キャンプ道具の誘惑に負けて、新しい道具を購入しているうちに収納スペースが無くなったという人は意外と多いと思います。キャンプに行くとき以外の日常では収納場所に困りますよね。ならば普段使いやインテリアとして活用してみましょう!ちょっとした工夫で〝魅せる〟収納ができますよ!

インテリアとして〝魅せる〟収納でお洒落な生活

アウトドアブームの影響で、お洒落なデザインのキャンプ道具が増えてきました。インスタグラムなどのSNSでは、〝魅せる〟グランピングやキャンプをしている画像がすぐに見つかります。北欧風のラグマットや、簡易ベッドや荷物置きとして活躍してくれるコット、折りたたみのローチェアなど、機能性も豊かで丈夫なアイテムが数多く紹介されていますが、せっかくならインテリアとしても活用して、お洒落な生活空間を装ってみましょう。普段の生活で使用すれば、キャンプに行く時に道具を探したり、倉庫や押入れから苦労して出す手間もかかりません。お気に入りのキャンプ道具を普段使いすることで、家でもアウトドア気分が味わえます。

1.DesertFox(デザートフォックス) アウトドアチェア
【おすすめポイント】北欧調の柄がお洒落なローチェア

キャンプ場でよく見かけるローチェアは、焚火を眺めながらゆったりと寛げる、至福のキャンプ道具です。アウトドアファンが憧れるチェアは、ブランドHelinox(ヘリノックス)のコンフォートチェアやチェアワンというシリーズですが、価格も10,000円以上と少々お高め。良い品であることは確かなのですが、同じような機能で柄も選べるとなると、もう少し安価なローチェアも候補に入れたいところです。ご紹介しているチェアは、価格が2,700~3,000円前後と手頃な上、北欧調の柄がとてもお洒落で、普段使いとしてもお洒落なインテリアとしても活用できます。キャンプに行く時は、サッと畳んでコンパクトになる優れ物です。

2.FIELDOOR (フィールドア)  自立式 折りたたみハンモック
【おすすめポイント】自立式のハンモックならインテリアにもオススメ

ハンモックもキャンプ道具として人気が急上昇しているアイテムです。自然の風を感じながら、ゆらゆらと揺れるハンモックに寝転ぶ姿は気持ち良さげで憧れますね。外で使うなら2本の木に両端を結び付ければ良いのですが、家の中で普段使いを兼ねるのであれば、自立式のハンモックをおすすめします。FIELDOORはアウトドアブランドとしてもよく知られているブランドで、価格も7,000~8,000円前後と購入しやすい価格帯です。耐荷重は200kgと丈夫な作りで、キャンプの際は折りたたんで収納袋に入れれば持ち運びも可能です。インテリアとして置いておくだけでもお洒落なハンモックです。

画像: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

3.CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) 木製3段ラック
【おすすめポイント】お洒落度も収納も抜群のリーズナブルな木製ラック

キャンプ場では様々なキャンプ道具を使います。特に調理用品は細々したものが多く、置き場所に困ってしまうこともよくあります。ベテランキャンパーさんやお洒落キャンパーさんの間で活用されているのが木製ラックです。1つあるだけでお洒落度がグーンとアップし、物も整理して置けるので散らからずサッと使えます。木製ラックは置いておくだけでも部屋を明るくしてくれるので、是非インテリアとしても活用しましょう。キャプテンスタッグの木製ラックは3段が一番人気ですが、8,000円前後とややお高め。2段ラックなら2,400円~2,600円前後とお手頃です。普段使いするのであれば、キャンプで使う物を並べておけば、キャンプに行く時に道具をまとめやすく、一石二鳥です。

小物も使ってよりお洒落なインテリアに

画像: 小物も使ってよりお洒落なインテリアに

女性ならガーランドや可愛い器などを使ってPOPでキュートに、男性なら薪やヴィンテージギアなどを飾ってワイルドなイメージにしても良いですね。チェアにのんびりと腰かけて、揺れるランタンの明かりを眺めながら寛ぐ大人の時間も素敵です。家の中なら天候に左右されず、初心者キャンパーさんでも挑戦できます。お洒落なキャンプ道具を生活に取り入れると「早くキャンプに行きたいな」「早くキャンプで使いたいな」とウズウズしてきますよ。普段からアウトドア気分を盛り上げましょう!

This article is a sponsored article by
''.