山梨県から神奈川県を流れる道志川沿いには、数多くのキャンプ場があります。今回ご紹介する『このまさわキャンプ場』も、道志川沿いに位置するキャンプ場の1つ。広々としたオートサイトや種類豊富なバンガローが特徴で、道志川や此ノ間沢での水遊びのほか、ペットの同伴もOKなど魅力たっぷりのキャンプ場です!川沿いキャンプを計画している人は、要チェックですよ!

神奈川県相模原のキャンプ場『このまさわキャンプ場』の概要をチェック!

まずは、このまさわキャンプ場の概要についてお伝えします。アクセスや受付での支払い方法などをチェックしていきましょう!

このまさわキャンプ場へのアクセス

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプ場正式名称このまさわキャンプ場
住所神奈川県相模原市緑区青根2745
郵便番号〒252-0162
TEL042-787-2735
定休日不定休。冬季休業期間あり
公式サイトhttps://konomasawacamp.co.jp/
アクセス案内<車の場合>
圏央道『相模原I.C』より約35分。または、中央自動車道『相模湖I.C』より約30分。
施設タイプオートサイト
常設テントサイト
バンガロー
利用時間<宿泊の場合>
・チェックイン:13:00~日没
・チェックアウト:7:00~11:00
<日帰りの場合>
・入場:9:00
・退場:17:00
ロケーション
林間
場内設備シャワー
ゴミ捨て場
ランドリー
洋式トイレ
売店
自動販売機
炊事棟
体験・アクティビティバーベキュー(BBQ)
釣り
川遊び
利用タイプ宿泊
日帰り・デイキャンプ
キャンプサイトの地面砂利・土

このまさわキャンプ場は、神奈川県相模原市のキャンプ場。圏央道『相模原I.C』から約35分、または中央自動車道『相模湖I.C』から約30分でアクセスできます。

徒歩圏内にはバス停がないため、公共交通機関でのアクセスは難しいです。このまさわキャンプ場を利用する場合は、車で向かいましょう。

このまさわキャンプ場の料金

サイト料金(税込)備考
オートキャンプサイト・ハイシーズン:6,000円
・レギュラーシーズン:5,000円
・バリューシーズン:4,000円
上限5名
人数オーバーする場合は、大人1,000円・子ども300円の追加料金が必要
バンガロー6500円~21000円定員2~10名、部屋タイプにより異なる
人数オーバーする場合は、大人2,000円・子ども500円の追加料金が必要
常設テントサイト7,500円上限4名
人数オーバーする場合は、大人1,000円・子ども300円の追加料金が必要
DAYキャンプエリア(フリーサイト)・駐車料:600円
・利用料:大人500円、子ども200円
車1台ごとに予約
DAYキャンプエリア(区画オートサイト)・ハイシーズン:4,000円
・レギュラーシーズン:3,500円
・バリューシーズン:3,000円
1家族ごとに1サイト予約
2022年5月現在の料金

支払いは現金のみ レンタルはオンラインサービスの利用が可能

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

このまさわキャンプ場に到着したら、キャンプ場へつながる橋の手前に一旦駐車し、受付を済ませます。

料金の支払いは現金のみ。キャッシュレス派の人は、現金を忘れないように注意してくださいね。

また、このまさわキャンプ場にはレンタル品もあり、レンタル品を利用する場合は料金の支払い時にあわせて受付をします。

ただし、このまさわキャンプ場でのレンタルは、炊事用品やバーベキューセットのみです。

テントやタープなどのキャンプ用品をレンタルしたい人は、常設テントサイトを利用するか、キャンプ場が提携しているオンラインレンタルサービスを利用しましょう。

予約方法は電話のみ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

このまさわキャンプ場の予約方法は電話のみ。予約状況はホームページで確認できますが、オンラインでの予約は受け付けていないので注意が必要です。

電話予約をすると、事前にハガキが届きます。ハガキがキャンプ券になるので、当日は忘れないようにしましょう。

近隣の買い出しスポットについて

このまさわキャンプ場から近い買い出しスポットは『セブンイレブン相模原津久井青野原店』で、車で約12分の場所にあります。

また、周辺にはスーパーなどはありませんので、買い出しは事前に済ませておくことをおすすめします。

広々区画&常設テントサイトなど初心者にもおすすめ! 『このまさわキャンプ場』のサイトをチェック

ここからは、このまさわキャンプ場のサイトをご紹介します。このまさわキャンプ場は、広々とした区画や常設テントサイトなど、使い勝手が最高です!

オートサイトは広々&バリエーション豊富

画像: 筆者撮影・編集

筆者撮影・編集

このまさわキャンプ場のオートサイトは、広々としたスペースが特徴の区画サイトです。

公式ホームページによると、オートサイトの広さは約70㎡。車を2台停めても、テントやタープを張れるほどの余裕がありました。

また、サイトのバリエーションが豊富であることも注目ポイント

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

道志川沿いのサイトや広場に設けられたサイト、プライベート感を味わえる林間サイトなど、好みに合わせて選べます。

行くたびに利用するサイトを変えて、好みの場所を探すのも楽しそうですね!

バンガローもバリエーション豊富

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

このまさわキャンプ場はバンガローのバリエーションも豊富。4.5畳~12畳までの広さに加え、テラス付きのバンガローも設置されています。

場内にはバンガロー専用の駐車スペースが設けられており、荷物の運搬は比較的短い距離で済むことがほとんどです。

また、バンガローの多くは林間に設置されていますが、テラスから川を眺められるバンガローもあります。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

バンガローのバリエーションが豊富なうえにロケーションもよく、バンガロー派の人も存分に楽しめそうです!

キャンプデビューにもおすすめな常設テントサイトも

画像: 筆者撮影 写真は4名用の常設テント

筆者撮影 写真は4名用の常設テント

このまさわキャンプ場には、常設テントサイトも用意されています。

常設テントサイトは、家族やグループ向けのサイトと、ソロ・デュオ向けのサイトの2種類。ご自身のキャンプスタイルによって選べます

画像: 筆者撮影 ソロ・デュオ用の常設テント

筆者撮影 ソロ・デュオ用の常設テント

常設テントサイトにはタープ・椅子・テーブル・マットも付属。これからテント泊でのキャンプを始めたい人や普段は車中泊をしている人でも、気軽にテント泊を楽しめますよ!

デイキャンプサイトは区画サイトとフリーサイトの2種類

画像: 筆者撮影 写真は日帰りオートサイト

筆者撮影 写真は日帰りオートサイト

このまさわキャンプ場のデイキャンプサイトは、区画サイトとフリーサイトの2種類が用意されています。

区画サイトは計6区画。すべて道志川沿いに設けられているので、川遊びも楽しみたい人にピッタリですね!

フリーサイトも道志川沿いに設置されていてロケーションは抜群。ただし、駐車場から約100m離れているため、荷物の運搬が必要です。

画像: 筆者撮影 写真は日帰りフリーサイト

筆者撮影 写真は日帰りフリーサイト

なお、デイキャンプサイトは事前予約ができます。特にフリーサイトはスペースに限りがあるので、事前予約がおすすめですよ。

炊事棟の使い勝手は◎

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

場内の各所には炊事棟が設置されています。炊事棟はすべて屋根付きなので、雨の日でも安心。

また、U字溝や作業台の数が多く、作業がしやすいのも特徴です。

ただし、食器用の洗剤は用意されていないので、ご自身で持参しましょう。

This article is a sponsored article by
''.