テントと寝袋さえあればキャンプでの睡眠はとれますが、より快適なキャンプ生活を求めるなら! エアーベッドという選択肢があります。テントでの睡眠は勿論、車中泊も快適になるアイテムです。普段使いだってOK。エアーベッドの特徴と使うメリット、各社のおすすめ商品をご紹介しましょう。

エアーベッド(マットレス)はクッション性抜群 湿気や冷気を防ぎ、常用可能

エアーベッドは、その名の通り空気の入ったマットのこと。厚みがありクッション性に優れ、地面(床など)から、湿気や冷気をしっかり防いでくれるため、快適グッズとしてキャンプや車中泊で、常用する人や普段から自宅で使用している人もいます。

テントいっぱいの大きなサイズのものから、一人で使うサイズのものまでさまざまです。

画像: 編集部撮影

編集部撮影

付属の専用のポンプで入れるタイプや、空気が自動的に入るタイプもあります。空気は簡単に抜けるので、折り畳んでコンパクトに持ち帰ることが可能。荷物が多くなりがちなファミリーキャンプには嬉しいアイテムですね。

エアーベッド(マットレス)はキャンプの車中泊におすすめ! テントでインナーシートも敷こう

エアーベッドがあると便利なのが車中泊です。雨や風でテントが張れずやむなく車中泊をするとき、お子さんがぐずってなかなか眠れないとき、またキャンプ以外でも旅行などで宿泊先が見つからないときなど、トランクにエアーベッドが積んであれば、車の中で眠ることができます。寝袋を使ってカーシートで眠るより、ずっと快適ですね。

もちろん、テントの中で使っても快適。一般にテントで泊まる場合、インナーシートや銀マットなどを敷き、その上に寝袋を置いて夜を過ごす人が多いのではないでしょうか。

特に夏は、寝袋を使っての睡眠は寝苦しいもの。エアーベッドがあれば、その上に寝転がり、バスタオルなどをかけて快適に眠ることができるので、体がとっても楽なんです。

それでは早速メーカー別に『エアーベッド』を見ていきましょう!!!

乾電池で自動的に空気が入る! キャンプや普段使いで便利なロゴスの人気エアーベッド(マットレス)

1. ロゴス(LOGOS)どこでもオートベッド

「ロゴス(LOGOS)どこでもオートベッド」は、単1電池4本の使用で自動的に空気が入るエアーベッド。強制空気排出機能があるので、収納も素早くできますよ。

マットの表面はベルベッド素材だからとっても気持ちよく眠れそうですね。キャンプ以外でも自宅で急な来客の際や、災害時の避難先などでも活躍できそうな人気のエアーベッド。実勢価格は8,000円前後です。

エアーも自動で入れたり抜いたり出来るので楽ですね!乾電池でエアーを入れるのでアウトドアでも気軽に使えると思います。

わずか60秒で膨らむ強力エアポンプ内蔵! 3,000円台と低価格なエアーベッド(マットレス)

2. 山善キャンパーズコレクション クイックエアベッド

「山善 キャンパーズコレクション クイックエアベッド」は、ネットショッピングなどでも口コミが高い商品。なんと完成までたったの60秒!その名のとおり、あっという間にベッドが完成します。

そして空気を抜くのも約3分と、急な悪天候で撤収を急ぐときも安心です。価格も3,000円台と非常にリーズナブル。AC電源が用意できる方には最適なチョイスになるのではないでしょうか。

簡単に膨らませることができ、寝心地も良いので気に入っています。
必要がなくなれば、次に使う時まで畳んでしまえるので便利です。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.