ワークマンの防寒ブーツといえば「ケベック」ですよね。でずがケベックの中でもどんなものを選べばいいのかわからない! そこで今回は、2022年の最新や人気のケベックシリーズに加えて、ワークマンのおすすめブーツをシチュエーション別に10選でご紹介します! 気軽に毎日履けるブーツから、雪山キャンプにも対応する頼れるブーツまで厳選しました。人気商品は必ずチェックしてくださいね。

【ワークマンのブーツが優れている理由】品質×安さ×低価格! おしゃれさ抜群

画像: 【ワークマンのブーツが優れている理由】品質×安さ×低価格! おしゃれさ抜群

冬キャンプを楽しく過ごせるかどうかは、防寒対策にかかっていると言っても過言ではありません。中でも足元から暖めてくれる防寒ブーツは冬のマストアイテムです!

そこで今回ご紹介するのが、おなじみワークマンの防寒ブーツ。キャンパーを筆頭に冬のアウトドアを楽しみたいユーザーから熱い支持を得ています。

アウトドアメーカーや靴量販店といったブーツの選択肢がたくさんある中、なぜワークマンが人気なのでしょうか?

ワークマンのブーツが優れている理由①:プロが認める品質×機能

作業服メーカーとして生まれたワークマン。長年、ハードな現場仕事に耐えられる高性能な製品を、低価格で販売してきました。

ワークマンの製品は、あくまでも「プロ向け」。

そのため、製品開発にあたりこだわっているポイントがこれだけたくさんあるんです!

【製品開発にあたりこだわっているポイント】

  • 耐久性
  • 防寒性
  • 防風性
  • 遮熱性
  • 冷感性
  • 通気性
  • 吸汗性
  • 速乾性
  • ストレッチ性
  • 耐水性
  • 透湿性
  • 消臭性
  • 抗菌性

また、機能に特化したオリジナルブランドを数多く自社開発しており、価格以上の満足感からアウトドア上級者にも愛されています!

【ワークマンのオリジナルブランド】

  • Find-Out(ファインドアウト)
  • FieldCore(フィールドコア)
  • AEGIS(イージス)
  • WORKMAN BEST(ワークマンベスト)
  • FINE ASSIST(ファインアシスト)
  • HEAT ASSIST(ヒートアシスト)
  • ICE ASSIST(アイスアシスト)

ワークマンのブーツが優れている理由②:驚きの低価格!

ワークマンと言えば、やはり「安さ」が魅力です。

プロ向けの高性能な商品にも関わらず、誰もが手に取りやすい価格帯の商品を取り揃えています。

価格の例を挙げると、防寒ブーツで言えば、980円〜3,900円ほど。アウトドアブランドの高性能ブーツは1万円を越えてくるものが多い中、このビックリプライスはワークマンならでは!

ワークマンのブーツが優れている理由③:機能におしゃれさがプラス

画像: ワークマンのブーツが優れている理由③:機能におしゃれさがプラス

『ワークマン+』『ワークマン女子』で注目されるワークマンのデザイン性。年代や性別、利用シーンなどを限定せず、幅広いユーザーが利用しやすくなりました。

ウェアに関しては好みによっては苦手な方もいるかもしれませんが、ブーツを含むフットウェアは極めてシンプル!

機能面はもちろんのこと、アウトドアにも街歩きにもよく馴染み、誰もがナチュラルに履きこなせるのが魅力です。

This article is a sponsored article by
''.