岡山県倉敷市に2022年10月31日、カフェ併設のキャンプ&グランピング施設「OKAYAMA GLAMPING SORANIA(ソラニア)」がオープンしました!オープン直後の11月中旬に、さっそくファミリーキャンプに行ってきたので、キャンプ場の様子を詳しくご紹介します。青空と夜景が最高で、設備もピカピカです!

岡山県倉敷市にキャンプ場&グランピング施設「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」が10/31OPEN!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2022年10月31日にオープンしたばかりの「OKAYAMA GLAMPING SORANIA(ソラニア)」は、岡山県倉敷市にあるカフェ併設のキャンプ&グランピング施設です。

グランピングや手ぶらBBQなど高規格な設備が整い、車を乗り入れてのオートキャンプも可能となっています。

基本情報

まずは「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」の基本情報をチェックしましょう。

  • 名称:OKAYAMA GLAMPING SORANIA(おかやまグランピングソラニア)
  • 公式サイト:https://sorania.jp/
  • 所在地:〒710-0042 岡山県倉敷市二日市762-2
  • アクセス:
    ≪車の場合≫
    山陽自動車道「早島」ICより車で約15分
    山陽自動車道「倉敷」ICより車で約25分
    ≪電車の場合≫
    JR山陽本線「倉敷駅」からタクシー利用(約15分)
  • 受付時間: 8:00~18:00
  • チェックイン: 12:00(区画サイト)
  • チェックアウト:11:00(区画サイト)
  • 営業期間: 通年営業
  • 定休日:火・水曜定休
  • 施設タイプ: 区画サイト
  • ロケーション: 山
  • 場内施設: シャワー、ゴミ捨て場、ウォシュレット式トイレ、レストラン・食堂、売店・自動販売機
  • 利用タイプ: 宿泊/日帰り・デイキャンプ
  • キャンプサイトの地面: 土
  • 日帰りデイキャンプ: 12:00~18:00

アクセス

「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」は、岡山県を代表する観光地、倉敷の中心地から車で15分の山の上にあります。

最寄りの「早島IC」からは車で約15分とアクセス抜群で、筆者は徳島市内から週末に訪れましたが、渋滞もなくスムーズに到着しました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

新しい施設のため、カーナビでは表示されなかったので、googlemapを確認しながら行きました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

標高は80~100mほどなので険しい山道を登る必要はありませんが、周囲に遮るものがないため、見晴らしはとても良い場所にあります。

利用料金

「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」の利用料金は、以下のように定められています。

  • 区画サイト1区画/3,500円(税込)〜
     ※場所代のみ
     ※デイキャンプでご利用の場合も金額は変わりません。

予約方法

区画サイトは、インターネット予約サイト「なっぷ」からオンラインで予約が可能です。

【サイト紹介】区画サイトは眺望の良いABC区画が人気!車の乗り入れも可

「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」では、区画サイトでオートキャンプが可能です。

その他にもグランピングテントやドーム型テント、キャビンでの宿泊スタイルも用意されているため、あわせてご紹介します。

区画サイト

区画サイトは6区画あり、持ち込みテントで自由にキャンプができます。

画像: 筆者撮影「人気のA、B、Cサイト」

筆者撮影「人気のA、B、Cサイト」

眺望の良いA、B、Cの区画が人気で、早めの予約が必須です。

画像: 筆者撮影「区画サイトからの眺望」

筆者撮影「区画サイトからの眺望」

区画は地面のロープで仕切られているのみなので、複数サイトを予約してのグループキャンプにも向いています。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

車は1サイト1台まで、サイト内に乗り入れも可能です。

サイトに乗り入れず駐車場に停めておき、その分サイトを広く利用することもできます。

グランピングスタイル

画像: 筆者撮影「グランピングテント」

筆者撮影「グランピングテント」

最大3名(11歳以下は含まず)のグランピングテントが4基、最大5名(11歳以下は含まず)のデラックステントが2基あります。

画像: 筆者撮影「デラックステント」

筆者撮影「デラックステント」

エアーベッドやエアコン、ランタンなどの設備が整えられ、テーブルやチェア、タープテントなどのBBQ設備があるので、景色を眺めながらBBQを楽しむことができます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

ドームスタイル

ひときわスタイリッシュな外観が目を惹く、ドーム型テントは3基あります。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

最大3名(11歳以下含まず)で利用でき、カップルやファミリーにおすすめ。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場の一番奥にあるためプライベート感抜群で、カーテンを開けると青空が視界いっぱいに広がる開放感あふれるサイトです。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

キャビンスタイル

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

本棟2階に完全個室のキャビンが3室あり、各部屋2名ずつ利用できます。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

2階のテラスから倉敷の街並みと広い空が一望でき、夕食は本棟前のBBQスペースで楽しむことができます。

【設備】トイレもシャワーもピカピカでキレイ!売店でのレンタルやオシャレなカフェも紹介

「OKAYAMA GLAMPING SORANIA」の主な設備は、キャンプ場中央の本棟に集約されています。

受付・売店

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

本棟1階の受付と売店は、営業時間8時~18時となっています。

キャンプ場に到着したら、まず受付でチェックインを済ませましょう。

QRコードを読み取ってチェックインするので、スマートフォンを持参しましょう。

売店では焚き火台のレンタルのほか、天体望遠鏡や虫取り網の貸し出しもあります。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

薪は針葉樹と広葉樹があり、一束800円で購入できます。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

水汲み兼洗い場

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

本棟の横にある水汲み兼洗い場はピカピカで、ハンドソープも備え付けられていました。

トイレ

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

トイレは男女別で、入り口で靴を脱ぎ、スリッパを履いて利用します。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

トイレは最新で、まるでホテルのようにキレイです。女性用トイレは個室が2つあり、混雑することはありませんでした。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

車いす用トイレも完備されています。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

シャワールーム&パウダールーム

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

トイレの奥にシャワールーム&パウダールームがあり、区画サイト利用者は有料となります。

1人800円で、チェックインからチェックアウトまで何回でも利用できます。

ゴミ捨て場

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

ゴミ箱が本棟の横にあり、燃えるゴミと燃えないゴミに分別していつでも捨てることができ、とても便利です。

駐車場

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

18台駐車可能な駐車場があります。区画サイト利用の場合は、別途専用の駐車スペースがあり、チェックイン後にスタッフの方が誘導してくださいます。

ソラニアカフェ

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

本棟1階に22席のカフェがあり、11:00~15:00で営業しているのでランチやカフェ利用ができます。

たまごパフェ(880円)やチキン南蛮(1,280円)が人気とのこと。

This article is a sponsored article by
''.