キャンプでのご飯は、じっくり時間をかけてこだわりの料理を作りたいときもあれば、時間をかけずサクッと準備したいときもありますよね。業務スーパーの『かんたんパスタ』を活用すれば、鍋ひとつで失敗することなくおいしいパスタを作ることができます。作り方からアレンジレシピまで、詳しく紹介します!

業務スーパーの『かんたんパスタ』は麺の準備不要! お鍋ひとつあれば簡単に完成

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

今回紹介するのは、業務スーパーの『かんたんパスタ』という商品です。

一袋の中に別茹で不要のパスタと粉末ソースが一緒に入っている商品で、どの種類も2人前で198円(税抜き)でした。

1人前約100円という、かなりの高コスパです。

『かんたんパスタ』ってどんな商品?

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

別茹で不要のパスタと粉末ソースがひとつの袋に入っているので、お鍋に水を沸騰させたら、本品を入れ8~10分、お好みの硬さになるまで茹でれば完成です。

これ以上の説明のしようがないほど作り方は簡単です。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

袋の中身を全部出してみました。

粉末ソースもそのまま入っているので、小袋を開ける手間もかからない究極の時短仕様です。

『かんたんパスタ』シリーズのお味は、以下の4種類。

  • カルボナーラ
  • トマト&チーズパスタ
  • 4種のチーズパスタ
  • きのこのクリームパスタ

しかし、筆者の行動範囲内の業務スーパーには3種類しか置いてありませんでした……。購入できたものも最後の1袋だったり、人気の高さがうかがえました。

では、購入できた3種類を紹介していきましょう!

『かんたんパスタ』ラインナップ①:カルボナーラ

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

クリーム系のパスタの王道、「カルボナーラ」です。

カルボナーラには、少し太めのパスタ「タリアテッレ」が使われています。肉のような食感の大豆たんぱく入りで、食べ応えもしっかりあります。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

袋の中はこんな感じ。面の形状が少し見えると思いますが、少し平べったい形の麺です。

実際に作ってみましょう。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

<準備したもの>

  • 『かんたんパスタ』1袋
  • 水500ml
  • ラージメスティン
  • シングルバーナー
  • 菜箸

準備の必要なものはどのパスタも同じです。

画像1: 【業務スーパーのパスタ3種】鍋ひとつあれば完成!『かんたんパスタ』でお手軽キャンプ飯
trangia(トランギア) ラージメスティン
サイズ:20.7×13.5×7cm
重量:270g
容量:1350mℓ
アルミ製(無垢)
炊はんの目安:約3.5合まで
¥2,090
2023-03-17 15:02
画像: 『かんたんパスタ』調理の様子 youtu.be

『かんたんパスタ』調理の様子

youtu.be

作り方は簡単。

メスティンに水を入れて火にかけ、沸騰したら『かんたんパスタ』の中身をすべて入れ、お好みの硬さになるまで8~10分茹でます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

これで出来上がりです。

クリームソースが濃厚で、太めの麺がもっちりした食感でとてもおいしいです!

大豆たんぱくは本当にお肉っぽくて、言われなかったらお肉じゃないことに気が付かないかもしれません。

『かんたんパスタ』ラインナップ②:トマト&チーズパスタ

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

こちらはトマトベースのパスタ、「トマト&チーズパスタ」です。

「トマト&チーズパスタ」に使われているのは、フリッジというパスタ。くるくると螺旋状に巻かれた形状で、ソースが絡みやすいのが特徴です。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

中身はこんな感じ。粉末ソースが見えづらいですが、底にしっかり入っています。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

こちらは、ノーマルサイズのメスティンで作りました。

必要な水が500mlなので『かんたんパスタ』が溢れてしまうかなと心配でしたが、ノーマルメスティンの容量は750mlなので心配無用でした。

画像2: 【業務スーパーのパスタ3種】鍋ひとつあれば完成!『かんたんパスタ』でお手軽キャンプ飯
trangia(トランギア) メスティン TR-210 【日本正規品】
サイズ/16.5×9.0×6.5cm。重量160g。
アルミ無垢
¥1,694
2023-03-17 15:09
画像11: 筆者撮影

筆者撮影

「トマト&チーズパスタ」はトマトの酸味がしっかり効いたソースでした。

酸味はしっかり効いているけど、チーズのコクがうまく合わさっていて、こちらも美味しい!

『かんたんパスタ』ラインナップ③:4種のチーズパスタ

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

「4種のチーズパスタ」はその名の通り、ソースに4種類のチーズが使われているパスタです。

チーズの種類は「モッツァレラチーズ」「ゴーダチーズ」「チェダーチーズ」「ブルーチーズ」の4種類。使われているパスタは、おなじみのスパゲティです。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

中身はこんな感じ。

カルボナーラで使われているタリアテッレも同じロングパスタですが、比べてみると、かなり細いですね。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

ラージメスティンで作りました。

見た目はカルボナーラと同じような感じですが、こちらには大豆たんぱくは入っていないことと、ソースがさらっとしている点が少し違います。

4種類もチーズが入っているので、ガツンとチーズ味なのかと思いきや、そこまで濃いチーズ味ではなく、チーズのクセは弱め。

筆者はとてもおいしく頂きましたが、クセの強いチーズが好きな方には物足りないかもしれません。

3種類すべて、具材を追加するなどアレンジが簡単にできるのもポイント。チーズ風味が弱ければ、粉チーズなどを足してしまいましょう!

残る「きのこのクリームパスタ」のお味も気になる……!

筆者が購入できなかった「きのこのクリームパスタ」。

「きのこのクリームパスタ」だけ売り切れているということは、人気があるということですよね……。まだ筆者も食べたことがない味なので、今度見つけたら即購入決定です。

This article is a sponsored article by
''.