最近、なにかと話題となっている「グランピング」。グラマラスとキャンピングを掛け合わせた造語で、自然を満喫しながら、ホテルのような施設で豪華なキャンプを楽しめます。普段の忙しい生活を忘れて、ゆったりとした時間を過ごせるグランピングはデートにもおすすめ。カップルで楽しめる関東のおしゃれなグランピング施設を5つ紹介していきます。

カップルにはグランピングがおすすめ! 手ぶらOKで荷物が少ない

テントの設営や食材調達も必要ないから利用しやすい!

グランピング施設ではテントを建てる必要もなく、食材も用意してくれるところがほとんど。キャンプをしたことがない初心者でも利用しやすく、手ぶらで気軽に始められるのが魅力です。また最近では、ひとくくりに「グランピングとはこんなスタイル!」とは言えないような様々な施設が登場。都心部でビルの中にあるような、アクセスの良い場所でもできるように!

荷物が少なくて済む!器材の手配や運ぶ手間が省ける。

キャンプデビューしようと思っても何を揃えたらよいのか、わからない場合が多いですね。カップルで行くと2人で大量の荷物を運ばなくてはいけませんし、器材の手配そのものも面倒と思っている人も多い。その点グランピングなら必要な機材は現地で貸し出してくれる施設や、あらかじめセッティングされていることが多いので、荷物は最小限で済みますし何よりも運ぶ手間が省けるのが嬉しい。

普段の生活では感じられない雰囲気!アウトドアにある豪華なリビング。

グランピング施設はとってもおしゃれ。ラグジュアリーな雰囲気がデートの気分を盛り上げてくれます。テントの中にソファや美しくレイアウトされた家具など、さながら「アウトドアにある豪華なリビング」といった施設も多い。都心部ではネオンに彩られた夜景、郊外ではきれいな星空、自然の中でも洗練されたデザイン施設もあり、普段の生活にはないようなロケーションや優雅さは、まさにデートにはうってつけの場所です。

画像: 普段の生活では感じられない雰囲気!アウトドアにある豪華なリビング。

今回は、数ある関東周辺のグランピング施設の中から、「キャンプ道具の設営や器材の手配を心配する必要なし」「普段の生活と別世界を味わいたい」をキーワードにカップルにおすすめのグランピング施設を5つ紹介します!各施設のホームページをチャックしてお気に入りの参考にしていただけたらと思います。

都会ど真ん中で手ぶらOK! ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩1分のグランピング施設

1.WIRDMAGIC-TheRainbowFarm(東京都)

「WIRDMAGIC-TheRainbowFarm」は東京の豊洲にあるグランピング施設。ゆりかもめ新豊洲駅から徒歩1分で行けるので、仕事帰りでも気軽に立ち寄れます。

色々な種類のティッピーテントが立ち並ぶ「ヴィレッジエリア」、海外ではおなじみのお洒落な焚き火台(FirePit)が設置されキャンプ気分を盛り上げてくれる「ファイヤーピットエリア」、緑や水を感じられるリゾートのような雰囲気の「プランツ&ウォーターエリア」など7つのエリアで構成されています。

BBQを楽しむための食材と飲み放題がセットになったプランもあるので手ぶらでOK!

  • スポット情報:WIRDMAGIC-TheRainbowFarm(ワイルドマジック ザレインボウファーム)
  • 住所:東京都江東区豊洲6-1-23
  • 電話:070-3166-3311
  • 営業時間:10:00~22:00(年中無休)
  • URL:http://wildmagic.jp/

【神奈川県】みなとみらいが一望できる絶景のロケーションでグランピング

2.グランドオリエンタルみなとみらい「PICNIC」(神奈川県)

サンドイッチやメイソンジャーに入ったフォトジェニックなデザートをラウンジで注文したら、バスケットに詰め込んでグランピングスポットへ。みなとみらいが一望できるルーフトップテラスや、緑に囲まれた水辺のテラスなど5か所からお好みの場所を選んでデイグランピングが楽しめます。

バスケット、ウォーターボトル、ステンレスポット、ピクニックプレート、フードコンテナー、カトラリーセットなどのグランピンググッズも厳選されたおしゃれな物が用意されているので、手ぶらで来てもOK。夜景を見ながら楽しむ夜のデートにもぴったりです。

  • スポット情報:グランドオリエンタルみなとみらい「PICNIC(ピクニック)」
  • 住所:神奈川県横浜市中区新港2-3-2
  • 電話:045-227-1225
  • 営業時間:ランチは11時~16時、ディナーは18時~22時(土日祝・月定休日)
  • URL:https://www.grandoriental.jp/restaurant/lunch/

日本ではないような別世界! テント内部に冷暖房完備 カフェレストランもある複合施設

3.WILD BEACH(千葉県)

「WILD BEACH」は、手ぶらでバーベキューやキャンプを楽しめる「Wild Kingdom(ワイルドキングダム)」、グランピングホテル「RHINOS(ライノーズ)」、白い砂浜のカフェレストラン「THE BEACH 77(ザ・ビーチ・セブンティーセブン)」からなる複合施設です。

Wild Kingdomにはグランピングの本場であるインドから輸入したテントが設置されています。テントの中は冷暖房が完備されていて、豪華なシャンデリア、ソファ、ベッドが置いてあるラグジュアリーな空間。こだわりぬいた食材、グリル、炭で本格的なバーベキューを楽しめます。

RHINOSの客室はそれぞれコンセプトが異なっており、どの部屋もおしゃれで海外に来たかのような空間が広がっています。カップルで宿泊すれば素敵な思い出になりますよ。

  • スポット情報:WILD BEACH(ワイルドビーチ)
  • 住所:千葉県木更津市金田東2-10-1
  • 電話:070-3669-8480
  • 営業時間:10:00~23:00
  • URL:http://wildbeach.jp/kisarazu/
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.