こんにちは、キャンプを一年中全力で楽しんでいるファミリーキャンプアドバイザーのずぼらママです。今回は筆者の愛車でもあるハイエースリノカを取り扱うあのお店に潜入。ランクル、ハイエース、プラドなど日本を代表する名車を、大人の遊びゴコロいっぱいにリノベーションした車「リノカ」( by フレックス)。キャンプを趣味とする人や、アウトドアが好きな人を中心に年々人気が高まり、今では納車まで半年待ちというケースも。そんな大人の遊びをもっと楽しくしてくれるリノカの人気モデルと、2022年6月に発売開始となる最新モデルを取材してきました!

リノカの人気モデルをご紹介

それでは、ここからはリノカの人気モデルを詳しくご紹介していきます。

【リノカ人気モデル・1】ランクル100をロクマルフェイスに「106(イチマルロク)」(ランクル100)

画像3: 筆者撮影

筆者撮影 

2007年までに発売されたランドクルーザーの最高グレード100系をベースに、ランクル60系を彷彿とさせるデザインにリノベーションしたものが「106(イチマルロク)」。ランクル100のボディに合わせてフロントフェイスをランクル60風にリノベーションしたリノカのフラッグシップモデル。

106のリノベーションポイント

  • ランドクルーザー100系をベースに、ランドクルーザー60系の正規パーツを換装させるべく、フロントバンパー、リヤバンパー、ボンネットをフレックスがオリジナルで一から制作。
  • ヘッドライトは角目と丸目を選べる。
  • 内装は、外観の印象を反映させたフレックスオリジナルシートカバーを選べる。
画像4: 筆者撮影

筆者撮影

コールマンとコラボしたコールマンレッドが映える一台。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

サイドから見るとタイヤもゴツくてかっこいい。クラシックな見た目に合わせて、ホイールもクラシカルです。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

上の写真。リアウインドウの右下に発見!ハピキャンステッカー!

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

続いて内装ですが、フレックスではオリジナルファブリックシートがあり、好みに合わせて選べるようになっています。その中の一つがこちら。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

リノカオリジナルファブリックシートが張られたベッドキット。取り外して使うこともできます。

【リノカ人気モデル・2】乗る人を自分らしく輝かせてくれる「アメリカンクラシック」(ランクル95プラド)

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

アメリカンクラシックのリノベーションポイント

  • ランドクルーザー95プラドがベースの「アメリカンクラシック」。
  • プラドといえば丸みを帯びている印象ですが、その丸みを落としてスクエアな印象に。そのためにボンネットとグリルもオリジナル開発。
  • ヘッドランプも角目と丸目が選べるようになっています。
画像11: 筆者撮影

筆者撮影

横から見ても一瞬プラドとは思えないフォルム。リアバンパーもアメリカンクラシック用に作られたもので、プラドの丸さがいい感じで取れています。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

どの角度から見てもオシャレな一台です。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

シートカバーは、外観とバランスが取れるようにレザー調の落ち着いたシートになっています(他のものに変更もできます)。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

【リノカ人気モデル・3】ハイエースのいいトコそのままクラシカルフェイスな「コーストライン」(ハイエース)

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

現行ハイエース200系をベースに、全長と全幅がアルファード/ヴェルファイアとほぼ同じワイドミドルボディと、コンパクトで街乗りでも取り回しのしやすいロング標準ボディ・ナローの2種類から選べるコーストライン。

コーストラインのリノベーションポイント

  • 角目4灯のヘッドライトに直線的なスチール製ボンネットとグリル。
  • そしてクラシカルなTOYOTAロゴ。
  • これがあのハイエース?と疑ってしまうほど、現行型とはまったく違うフロントフェイス。
  • カラーは今までの車にはなかった色も選び放題。
  • ヘッドランプは丸目も選べます。
画像17: 筆者撮影

筆者撮影

現行車とまったく違うフロントで、商用車というイメージはゼロに。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

ルーフラックを取りつけるだけで、雰囲気もグッと変わってきます。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

内装はデニムをベースとしたシートカバーなど、コーストラインに似合うファブリックが複数用意されています。

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

ハイエースの広さを最大限に生かすことのできるベッドキット。大人二人と子ども一人が余裕で寝られる広さ。

画像: 【リノカ人気モデル・3】ハイエースのいいトコそのままクラシカルフェイスな「コーストライン」(ハイエース)

用途に合わせたシートアレンジができるのも魅力的。(写真は10人乗りタイプ)

【リノカ人気モデル・4】ベースは名作プロボックス あの商用車が街乗りできるスタイルで登場!「ユーロボックス」

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

ユーロボックスのリノベーションポイント

  • ベースとなる車両は商用車として大人気のプロボックス。平日の街中はもちろん、高速道路でビュンビュン走っているのを見かけたことがある人も多いはず。そんな「現場の車」がレトロな雰囲気をまとったリノカとして再登場。
  • 商用車としての優秀な使い勝手そのままに、外も中もおしゃれになったアウトドア派なクルマです。
画像22: 筆者撮影

筆者撮影

ただの商用車がクラシックなビンテージカーの雰囲気に。

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

ユーロボックスのボンネットはFRP。FRPにしたことで軽量化になり、走行性もUP。

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

ハンドルもウッド化で味気なかった車内がグッとおしゃれに。シートも手触りのいいチェック柄の生地があしらわれていて正統派なクラシック感たっぷり。

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

現場のクルマだけあって、スマホホルダー(上記写真)やお弁当を乗せても安定するテーブル(下写真)、1リットルの紙パックジュースもおけちゃうジュースホルダーなど、細かい便利ポイントがたくさん!

画像26: 筆者撮影

筆者撮影

セカンドシートを折り畳めばフルフラットに。大人二人と子ども一人が寝られる広さが出現!
荷室長 セカンドシートあり1040mm、セカンドシート収納時1810mm。

画像27: 筆者撮影

筆者撮影

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

無駄のない箱型の荷室で、荷物の積み下ろしも楽らくです。

画像29: 筆者撮影

筆者撮影

ルーフラックを取り付けたらもっとカッコよく快適になりそうですね!

【リノカ人気モデル・5】丸目一灯の優しい顔がたまらない!6月発売開始のニューフェイス「モル」(タウンエース)

画像1: 【リノカ人気モデル・5】丸目一灯の優しい顔がたまらない!6月発売開始のニューフェイス「モル」(タウンエース)

モルのリノベーションポイント

  • タウンエースバンをベース車両にしたことで、ハイエースやランクルから比べると、運転も乗り降りもしやすく随分と小型に。
  • しかし荷室の広さはやはりベースが商業車だけあってたっぷり。
  • フロントフェイスは、マットなブラックバンパーに丸目一灯で優しい顔つき。
  • 車両カラーは日産ラシーンで採用されていたシーダーグリーンをチョイス。
  • キャンピングカーのベース車両として人気の高いタウンエースバンがリノカらしく生まれ変わりました。
画像30: 筆者撮影

筆者撮影

軽バンより大きくて、ハイエースより小さい、商業車のミニバンがアウトドアフィールドでも大活躍するクルマに生まれ変わりました。

画像31: 筆者撮影

筆者撮影

積載量はたっぷりなのに、運転が不慣れな方でも取り回しのしやすいサイズ(全幅1665mm)が嬉しい。全高1930mmなので、立体駐車場の心配もありません。

画像32: 筆者撮影

筆者撮影

ルーフラックを取り付けたらもっとカッコよくなりそう!

画像33: 筆者撮影

筆者撮影

気になる荷室はどうなっているのでしょうか?

画像2: 【リノカ人気モデル・5】丸目一灯の優しい顔がたまらない!6月発売開始のニューフェイス「モル」(タウンエース)

なんと車内まで同じ色で綺麗に塗装されています。商用車感が一気に減りますね。

画像3: 【リノカ人気モデル・5】丸目一灯の優しい顔がたまらない!6月発売開始のニューフェイス「モル」(タウンエース)

荷室幅1495mm、荷室高さ1300mm(5人乗車)、荷室フロア長1390mm(セカンドシートを畳むと1760mm)。

ゆったりゆとりのあるソロキャンプや車中泊、デュオキャンプにもおすすめのサイズ。

軽バンでは物足りなさを感じていた人にもぴったりの車両です。

画像34: 筆者撮影

筆者撮影

室内も広めで、内装も落ち着いた雰囲気です。

画像35: 筆者撮影

筆者撮影

画像36: 筆者撮影

筆者撮影

ハンドルやシートカバーなど、まだまだ自分好みに変えていくことも可能。

画像37: 筆者撮影

筆者撮影

車内は高さがあるので、室内空間がとても広く感じます。後ろにたっぷり荷物が積めるから、4人家族でアウトドアにお出かけするのにもぴったりですね!

普通車のノア・ヴォクシーと比較すると、幅は狭く高さが広くなっているのがわかります。

車両名全幅全高
ノア・ヴォクシー1695~1735mm1825~1870mm
モル(タウンエースバン)1665mm1900mm

乗り心地でいうと当然普通車の方がいいですが、汚れても掃除しやすいタウンエースバンは子育て中のファミリーにもおすすめな気がします。

This article is a sponsored article by
''.