アウトドア・キャンプに欠かせないアイテムの「水筒」ですが、ニトリの保温・保冷の機能がついたステンレス製の水筒がすごいんです!業界最強の保温力を持つ「超保温ボトル」や、「超軽量ボトル」など、ニトリのすごい水筒(ステンレスボトル)を3つご紹介します。

ニトリ水筒(ステンレスボトル)の性能はピカイチ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

商品の品質と価格に定評のあるニトリ。そのニトリが手がける水筒(ステンレスボトル)がすごいとご存じでしょうか?!

保温・保冷機能がついた水筒(いわゆる魔法瓶)には、サーモスやタイガーなど老舗メーカーからも多数の商品が販売されていますが、ニトリの水筒はそれらに全く引けを取らない性能を持っています。

今回は、2021年に新発売となった業界最強の超保温・保冷ボトルなど「ニトリのすごい水筒」を3種類ほどご紹介してまいります。

画像1: ニトリの水筒がすごい!超保温・軽量でキャンプ・アウトドアにおすすめなステンレスボトル
【ニトリ】真空断熱 超保温・保冷ボトル(N-HEATEX)通販
こちらはニトリの公式通販ニトリネット、真空断熱 超保温・保冷ボトル(N-HEATEX)のページです。店舗共通ニトリメンバーズカードでポイント獲得。

ニトリの超保温ボトル N-HEATEX

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

まず最初にご紹介するのは、こちらの真空断熱 超保温・保冷ボトル「N-HEATEX」です。

この水筒(ステンレスボトル)は、「6時間後も90℃以上をキープ」という脅威の保温力を持ち、ニトリ水筒の中でも最も保温力が高いステンレスボトルです!

従来よりあったニトリの保温ステンレスボトル「HEATEX」からさらに保温性能を高めたアップデート版で、2021年の年末に発売されてから話題を集めている水筒です。

超保温ボトル N-HEATEXの保温&保冷力の秘密

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

超保温ボトル N-HEATEXの保温力は、一番大きな900mlのサイズで「6時間後でも90℃以上キープ」という業界最強レベルなのですが、一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

一般的な真空断熱のステンレスボトルは、内側に真空層を設けることで保温・保冷力が高められますが、超保温ボトル N-HEATEXは銅メッキや銅ホイルを用いた5層構造になっているんです!

有名メーカーのハイエンドモデルの真空断熱ボトルでも、「3層」または「4層」がほとんどなので、「5層の真空断熱ボトル」というのはかなりすごいと思います。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

また、 N-HEATEXの「超保温力」を作り出すのもう一つのポイントは、「真空断熱性のコップが2重蓋になっていること」です!

コップが真空断熱になっているということは、コップに飲み物などを注いだ後も保温・保冷されるだけでなく、ボトル上部のプラスチックのスクリュー部分もしっかり保温・保冷されるため、ただのコップよりも格段に高い保温・保冷力を実現しています。

超保温ボトル N-HEATEXのサイズ・容量は?

超保温ボトル N-HEATEXは3サイズあります。それぞれのサイズのスペックを細かく見てまいりましょう。

容量500ml750ml900ml
サイズ幅7.8×奥行7.8×高さ24.5cm幅8.5×奥行8.5×高さ28.2cm幅8.5×奥行8.5×高さ31.5cm
重さ約380g約470g約500g
6時間後 保冷6℃以下5℃以下5℃以下
6時間後 保温85℃以上87℃以上90℃以上
価格2,490円2,790円2,990円
超保温ボトルN-HEATEX サイズ別スペック

容量が大きくなるほど保温力が高まりまして、商品のキャッチコピーにある「6時間後も90℃」は、一番大きなサイズ900mlの保温力となっています。

私は500mlと900mlを買ってみたのですが、いずれも水筒の大きさに対してはすごく軽く感じます!

超保温ボトル N-HEATEXを他メーカーの水筒(900ml)と比較

比較対象としてピックアップした保温力に定評のある「サーモス」。サーモスの中でも最もスペックの高い900ml真空断熱ステンレスボトル「FFX-901」・通称「山専用ボトル」と比較してみます。

画像2: ニトリの水筒がすごい!超保温・軽量でキャンプ・アウトドアにおすすめなステンレスボトル
THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-901 (マットレッド(MTRD))
【カラー】マットブラック、マットレッド、 クリアステンレス
【サイズ】約8×8×30cm(幅×奥行×高さ)/【容量】0.9リットル
【重量】約0.39kg/【口径】約3.6cm
【保温効力】80度以上(6時間)/【保冷効力】9度以下(6時間)
【中せんの種類】FFX中せん
¥5,649
2022-04-18 16:02

保温・保冷力・サイズ・重さ・価格で比較をしていきます。

ニトリ超保温ボトル「N-HEATEX」サーモス山専用ボトル「FFX-901」
6時間後 保冷5℃以下9℃以下
6時間後 保温90℃以上 80℃以上
サイズ幅8.5×奥行8.5×高さ31.5cm幅8×奥行き8×高さ30cm
重さ約500g約390g
価格2,990円 7,150円
ニトリ vs サーモス

重さでは「山専用ボトル」と言われるだけありサーモスに軍配が上がりましたが、保温・保冷力と価格ではニトリが圧倒的に優れています

まさに「お値段以上」ですね!

2022年4月現在、このニトリの超保温ボトル「N-HEATEX」を上回る真空断熱ステンレスボトルは、確認できておりませんので、強烈な保温力とコスパに関しては唯一無二なステンレスボトルかと思います。

超保温ボトル N-HEATEXでカップラーメンを食べてみた

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

実際に冬山想定のスキー場にて、N-HEATEXの500mlと900mlを使ってみました!

朝6時に沸騰したお湯を入れてゲレンデに出発し、6時間後の12時に900mlのお湯をカップヌードルに注いで食べてみましたが、あっつあつで大変美味しかったです〜。

4人家族が、1つ当たり300mlのお湯を使うカップヌードルを4つ食べるには、900mlのボトルだけでは足りないので、500mlの方のお湯を使ったカップヌードルも食べました。

900mlと500mlでは温度が5℃違うので、500mlの方のお湯で作ったカップヌードルは「あっつあつ」というほどではありませんでしたが、カップヌードルはしっかり美味しく出来上がりました。

(熱いものが食べられない子どもは、むしろ500mlのお湯で作ったカップヌードルの方が良いかもしれません)

画像: 筆者撮影  patagoniaのキャンプステッカーを貼ってカスタマイズしました

筆者撮影  patagoniaのキャンプステッカーを貼ってカスタマイズしました

ちなみに、500mlボトルに入れたお湯で、8時間経過後の14時に紅茶のティーバックでお茶を入れて飲みましたが、こちらもフーフーして飲むレベルの熱さだったので、保温力はすごいと感じました。

超保温ボトル N-HEATEXはキャンプでも大活躍

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

真空断熱ボトルはキャンプの「マストアイテム」と言って良いでしょう。

家の中のようにいつでもすぐお湯を沸かせませんし、燃料も貴重ですから、一度沸かしたお湯を熱い状態で保温しておくと何かと便利です。

我が家はお湯を沸かしたらすぐにニトリのN-HEATEXの保温ボトルに入れて、コーヒーやお茶、コーンスープ、ココア、カップラーメンなどを、飲みたい・食べたい時にすぐ熱々のお湯を注いで飲めるようにしています。

最終日は、撤収前に沸騰したお湯をN-HEATEXに入れておけば、チェックアウトした後にどこかでゆっくりコーヒーを飲むことができますよ。

画像3: ニトリの水筒がすごい!超保温・軽量でキャンプ・アウトドアにおすすめなステンレスボトル
【ニトリ】真空断熱 超保温・保冷ボトル(N-HEATEX)通販
こちらはニトリの公式通販ニトリネット、真空断熱 超保温・保冷ボトル(N-HEATEX)のページです。店舗共通ニトリメンバーズカードでポイント獲得。

さてさて。もう一つ、私が愛用しているステンレスボトルがあります。

This article is a sponsored article by
''.