしまうことがあります。薪を集めたり、木を削ったりするときは手を保護するレザーグローブを着用しましょう。

その他、初心者さんはシェラカップや食器などもあると便利です。

1. Husqvarna(ハスクバーナ) 斧
【おすすめポイント】重みがあり薪が割りやすく、サイズも豊富

ハスクバーナは、チェーンソーや芝刈り機を製造販売しているスウェーデンのメーカーです。このメーカーでは、強度にすぐれ衝撃吸収力が大きいヒッコリー材を柄に、スウェーデン鋼を刃に使用した斧を発売しています。斧にはキャンプ用斧38cm、万能斧65cm、薪割斧74cmなどの種類がありますが、おすすめはキャンプ用斧38cmか手斧38cmです。キャンプ用斧は、小型で軽量で刃先が鋭利な点が特徴で、削るなどの作業に向いています。一方手斧は重みがあり、振り下ろして薪が割りやすいという特徴があります。Amazonでの販売価格は税込みで6,000円~7,000円前後です。

手斧

キャンプ用斧

2. WIBERTA(ウィベルタ)火打ち石 ファイヤースターター
【おすすめポイント】日本語の説明書つきで使い方がわかりやすい

ブッシュクラフトキャンプに憧れる人の多くは、ガスライターなどを使わず自然に近い状態で火をおこすことから始めます。古代人がやっていたような木と木を擦り合わせて摩擦で火をおこすのは熟練でもなかなか難しいので、まずはファイヤースターターと呼ばれる金属を利用した火おこしに挑戦してみましょう。

マグネシウム部分を付属のブレードで削り、粉末状にして火種に振りかけます。その後、火打ち石部分(カバー)をブレードでこすって、先ほどのマグネシウムの粉へ火花を落としながら点火させます。意外と難易度が高く、上手く火が付いたときは達成感が味わえます。

こちらのファイヤースターターには日本語の説明書が付属しています。数多くのファイヤースターターが販売されている中で、どうやって火をおこすの?という疑問が初心者から多く聞かれるので、使い方が分かる日本語の説明書が付属するのは嬉しいポイントです。重量は約100gと軽量で、シックな黒がお洒落なファイヤースターターです。Amazonでの販売価格は税込1,000円前後です。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

3. OLSON DEEPAK(オルソン ディーパック)キャンプグローブ
【おすすめポイント】耐油性、耐熱性が高く着脱もらくらく

ブッシュクラフトキャンプをするなら、軍手よりもレザーグローブの使用がおすすめです。火をおこすとき、たき火に薪をくべるときに起こりがちなやけどを防ぐことができますし、薪を割ったときにできやすいささくれが刺さることも防げます。

このグローブは牛皮を使用しており、吸汗性・防寒性に優れ、オールシーズン使えます。また耐油性・耐摩耗性にも長けているうえ、着脱はマジックテープなのでスムーズです。さらに耐熱性も高いので、焚き火や調理の際に重宝します。明るいオレンジ色は見つけやすいというメリットもあります。Amazonでの販売価格は税込600円~1,500円前後です。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

自分のレベルにあったブッシュクラフトを

画像: 自分のレベルにあったブッシュクラフトを

初めから高い目標は立てず、まずは火をおこすことから始めてみましょう。スムーズに火がおこせるようになったら、布でテントを作り、川で魚を釣り…と徐々にレベルをあげると良いでしょう。また、ジャパン・ブッシュクラフトスクールで、ブッシュクラフトアドバイザー資格などの講習会に参加してみるのもおすすめです。ロープの結び方や焚き火のおこし方などを教えてもらえます。資格を取得してインストラクターを目指すのも夢があって良いですね。

This article is a sponsored article by
''.