横浜や箱根などの観光地のイメージが強い神奈川県ですが、西部地域には自然豊かなキャンプ場がたくさんあります。今回ご紹介するのは、神奈川県清川村のキャンプ場『リッチランド』。東丹沢地域に位置するリッチランドは、静かな雰囲気の林間サイトでキャンプを楽しめます。また、キャンプ施設利用者は無料で使える露天風呂付き!神奈川県でのキャンプを計画している人は、要チェックです!

リッチランド利用時の注意点! 定休日や焚き火のルールをチェック

ここからは、リッチランドを実際に利用してわかった注意点をご紹介します。リッチランドでのキャンプを予定している人は、事前に確認しておきましょう。

リッチランドの利用時の注意点【1】木曜日は定休日

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

リッチランド利用時の注意点、1つめは木曜日が定休日であることです。平日が休みの人にとっては、予定を立てるときに気をつけたい点ですね。

ただし、8月は無休、春休みやゴールデンウィーク中は木曜日でも営業している場合があるようです。

木曜日に宿泊を予定している人は、事前に問い合わせてみてくださいね。

リッチランドの利用時の注意点【2】焚き火は直火禁止

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

リッチランド利用時の注意点、2つ目は直火での焚き火が禁止されていることです。フリーサイト内には直火の跡がいくつかありましたが、マナー違反なのでやめましょう。

また、リッチランドでは、焚き火台のレンタルは1台のみしかないとのこと。そのため、焚き火をする場合は焚き火台を用意することをおすすめします。

画像2: 神奈川のキャンプ場『リッチランド』をレビュー! 露天風呂や小川で東丹沢の自然を満喫
コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク 直径約45cm 重量約1.6kg 2000031235
ビギナーが簡単に焚き火ができることに特化したオールインワンモデル。<br>オールステンレス製で安心。通気性抜群の焚火台。<br>3秒設営、簡単撤収可能な優れもの。<br>バーベキュー用の炭を入れ易い焼き網付。<br>厚さ約10cmになるのでコンパクトに収納できる。
サイズ:使用時/約直径45×高さ23cm、収納時/約直径46×高さ8.5cm
重量:約1.6kg
材質:ステンレス
耐荷重:約30kg(ダッチオーブン3サイズに対応)
¥4,809
2022-03-18 19:51

ソロでもグループでも◎ リッチランドの自然と露天風呂で楽しい思い出を

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

今回は、神奈川県のキャンプ場『リッチランド』をご紹介しました。

オートサイトでのソロキャンプやフリーサイトでのファミリーキャンプ、コテージ・バンガローでのグループキャンプなど、様々な楽しみ方ができます。

今回の記事を参考に、次回のキャンプの候補地に入れてみてはいかがでしょうか。

リッチランドの施設情報

キャンプ場正式名称リッチランド
住所神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷4513-1
郵便番号〒243-0112
TEL046-288-1031(10~18時まで)
営業期間通年
定休日木曜日(祝祭日および8月は営業)
公式サイトhttp://richland-camp.com/
アクセス案内<車の場合>
新東名高速道路『伊勢原大山I.C.』から約20分。または東名高速道路『厚木I.C.』から約30分。
<公共交通機関の場合>
小田急線『本厚木駅』から神奈川中央交通『宮ケ瀬』行きまたは『上煤ケ谷』行きバスに乗車。『坂尻』下車後、徒歩20分。
乗り入れ可能車両乗用車 / キャンピングカー / バイク
施設タイプフリーサイト
オートサイト
利用時間【宿泊の場合】
〈フリーサイト・オートサイト・バンガロー〉
12:00~翌11:00
〈コテージ〉
14:00~翌10:00
【デイキャンプ】
10:00~18:00
ロケーション
林間
場内設備お風呂
ゴミ捨て場
洋式トイレ
和式トイレ
自動販売機
Wi-Fi(受付周辺)
体験・アクティビティバーベキュー(BBQ)
川遊び
ハイキング
虫捕り
季節の花
条件等ペットOK
団体OK
利用タイプ宿泊
日帰り・デイキャンプ
近隣施設
(車で30分以内)
病院
ドラッグストア
道の駅
日帰り温泉
キャンプサイトの地面
予算
(大人2名、子供1名・
レギュラーシーズンの場合)
テントサイト:4,200円〜
バンガロー:5,500円〜
コテージ:11,000円〜

リッチランドでのキャンプをもっと楽しむために! キャンプスタイル別の虎の巻をチェック!

This article is a sponsored article by
''.