こんにちは!アウトドア系YouTuberのSLOWCAMPです。今回は私が愛用しているギアコンテナ、ワットノット『ワンタッチバスケット』の魅力をお伝えします。ワークマンやダイソー商品を使ったアレンジも紹介しますので、皆さんもワンタッチバスケットでギアの整理をしてみませんか?

ワットノット『ワンタッチバスケット』はコスパ抜群のギアコンテナ

今回紹介するのは、ワットノット(WHATNOT)『ワンタッチバスケット』

以前、▼こちらの記事にも登場した超優秀なギアコンテナです!

ワットノットってどんなブランド?

そもそも、皆さんはワットノットというブランドをご存知でしょうか?

ワットノットは、グローブや鋸、メジャーなどの工具、アウトドア向けの収納ボックスなどのDIY・アウトドア商品を扱う兵庫県のショップ。

画像1: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

画像1: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー

ワットノットは、良心的な価格でありながらオシャレで機能的な製品を取り揃えているので、キャンパーの間でも話題のブランドなんです!

唯一無二のギアコンテナ! ワットノット『ワンタッチバスケット』をレビュー

それでは本題、『ワンタッチバスケット』の詳細を見ていきましょう!

ワットノット『ワンタッチバスケット』の商品スペック

画像2: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

『ワットノット(WHATNOT) ワンタッチバスケット』スペック

  • 価格:1,780円(税込)
  • 材質:本体/ポリエステル、ワイヤー/スチール、底面/木・EPE、脚/PVC
  • カラー:サンドベージュ
  • 重量:約750g
  • サイズ:展開時/36×25×32cm、収納時/36×25×6cm
画像2: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー
WHATNOT(ワットノット) 収納コンテナ サンド バケツ ツールボックス ワンタッチバケット アウトドア フィッシング 釣り 薪ケース 収納袋 持ち運び OB-01-SB2
展開時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ320mm
収納時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ60mm
重量(約): 750g
素材:【本体】ポリエステル、【ワイヤー】スチール、【底面】木・EPE、【足キャップ】PVC
用途:工具・道具・部品の収納や運搬など、DIYからアウトドアまで幅広くご利用いただけます。
¥1,780
2021-12-10 1:29

個人的な感想ですが、安価でこの見た目、機能性は「唯一無二」と言っても過言ではありません。

画像3: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー

ワットノットさん、本当にこの価格でいいのでしょうか?

長尺で使い勝手の良い持ち手

持ち手も長く、片手持ちも問題ありません。

画像3: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

長尺物を縦に入れても、持ち手に干渉しづらいのは嬉しいポイントです。

頑丈なフレーム

間口に沿ってステンレス製のフレームがグルっと埋め込まれていて、無理に強い力を加えない限り曲がることはありません。

画像4: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

折り畳み可能

底にあるフレームを持ち上げれば簡単に折り畳むことが出来ます。

画像5: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

画像4: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー

側面の生地をきれいに内側に押し込めば、かさばりも軽減できます。

組み立ても簡単!両サイドを持ち上げて、フレームを納めればOK。まさにワンタッチ!

画像6: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

使い勝手の良い絶妙サイズ

サイズは36×25×32cm。

大きすぎず小さすぎない、使いやすいサイズです。

画像7: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

全面にベルトループ付き

特徴的なベルトループがすべての面に配置され、両サイドにはDカンが1つずつ付いています。

画像8: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

画像5: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー

ループの数は、なんと24個ありました!足りなくて困るということは無さそうです。

サイドにはポケット付き

ポケットは短編側面の片側に1つだけ。マチがあるのでCB缶がスッポリと入ります。

画像9: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

欲を言えば、各面にポケットが欲しかったところですが、ここは価格なり。

一部製法が甘い部分も見受けられますが、全体的にきれいな仕上がりで雑な感じは受けません。

柄や生地違いも展開

サンドベージュ以外にリアルツリー柄(少し高めの1,980円(税込み))も販売されています。

画像6: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー
WHATNOT(ワットノット) 収納コンテナ 迷彩 カモフラージュ バケツ ツールボックス ワンタッチバケット アウトドア フィッシング 釣り 薪ケース 収納袋 持ち運び OB-01-HC
展開時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ320mm
収納時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ60mm
重量(約): 750g
素材:【本体】ポリエステル、【ワイヤー】スチール、【底面】木・EPE、【足キャップ】PVC
用途:工具・道具・部品の収納や運搬など、DIYからアウトドアまで幅広くご利用いただけます。
¥1,980
2021-12-10 12:48

帆布タイプ(キャンバス生地)も販売されており、こちらは2,480円(税込み)。

画像7: 【アンダー2,000円】ワットノット『ワンタッチバスケット』がコスパ異次元!ガチで使える格安ギアコンテナをレビュー
WHATNOT(ワットノット) 収納コンテナ 帆布 バケツ ツールボックス ワンタッチバケット アウトドア フィッシング 釣り 薪ケース 収納袋 持ち運び OB-02-SB
展開時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ320mm
収納時サイズ(約):幅360mm×奥行250mm×高さ60mm
重量(約): 800g
素材:【本体】帆布、【ワイヤー】スチール、【底面】木・EPE、【足キャップ】PVC
用途:工具・道具・部品の収納や運搬など、DIYからアウトドアまで幅広くご利用いただけます。
¥2,480
2021-12-10 12:52

2層構造の600Dポリエステル生地

生地は600Dのポリエステルを使用し、厚手でかなりしっかりしています!

2層構造になっており、工具入れや薪入れとしても活躍してくれそうです。

画像10: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

適度な防水性

完全防水ではありませんが、多少の水であれば弾いてくれます。

画像11: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

ただし、持ち手やループの生地には簡単に染み込んでしまいます。

画像12: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

脚付きだから底が汚れにくい

ソフトコンテナながら、側面には5つのゴム脚(ペットボトルのキャップサイズ)が備え付けられています。

画像13: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

地面から1cm程度浮くので、直置きでも汚れが付きにくいです。

画像14: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

底面は木の板のお陰で、常にフラットな状態をキープしてくれます。

逆に底面の内面にはクッション性のある素材(EPE)が使用されているため、中の荷物を優しく支えてくれます。

画像15: 出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

出典:You Tubeチャンネル「SLOWCAMP/スローキャンプ」より

This article is a sponsored article by
''.