さまざまなブランドからキャンプ用コットが展開されていますが「一体何を選んだらいいのかわからない」と思っている人は多いことでしょう。今回は、筆者も実際に使っているキャンプでの寝心地が良くなるコットをご紹介。機能性が高く、ハイ&ローのどちらにも対応する優れもの。組み立ても簡単で、キャンプでもベッド代わりになるおすすめのワイドコットです!

脚部分にレバーがついているから手軽に設営できる

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

コットのデメリットあるあるのひとつに、「力を入れなければ組み立てられない」というものがありますよね。

その点トリリスの『2way タクティカルコット』は、脚部分にレバーを搭載しているため、力のない女性でも楽々組み立てられるのが魅力のひとつなんです。

ゆったりサイズで寝返りも余裕

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

いろんなメーカーから展開されているコット。そのサイズもさまざまあります。

トリリスの『2way タクティカルコット』は、幅約70cm×奥行約190cmというゆったりサイズ。

スペースにゆとりがあるので、寝返りはもちろん、ワンちゃんや猫ちゃんと一緒に寝られるくらいの幅があります

実際に筆者も猫と一緒にキャンプへ出かけるので、ゆとりのあるワイドサイズは嬉しいポイント。

重量約3kgで持ち運びがラクチン & 600デニール素材採用で耐荷重150kg!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプで使うアイテムはできるだけ重量を抑えたい人もいるでしょう。

トリリスの『2way タクティカルコット』は持ち運びがラクチンな重量約3kg。さらに、生地の厚さは600デニールと狩猟用のジャケットに使われるくらい頑丈な素材を採用し、耐荷重は150kgにも。

耐荷重以内であれば、大人2人が腰をかけてチェア代わりに使うことはもちろん、アウトドア用品の一時置き場としても利用できますよ。

濡れても安心の撥水加工仕様!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

コットの生地には撥水加工を施しているため、水の濡れに強く、多少の雨であれば染みることがありません。

実際に水をかけてみても、水がコロコロと玉状になって弾いてくれるのがわかりますよね。

これなら、飲料水をこぼしたり汚れてしまったときでもサッと拭き取るだけで簡単にお手入れができます!

サイドループとバックサイドポケットを採用 カッコよくギアをかけちゃおう!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

トリリスの『2way タクティカルコット』のサイドには複数のループを採用しているので、様々なものを引っ掛けることができます。写真のように、シェラカップなどをかけておくのにも便利ですよ。

さらに、バックサイドポケットを採用しているため、スマホやカギ、タオルなどを収納することもできるんです。

メッシュタイプなので、一目で何を収納しているのかわかるのもポイントです!

3カラー展開で自分のキャンプサイトに似合うコットが見つかる!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

『2way タクティカルコット』は、コヨーテタン・ブラック・オリーブドラブの全3カラーを展開。

自分のキャンプサイトにぴったりなカラーを選ぶことができ、よりオシャレに、カッコよくサイトを演出することができます。

This article is a sponsored article by
''.