群馬県の下仁田にある『神津牧場』は、日本最古の洋式牧場です。自然に囲まれた山の中にある牧場で、牛や羊、ヤギ、ウサギなどといったたくさんの動物が飼育されています。まさに『ぼくのなつやすみ3』のような環境である神津牧場では、動物たちに囲まれてキャンプを楽しめます。今回は楽しみ方や見どころ満載の素晴らしい牧場である神津牧場を、筆者が実際に行ってみた感想を交えて詳しく紹介します。

120年以上の歴史を持つ日本最古の洋式牧場『神津牧場』の概要をチェック!

画像: 筆者撮影:神津牧場

筆者撮影:神津牧場

『神津牧場』とは、群馬県下仁田町にある牧場です。その歴史は120年以上前からあり、日本最古の洋式牧場でもあります。

牛といえば、白と黒のまだら模様が特徴的な「ホルスタイン種」が一般的ですが、神津牧場では茶色の毛並みをしたジャージー種を放牧させて飼育しています。

ジャージー種は牛乳が濃いのも特徴で、神津牧場で生産された乳製品はどれもコクがあり非常に美味しいです。1番のオススメはソフトクリームです。

群馬県内には日本に4つしかないハーゲンダッツ工場の1つがありますが、そこで製造されているアイスクリームの10倍美味いです。(個人の感想です)

ソフトクリームを食べるがために、わざわざ群馬県の山奥に行くだけの価値があります。

また、神津牧場には敷地内にウサギや羊などの動物と触れ合えるスペースがあったり、キャンプスペースがあったりと、動物や自然をたっぷり堪能できます。ここでキャンプをすれば、『ぼくのなつやすみ3』のような時間を過ごすことができますよ。

  • キャンプ場正式名称:神津牧場
  • 郵便番号:370-2626
  • 住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字南野牧250
  • TEL:0274-84-2363
  • 営業期間:一部施設は冬期休業
  • 定休日:水曜日
  • 公式サイト:http://www.kouzubokujyo.or.jp/
  • アクセス案内:上信越自動車道『下仁田I.C』、または『佐久I.C』から車で約40~50分
  • 駐車場の台数:80台
  • 施設タイプ:フリーサイト
  • ロケーション:牧場
  • 体験・アクティビティ:牛追いツアー、ナイトツアー、乳しぼり体験など
  • 近隣施設(車で30分以内):世界遺産荒船風穴
  • キャンプサイトの地面:芝生

神津牧場の料金

  • キャンプ:テント一張り及びタープ2,000円+大人(中学生以上)500円/人、子供(6才以上)300円/人
  • ロッジ宿泊:大人(中学生以上)8,500円/人、子供(6才以上)6,000円/人
  • 動物ふれあい料金:乳しぼり500円、ポニー乗馬500円、おさんぽヤギさん(15分)300円
  • その他料金:牛追いツアー600円/人、バター作り体験700円/人、ナイトツアー1,400円/人

※現在休止中の施設もありますので、最新情報は公式サイトにてご確認ください。

群馬県『神津牧場』へ行ってみた!キャンプサイトや展望台など気になるポイントを写真つきで紹介

神津牧場では、動物たちとの触れ合いや豊かな自然の中でのキャンプなど、さまざまな見どころや楽しみ方があります。

ここからは、筆者が実際に神津牧場へ行ってきた様子を写真付きでお伝えしていきます。

ログハウス調の食堂が超オシャレ!食事も絶品で心もお腹も満たされる

神津牧場は群馬県にあるとは言っても、長野県との県境なので群馬の中心地からは結構遠いです。

正直「こんな山奥に施設があるのかよ」と思いながら車を走らせていると、神津牧場へ到着しました。

画像: 筆者撮影:牛横断注意

筆者撮影:牛横断注意

車を止めて、まずは腹ごしらえのために食堂へ。

画像: 筆者撮影:食堂

筆者撮影:食堂

食堂はログハウス調の建物で、非常に良い雰囲気でした。

画像: 筆者撮影:食堂内

筆者撮影:食堂内

海の家といえばカレー。牧場といえばカレー。とりあえずカレーを頼んでおけば間違いはないだろう、ということでカレーと牛乳を注文しました。

牛乳は当たり前のように濃厚で美味しかったです。カレーは牧場の牛乳を入れているのか、コクが強くまろやかな味でした。

店内も非常に落ち着く雰囲気で、ゆったりと食事を楽しめます。

キャンプサイトは綺麗な芝生!五右衛門風呂のセルフサービスもあり

腹ごしらえを済ませた後は牧場探索です。

まず、キャンプエリアに足を運んでみると、綺麗な芝生の開放的なサイトが広がっていました。

画像: 筆者撮影:キャンプエリア

筆者撮影:キャンプエリア

キャンプエリアの一角には、セルフサービスで使える五右衛門風呂も。

画像: 筆者撮影:五右衛門風呂

筆者撮影:五右衛門風呂

キャンプは夏季のみの営業となりますが、昼は緑に囲まれた開放的な景色を、夜は澄んだ夜空に輝く星々を見られるようです。

また、神津牧場では「自由な発想のキャンプ」を大切にしており、敷地内の雑木林に落ちている木々を薪として使うのもOKな様子。いろいろな楽しみ方ができそうですね。

動物触れ合いエリアではさまざまな動物たちに会える!

動物触れ合いエリアでは、牛・羊・ヤギ・ウサギといった動物に触れ合えます。

画像: 筆者撮影:ウサギエリア

筆者撮影:ウサギエリア

まずはウサギに会いに行ってみると、そこには重厚感のあるウサギさんがいました。

画像: 筆者撮影:ウサギ

筆者撮影:ウサギ

続いて、羊とヤギを見てみます。

画像: 筆者撮影:羊とヤギエリア

筆者撮影:羊とヤギエリア

有料で餌やりをしたり、ヤギの散歩を見たりもできます。

画像: 筆者撮影:羊とヤギ

筆者撮影:羊とヤギ

また、ウサギ・羊・ヤギだけでなく、ポニーもいました。ポニーは500円で乗馬もできるようです。

This article is a sponsored article by
''.