兵庫県のほぼ真ん中に位置する神河町の「新田(しんでん)ふるさと村」は、美しい清流で水遊びが楽しめる自然豊かなキャンプ場です。オートサイトのほかにもログコテージや杉の木の形のキャビンなど豊富なサイトがそろっており、ファミリーキャンプに最適です。今回は夏休みに筆者がファミリーキャンプをした様子をご紹介します。

兵庫県神河町「新田ふるさと村」は標高500mの自然豊かなキャンプ場!清流で川遊びも

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場「新田ふるさと村」は兵庫県のほぼ真ん中に位置する、ハートのかたちをした「神河町」にあります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

清流越智川の源流近くに位置し、キャンプ場内に流れる越智川での水遊びや、森林浴など子供から大人まで楽しめる自然豊かなキャンプ場です。

基本情報

まずは「新田ふるさと村」の基本情報をチェックしましょう。

  • 名称:新田ふるさと村
  • 公式サイト:https://shindenfurusato.com/
  • 所在地:兵庫県神崎郡神河町新田340-1
  • アクセス(車):播但道神崎南ランプから約30分(距離約20km)
  • TEL:0790-33-0870
  • 受付時間:9:00~17:00
  • チェックイン:ログコテージ 15:00~17:00
    杉ん子キャビン/オートサイト天の川/お山のテントサイト/オートフリーサイト 13:00~17:00
  • チェックアウト:ログコテージ 10:00
    杉ん子キャビン/オートサイト天の川/お山のテントサイト/オートフリーサイト 11:00
  • 定休日:水曜日
  • 施設タイプ:ログコテージ、キャビン、オートサイト、テントサイト、オートフリーサイト
  • ロケーション:芝生、土
  • 場内施設:遊具、管理棟、サニタリー棟、炊事棟、BBQサイト、洋式トイレ、コインシャワー、コインランドリー
  • 利用タイプ:宿泊、日帰りBBQ
  • キャンプサイトの地面
  • 日帰りBBQ:11:00~15:00

アクセス

自動車で行く場合、播但道神崎南ランプから約30分(距離約20km)で到着します。

またJR播但線で「新野駅」を下車後、コミュニティバスを利用して来場することも可能です。

なお神河町は、映画「この世界の片隅に」で主演すずの声を担当されたことでも有名な女優「のん」さんの出身地でもあります。

のんさんが「創作あーちすと」として出版されたアートブックには、10年ぶりに神河町に帰省し、小中学校など思い出の場所を巡って撮影した写真がおさめられています。

画像: 兵庫県神河町のキャンプ場「新田ふるさと村」は清流で川遊びできる!サイト種類も豊富で初心者も安心
創作あーちすと NON
¥1,980
2022-09-20 11:16

【サイト】選べる豊富なサイト!AC電源&専用洗い場付きサイトなど

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

新田ふるさと村の広大な敷地には、川に近く人気の「オートサイト天の川」をはじめ、「ログコテージ」や「杉ん子キャビン」、「お山のテントサイト」、「オートフリーサイト」があります。

目的や用途、天候、利用人数に合わせて、最適なサイトを選ぶことができます。

オートサイト天の川

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

「オートサイト天の川」は車の乗り入れができ、各サイトにAC電源(別料金)と専用の洗い場がついています。

芝生広場のすぐそばに清流越智川が流れており、川遊びが楽しめる人気のサイトです。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

筆者が利用した「はくちょう座」は、トイレやシャワーがあるサニタリー棟や川にも近く便利でした。

画像: 筆者撮影「はくちょう座のサイト」

筆者撮影「はくちょう座のサイト」

サイトの大きさは80㎡~100㎡と、サイトによって大きさが異なります。

キャンプ場のHPに各サイトのサイズが明記されているので、予約時に確認することをおすすめします。

画像: 筆者撮影「てんびん座のサイト」

筆者撮影「てんびん座のサイト」

画像: 筆者撮影「さそり座のサイト」

筆者撮影「さそり座のサイト」

画像: 筆者撮影「こと座のサイト」

筆者撮影「こと座のサイト」

オートフリーサイト

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

オートフリーサイトは、大きなグラウンドにあり、区画がなく好きな場所にテントやタープを張ることができます。

車の乗り入れが可能で、キャンピングカーも乗り入れOKとなっています。

ただ木々がなく開けた場所なので、夏は日差しが強く、筆者が利用した日には利用者はいませんでした。

お山のテントサイト

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

「お山のテントサイト」は、管理棟から少し離れた高台にあり、木立に囲まれているため、静かに過ごしたい人におすすめ。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

全区画芝生のテントサイトで、遊び場「お山の大将広場」に近く、子供も思い切り遊べます。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

各サイトはサイズや形が異なるため、予約時にキャンプ場のHPで確認をおすすめします。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

車は横付けはできませんが、周回道路があるため、荷物の積み下ろし後に専用駐車場(1サイト1台)に駐車するかたちになります。

ログコテージ

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

1棟貸しで7名定員のログコテージは、オール電化キッチン、エアコン、バス・トイレを備えています。

1Fに和室やリビングルーム・トイレ・お風呂・洗面台があり、階段を登るとベッドルームがあり、専用のテラスもあります。

タープとハンモックも付属しており、木々に囲まれた奥まった場所にあるため、美味しい空気と静かな環境でリラックスが叶います。

杉ん子キャビン

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

「杉ん子キャビン」は、子供も大人もワクワクしてしまう杉の木の形をした珍しいキャビン。

キャビンの下にはテーブルとイスが常設されているため、バーベキューも楽しめます。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

キャビンのすぐ近くに、ブランコや滑り台などを備えた遊び場もあります。

日帰りBBQサイト

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

食事処千ケ峰前の屋根付きバーベキュー会場「バーベキューサイト越知川」では、11時~15時の間で3時間、家族やグループで持ち込みバーベキューが楽しめます。

バーベキューでおなかがいっぱいになったら川遊びを楽しんだり、芝生でゆったり過ごしたり。

駐車場が近いため、荷物の持ち運びも安心です。

【キャンプ場内設備】豊富なレンタルやシャワーなど充実! 食事処「千ヶ峰」のお蕎麦も人気

新田ふるさと村は、快適にキャンプを楽しめる設備が整っています。

それぞれの設備を写真付きでご紹介します。

総合案内所(受付)

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場に到着したら、まず総合案内所へ行き、スタッフの方が常駐するフロントでチェックインの手続きを行います。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

売店では薪1束(500円)や炭1kg(500円)のほか、紙皿や割りばし、調味料やアイス、お菓子などが販売されています。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

テントや焚き火セットなどのレンタル品の受付も行っており、レンタル品の展示スペースもありました。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

また管理棟前の駐車場内指定場所(看板あり)で、花火(手持ち花火のみ可)ができます。

食事処千ケ峰

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場内にある「食事処千ケ峰」では、古民家な建物でランチやカフェの利用が可能です。(11:00~15:00 ラストオーダー14:30)

和食を中心に、地域の食材をふんだんに使用したおそばや、てんぷらなどが楽しめます。

平日不定休となっており、キャンプ場のHPで営業情報を確認しておくと安心です。

炊事棟

画像: 筆者撮影「オートサイト天の川の炊事棟」

筆者撮影「オートサイト天の川の炊事棟」

「オートサイト天の川」、「オートフリーサイト」、「お山のテントサイト」それぞれに炊事棟があります。

オートサイト天の川は、各サイトに洗い場があるためか、炊事棟を利用している方はほとんどいませんでした。

トイレ

画像1: 筆者撮影「オートサイト天の川のトイレ」

筆者撮影「オートサイト天の川のトイレ」

キャンプ場内に複数あるトイレはきれいに清掃されており、どのサイトを利用しても快適に過ごせます。

画像2: 筆者撮影「オートサイト天の川のトイレ」

筆者撮影「オートサイト天の川のトイレ」

温水シャワー

画像: 筆者撮影「管理棟横のシャワー棟」

筆者撮影「管理棟横のシャワー棟」

管理棟横と、オートサイト天の川に男女別のシャワー棟があり、3分200円で利用できます。

画像: 筆者撮影「オートサイト天の川のシャワー棟」

筆者撮影「オートサイト天の川のシャワー棟」

アメニティやタオルはないので持参するか売店で購入しましょう。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

営業時間内であれば、総合案内所で両替も可能です。

自動販売機

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

管理棟横に自動販売機があり水やジュース、コーヒーなどを購入できます。

ゴミ集積所

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場利用時に「環境整備協力金」1サイト1泊あたり300円を支払い、受付でゴミ袋2枚(燃えるゴミ、燃えないゴミ)を受け取ります。

チェックアウト時に「ごみ集積所」へ持って行くことで処分していただけます。

芝生広場

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

オートサイト天の川の近くにある芝生広場は、川の近くでのんびりと過ごすことができます。

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

お山の大将広場

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

「お山の大将広場」には、ターザンロープやブランコなど遊具が充実しています。

画像26: 筆者撮影

筆者撮影

一番人気の芝すべりは無料で、ソリも無料レンタルがあります。

画像27: 筆者撮影

筆者撮影

夏には「水の滑り台」を楽しむこともでき、滑り台の上には小さな滝もあります。

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

This article is a sponsored article by
''.