キャンプ用品の中でも、意外と忘れがちなのがクーラーボックスの存在です。慌てて購入しても、容量が足りなかったり、持ち運びづらかったりすると残念な気持ちになりますよね。そこでキャンパーに人気のコールマン・おすすめクーラーボックスを紹介したいと思いますので、選ぶ際の参考にしてください。

コールマンのクーラーボックスは3つのポイントで選ぶ

コールマンは、初心者キャンパーでも名前は知っているほど有名なメーカーです。特にクーラーボックスは人気が高く頑丈で、一度買ったら数年間、いやそれ以上長持ちします。大きさ、色、材質など種類も豊富で選択しがたくさんあるため、迷ってしまいそうですがクーラーボックス選びを失敗しないために3つのポイント解説したいと思います。

1.保冷力をチェック

クーラーボックスは大きく分けると、ソフトクーラーとハードクーラーがあり、内部にある断熱材の種類によって保冷効果に違いがあります。ポリエステル素材が多いソフトクーラーよりも、発泡ウレタンや真空断熱パネルなどで構成されているハードクーラーの方が保冷力が圧倒的に高いです。特に真空断熱パネルでできている製品は、外気温を内部に伝えにくい特性を持っているため長時間の保冷が期待できます。もし真夏のキャンプであれば「エクストリームシリーズ」、そのほかの季節なら、定番の「パフォーマンスシリーズ」が値段的にも購入しやすく使いやすいのでおすすめです。

2.デイキャンプか連泊かで容量をチェック

失敗しやすいのが容量の選び方です。「え、これじゃ全然入らない…」という容量不足にならないよう、デイキャンプか連泊かで容量の確認をしておきましょう。デイキャンプなら30~50L程度、2泊3日ぐらいの連泊なら、60L程度の容量が必要です。

3.容量が大きい場合はホイール付きが便利

クーラーボックスの容量が大きくなるほど、移動が大変です。よほどの悪路でなければ、ホイール(タイヤ)付きタイプを選びましょう。コールマンのクーラーボックスの場合、26Lでもホイールと伴に、持ち運びに便利なハンドルが付いているタイプがあります。

1.コールマン  エクストリームクーラー/28QT
【おすすめポイント】極冷モデルだから真夏のキャンプに最適

おすすめの理由は、コールマンの中でも極冷モデルであるエクストリームシリーズなので、真夏のキャンプでも、低温でしっかりと中身を守ってくれる点。実はこのエクストリームシリーズは、フタ部分にも断熱材が入っているのです。とはいえ、木立が少ないキャンプ場の場合、クーラーボックスはタープ下に置いたり、テント内の入り口付近に置いたりして、保冷力を下げないように注意しましょう。重さは約3kg、容量は約26Lなので、デイキャンプ時にちょうどよい大きさです。ホイールはなく、ハンドル部分を持っての移動になります。エクストリームシリーズには、容量26Lのほか、47L、58L、66Lがあります。値段は容量に応じて5,000円~30,000円前後になります。(Amazon参照)

2. コールマン ポリライト48QT
【おすすめポイント】保冷力も容量も連泊キャンプにピッタリ

おすすめの理由は、“保冷力3日“と、連泊キャンプにも十分な点と、5,000円~6,600円前後(Amazon参照)で買える価格の安さです。容量も約45Lあるので、初めての連泊用にクーラーボックスを買うならこの手がおすすめ。主人と私+ワンコ2匹で2泊3日のキャンプを楽しみましたが、飲み物も食材も問題なく保冷できました。重さも約4.1kgと軽量で、両サイドにハンドルも付いているので、持ち運びの負担が軽くて済みます。ただし、ホイールは付いていません。色味はレッドとブルーがありますが、キャンプギアはカラフルなものが多いので、ブルーのクーラーボックスならシンプルな印象になります。私は派手なギアが好きなので、赤を購入しましたよ。

3.コールマン クーラーボックス ホイールクーラー
【おすすめポイント】ちょこっとBBQに最適!あると便利なホイール付きクーラー

おすすめの理由は、デイキャンプに使いやすい26L容量と、女性でもラクラク移動ができるホイールが付いている点です。重さは3.3kgと軽量でちょうどいいサイズ。さらに、このピンク色、クーラーボックスにしては珍しいし可愛いので、私も気になっています。ほかに、スカイブルーがあります。最近、愛犬を連れての“ちょこっとBBQ”を楽しむ機会が増えたのですが、今使っているポリライト48QT (レッド)では大き過ぎ。キャンプ場で「どこのメーカーですか~?」なんて聞かれたら、「コールマンですよ~!」と自慢しちゃいましょう。実勢価格は5,400円前後です。

コールマンのクーラーボックスは種類が豊富! 用途に合わせた検討をおすすめ

画像: コールマンのクーラーボックスは種類が豊富! 用途に合わせた検討をおすすめ

コロンとした見た目や可愛い色もあるコールマンのクーラーボックス。1900年頃にアメリカで創業されたメジャーなキャンプ用品メーカーですから、堂々と自慢できるクーラーボックスです。もちろん選ぶ際は、用途に合わせた保冷力や容量、ホイールの有無を確認してくださいね。

This article is a sponsored article by
''.