こんにちは、浜の小魔人です。今回は長野県にある陣馬形山キャンプ場を徹底レビューしていきます。ゆるキャン△の第10話にも登場したキャンプ場!標高1,445mの高地にあるキャンプ場からの眺めは、筆舌に尽くしがたいものでした。2021年から有料化され激混みも解消され快適になりました。

陣馬形山キャンプ場の概要&サイト紹介

画像: 筆者撮影(山頂へと続く階段)

筆者撮影(山頂へと続く階段)

それでは早速、長野県にある陣馬形山(じんばがたやま)キャンプ場をご紹介していきますね。

「キャンプ場の概要」「サイト詳細」「キャンプ場のルール」に分けて整理しますので、キャンプ場選びのご参考になったら嬉しいです。

キャンプ場の概要

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

名称陣馬形山キャンプ場
住所長野県上伊那郡中川村大草1636
電話070-3106-1050(定休日火水を除く10〜17時)
利用可能時期4月〜11月(2022年は11月30日以降クローズ)
予約方法&予約時期web予約(なっぷ)
料金①サイト基本料(1,500円〜5,000円)
→時期、サイト種類により変動します
②サイト利用料(1人1泊1,000円、子供500円)
上記の①と②の合計額を受付時に支払い
(現金、クレジットカード、各種電子マネー利用可能)
→但し、電波状況が悪いので現金が好ましいです
キャンセル規定2日前〜5日前キャンセル:25%
前日キャンセル:50%
当日キャンセル;100%
チェックイン/アウトチェックイン:13時〜17時、チェックアウト〜12時
設備等トイレ、水場、灰捨て場、山小屋(受付、売店)、薪販売、車両乗り入れ不可、
電源なし、ペット不可
公式ホームページhttps://jinbagata.life/

サイト紹介

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

陣馬形山キャンプ場は、「380サンロクマル」サイト、「空−KU」サイト、「森–MORI」サイトという3つのサイトで構成されています。それぞれ違った魅力のあるサイトですので、お好みで予約しましょう。

「380サンロクマル」

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプサイトは3段に分かれていますが、その最上段にあるのが「360サンロクマル」サイトです。名前の通り360度ぐるりと見渡せるロケーションになっていて、中央アルプスと南アルプスの両方を一望できる極上の立地です。

山の頂上部分に位置しているので遮るものがなく、日によっては風が強く注意が必要です。ゆるキャン△の中でも「りんちゃん」がテントを飛ばされそうになっていましたよねw。

「空−KU–」

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

中段にあるサイトが「空–KU -」です。中央アルプスと伊那谷が綺麗に見えるロケーションですが、場所によっては共有施設の屋根が景色の邪魔になるので注意が必要です。
「360サイト」に比べると風は弱く感じます。

「森–MORI–」

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

最下段にあるのがこの森サイトです。樹々に囲まれた静かなサイトとなっています。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

伊那谷の夜景などは見えないという情報でしたが、樹々の間からちょっと見える場所もありましたよ。
まぁ、絶景を眺めながらキャンプしたい方は360サイトの方が良いでしょうけどねw。

キャンプ場のルール

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場のルールは一般的なものばかりですが、特に下記事項については厳守しましょう。

  1. 音響機器の使用、他人の迷惑になる行為の禁止
  2. 照明機器は20時以降最小限にする(夜景や星空鑑賞のため)
  3. 点滅する照明機器の使用禁止(ガイロープにつける安全機器等も含む)
  4. キャンプサイト内でのドローン禁止
  5. 直火禁止(強風時には、焚き火自体が禁止になる場合もあります)
  6. 防寒対策、雨対策をキチンとしてくる(晴れ予報でも山の天気は変わりやすいので準備をする)
  7. ゴミはすべて持ち帰る(灰、燃えカスは灰捨て場あり)
  8. 中性洗剤の使用および食器汚れを流さない
  9. ペット禁止

This article is a sponsored article by
''.