ワンちゃんと一緒のキャンプは、あれもこれも不安なことがいっぱい。そこで今回は、初めてデイキャンプにお出かけするワンちゃんに筆者が同行し、準備から帰宅後のケアまで、時間の流れに沿ってドッグトレーナー監修のもとで注意ポイントを取材させてもらいました!気になるしつけ問題等も、大事なポイントをまとめています!

愛犬とのキャンプを楽しむために注意ポイントを学ぼう!

画像: 神奈川県の湘南エリアには、キャンプやBBQ可能なスポットが点在。

神奈川県の湘南エリアには、キャンプやBBQ可能なスポットが点在。

キャンプ初体験のワンちゃんと一緒に、神奈川県二宮町の海岸でデイキャンプをしてきました。

自治体が解放している海岸でも、使用できる火器や使用時間などは場所によって異なります。

利用する際はゴミ持ち帰りはもちろんのこと、地元の方の迷惑にならないように配慮して愛犬とのアウトドアを楽しんでくださいね。

今回は、準備〜設営時に分けて愛犬との楽しいキャンプの過ごし方をドッグトレーナー林英子先生の監修のもとで順にお伝えしていきます。

愛犬とのキャンプ 準備〜設営で気を付けることは

<準備編>何を用意したい?

デイキャンプに使うイスやテーブル、火器類などのギア以外にペットと一緒の”キャンプ”だから必要
になる基本アイテムは、こちらの10点です。

画像: オヤツは補食というより、こまめに褒めるためのアイテムとして持参。

オヤツは補食というより、こまめに褒めるためのアイテムとして持参。

いつもお散歩セット(リード、お水、トイレ処理用品)、フードボウル、オヤツ、ブラシ、トイレシート、足拭き用ウェットシート、シャンプーシート、ワンちゃん用のタオル

この他にも、ワンちゃん用のマットやコット、ケージやクレート、季節や環境によっては衣類や靴下、虫除けなども必要な場合があります。ドッグアンカーもあると便利ですが、無い場合は重めのギアに係留したり、ショルダーリードを使用すると便利です。

画像1: ペットと一緒にキャンプに行こう!アウトドアでの注意ポイントをドッグトレーナーから学ぶ
キャンピングムーン(CAMPING MOON) 係留用ポール 係留用ペグ ペット 大型犬用 ステンレス鋼420製 K45N 45cm 固い地面にも打ち込める 360度回転
サイズ:全長450mm(ヘッド部/φ15mm、打込み部/φ10mm楕円)
重量:450g/本
材質:ステンレス鋼420J
適応体重:〜30Kg
特徴:固い地面にも打ち込め、ヘッド部が360度回転できる
¥1,330
2022-09-30 22:38
画像2: ペットと一緒にキャンプに行こう!アウトドアでの注意ポイントをドッグトレーナーから学ぶ
cocomall 7in1多機能リード 日本授権店 TRUE LOVE専門販売店  1本で色々使える7in1多機能 犬用リード ショルダーリード ダブルリード  犬リード 2頭引き リード 1本で色々使える多機能リード 小型、中型、大型犬用リード 訓練リード  ロングリード ペット用品  ハーネス  3M反射材料 ナイロン製   通気性  調節可能 メッシュペット (M, ブラック)
【1本で色々使える7in1多機能リード】ナスカンをリード本体のDカン、O型リングに接続することで、110cm/135cm/175cmの長さに調節可能。ショルダーリードとして、ダブルリードとして、普通リードとして、ポール止めとして、2頭用リードとして。大型犬や小型犬、飼い主様の身長などに対応できるよう長さ調節できるようになります。
【素材】人間用のスポーツ用品と同じく軽いナイロン素材でできており、使っていて疲れにくいつくりになってます。大切なわんちゃんに安心して使えるようしっかりとした縫製となっています。
【耐久性】耐衝撃性に優れた亜鉛合金素材の留め具は高い引張り強さ、耐腐食性と硬度がある...
¥2,699
2022-09-30 22:42

<設営前>目的地に到着!まず初めにすること

画像: 海辺のキャンプは日陰が少ないので、地面の温度に注意。

海辺のキャンプは日陰が少ないので、地面の温度に注意。

初めての場所にお出かけする時、ワンちゃんはワクワクしたり不安になったり、色々な意味で、とても興奮しやすい状態にあります。

キャンプ場に着いたら、設営を後回しにして、まずはキャンプ場を1周するイメージでワンちゃんと一緒にお散歩をしましょう。

いつもと違う場所について車から降り、気持ちの良いフィールドを歩き出したら、もうそれだけでスイッチON!これでは設営できません。

画像: 初めましての挨拶はお尻からが基本ですが、この子達は顔見知りなので。

初めましての挨拶はお尻からが基本ですが、この子達は顔見知りなので。

この時、近くのサイトのワンちゃんに挨拶できるようであれば挨拶するのもOK。これから過ごす環境を理解してもらうことで、興奮しにくくなります。犬も人もゆったりと過ごせるように、吠えタイムを予防しましょう。

<設営時>快適な居場所づくりはワンコから

目的地に着いたら、設営時でもアイドリングストップがルールです。

直射日光の当たる車の中はすぐに高温になりますので、まずはワンちゃんの居場所を確保してから、テントやタープの設営をスタートしましょう。

画像: 我が家ではキャリーワゴン&クレートで日陰に待機です。

我が家ではキャリーワゴン&クレートで日陰に待機です。

車移動してきているので、ワンちゃんの水分補給も忘れずに行なってくださいね。

ワンちゃんが安心できる居場所とは?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

普段から使い慣れているマットやタオルなど、安心できる場所は1匹1匹違います。「これかな?」と思うものを試してみていただくしかありませんが、基本的には飼い主さんの近くにいるのが、ワンちゃんはリラックスできるはずです。

画像: クレートで眠る練習は、災害時の避難所でも役立ちます。

クレートで眠る練習は、災害時の避難所でも役立ちます。

宿泊キャンプの時には、夜はクレートなどに入れ、テント内で一緒に眠る事をオススメします。最近は野生動物がすぐ近くまでやってきたりする事もありますし、慣れない環境ですのでワンちゃんもできるだけ飼い主さんと一緒に居たいはず。

コットで就寝する際や、ワンちゃんだけリビングで眠る場合には、逃げ出してしまわないよう対策を徹底してください。夜中の急な雷雨でパニックになってしまったり、キャンプで迷子になってしまう事があります。

ワンポイントアドバイス

アウトドアに出かけると、落ち葉や土汚れなどワンちゃんの体にいろいろなものがつきます。特に秋〜冬の草花の種はくせもの。短毛種のワンちゃんでもチクチク・ベタベタくっつきますので、ブラシやシャンプーシートを使って、快適に眠れるようケアしてあげてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.