アウトドアブランド「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)」は、“かまど” で有名だということをご存知でしょうか? 同社の製品には2種類の“かまど”、カタカナとローマ字表記 が存在します。今回紹介するのは「カマド(カタカナ表記) スマートグリル」の方です。現在、アウトドア界隈で圧倒的な人気を誇っているため、一体どんな魅力を持っているのか、その人気の秘密に迫ります。

職人の街で生まれたキャプテンスタッグは、コスパに優れた製品が多く、キャンプ入門者にもおすすめ

キャプテンスタッグは、金物産業が盛んで職人の街で有名な新潟県三条市にあるアウトドアブランドです。 STAG=鹿というブランド名にちなみ、ロゴマークには鹿が使われています。

アウトドアファンの間では「鹿番長」の愛称で知られています。コストパフォーマンスに優れた製品が多く、キャンプ入門者にもおすすめのブランドです。

カマド スマートグリルは組み立て式の小型グリル 高さ調節ができ、組み立て簡単

冒頭で説明しました「かまど」=「KAMADO」とローマ字表記がついたもの”は、煙突ストーブの商品名となります。同じ〝かまど〟でも2種類ありますのでややこしいですが、今回はカタカナ表記のカマドについて説明します

ひらがな表記の「カマド」は組み立て式の小型グリルで、大きさはB5型とB6型があります。コンパクトでありながら、焼き物、煮物など様々な調理ができる上、焚き火台代りにもなる点が人気の要因でもあります。

次項では「カマド スマートグリル」の魅力について紹介します。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

1. カマドの魅力:組立てが簡単で高さ調節ができる

ネジを使用しないので、工具不要で簡単に組立てができます。灰受けは使用する燃料や用途に応じて3段階の高さ調節が可能です。

薪や炭、小枝、アルコールバーナー、アウトドア用のガス缶など、様々な燃料のサイズに合わせて高さを調節したり、調理時の火加減調節が手軽に行えます。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

2. カマドの魅力:ハイ&ロースタイルで使える

低い姿勢で楽しむロースタイルキャンプでは、同じくキャプテンスタッグから販売されているアルミローテーブルとセットでカマドを使う人が多くいます。ソロキャンプやツーリングなどで多く見かけるスタイルです。

ハイスタイルで使用する場合は、高さのあるテーブルの上に置いて使います。ファミリーキャンプなどではテーブルの上でチーズフォンデュを楽しんだり、スイーツを作るときに役立ちます。

3. カマドの魅力:改造してオリジナルのカマドにできる

自分でカマドにひと手間かけDIYし、改造を楽しむ人もいます。100円ショップやホームセンターでステンレス製の網を購入し、カマドの横に箸やお玉などを置く場所を作ったり、さらに細かく高さを調節するなどアレンジはアイデア次第です。

カマドのサイズより大きな網を上手く設置してサンマなど長さのある魚を焼いている猛者もいるほどです。

カマド スマートグリルはステンレス製の風除けで防風性能もバッチリ 炭の出し入れもしやすい

風除けの機能も果たす本体と炭受けがステンレス製のため耐久性が高く、繰り返し使用しても歪みが生じにくいところが安心ポイントです。また、前面がオープン仕様になっているおかげで、炭の出し入れも簡単にできます。

このような特性から、調理するだけでなく焚き火台として活用している人もいます。

サイズはB5型とB6型の2種類。B5型は組み立て時が255×180×255mmで、バッグに収納すると350×230×45mmに。B6型は組み立て時が200×125×180mmで、収納時は240×180×35mmとコンパクトになり、嵩張らないのでツーリングや徒歩でのアウトドアにもぴったりです。

カップルや友人同士での2人キャンプをすることが多いのであればB5型、ソロキャンプが多い場合はB6型を選ぶとスペースに無駄がありません。まずはひとつ購入してみて、使いやすいように改造してみるのも良いでしょう。

アウトドアの主役! カマド スマートグリルはいろんな料理に活用でき、焚き火台としても使える

画像3: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

ローアングルでもハイスタイルでも使える、キャプテンスタッグのカマド スマートグリル。付属の網で焼肉やバーベキューを楽しめるだけでなく、アヒージョやフォンデュ、スモアなど、多様な料理にも活躍します。組み立てもとにかく簡単で使い勝手がよく、ノンストレスで調理を楽しめます。焚き火台としても使えるので、アウトドアの主役として活躍すること間違いなしです!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.