キャンプ場ではなかなか快眠できないという人がいます。筆者も初めてキャンプへ行ったときには、実際に経験しました。テントと寝袋さえあれば、ぐっすりと眠ることができると思ってましたが、より快眠できる環境を手に入れるためにもひと工夫が必要です。そこで、おすすめのグッズをご紹介したいと思います。

快眠できる環境は自分で作る! キャンプで眠れない理由を探してしっかりと対策をしよう

非日常を楽しみ、解放感を楽しむキャンプ。できればストレスフリーで楽しみたいですね。キャンプに訪れる人は十人十色で、静かなソロキャンパーもいれば、小さなお子さまを連れたファミリー層や、大人だけのワイワイキャンパーもいます。キャンプは自然の中で行うものなので、場所や天候、その日の状況で環境も変わりますよね。その都度、うるさくて眠れないとか、地面の凹凸が気になって快眠できないなどと悩まず、どこでも快眠できる環境作りを目指しましょう。

敷布団代わりにマットレスを敷くことで寝返りが打ちやすくなる! 地面の凹凸・冷気を防ぐ役割も

1.MyeFoam (マイフォーム)マットレス

キャンプではシュラフで寝る人も多いと思いますが、その下にはインナーマットを敷くことをおすすめします。テントの下に敷くグランドシートを使用しても、砂利や石の凹凸や地面からの熱や冷気は防ぎきれないからです。テントではなかなか寝付けない、快眠できないという人は敷き布団代わりになるマットレスを敷いてみましょう。地面からの影響を軽減し、適度な柔らかさで寝返りが打ちやすくなります。また、シュラフも寝返りが打ちやすい封筒型にするなど工夫してみましょう。マットの代わりに折りたたみベッド(コット)を使うのもおすすめです。コットなら外でも使うことができ、地面からの影響を受けにくくなります。

扇風機や電気毛布が使えるようになるポータブル電源 災害時の備えにもなり1台は持っておきたい

2.suaoki(スアオキ)ポータブル電源 S270

春や秋はテント内も比較的快適に過ごすことができますが、真夏や真冬は対策が必要です。出入り口をメッシュにしていても無風で蒸し暑い、気温が低くて足が冷えて眠れないなどは筆者も経験済みです。そこで、温度や湿度の調整が快眠のポイントになります。扇風機や電気毛布などの活用です。電源が必要となるのでポータブル電源があると大変重宝します。厳しい季節は無理をせず、電気の力に頼ることが快眠への近道です。また、災害時にも役立てることができるので1台あると便利です。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.