キャンプやアウトドアでおいしい肉料理を食べたいときは、鉄板を使って調理するのがおすすめ。蓄熱性に優れた鉄板を利用すると、お肉が劇的においしく焼けます。ソロキャンプやツーリングに携帯するならミニサイズが便利。そこで今回は、ソロキャンプにおすすめの鉄板をご紹介します。

ソロキャンプ向きおすすめ鉄板のサイズ・厚み・重さ比較表

ご紹介してきたソロキャンプ用鉄板の比較表はこちら。

商品名サイズ厚み重さ
テンマクデザイン
男グリルプレート
207×1439mm875g
キャンドゥ
バーベキュー用ミニ鉄板
84×1321.5mm-
セリア
ミニ鉄板
85×1302.5mm-
ヨコザワテッパン148×2105mm1,000g
画像10: 【まとめ】人気のソロキャンプ用鉄板おすすめ4選! 愛用者のレビュー付き

サイズや厚みなどを比較し、自分の希望にあったものを選んでくださいね!

ソロキャンプ用鉄板のシーズニング&お手入れ方法は? 長く愛用するための大切なポイント

画像6: ライター撮影 happycamper.jp

ライター撮影

happycamper.jp

鉄板をはじめ、(鋳造)鉄製の調理器具を長く愛用するためには、使用前後のお手入れが欠かせません。

使用前には必ず「シーズニング」と呼ばれる油ならしが必要。

シーズニングは食材の焦げつきや鉄板の錆を防止するために、表面に油膜をつくる作業です。

基本のシーズニング手順(商品ごとに異なる場合があるので説明書を要確認!)

【基本のシーズニング方法】

  1. 食器用洗剤を使って鉄板本体をしっかり洗い、錆止めの油を落とす
  2. 洗浄後、乾燥させる
  3. 鉄板全体に油を薄く塗って加熱する
  4. 冷めてから保管する

加熱時は、煙が出て少したってから火を消すのがポイント。

また、油の塗布・加熱・冷却の一連のシーズニング作業を複数回行うのが理想です。

なお、「ヨコザワテッパン」の場合、食器用洗剤を使って洗う前に、油をひいて加熱するように書かれています。

画像11: 【まとめ】人気のソロキャンプ用鉄板おすすめ4選! 愛用者のレビュー付き

商品により、推奨されているシーズニング方法が異なる場合があるため、説明書等をよく確認した上で作業しましょう

使用後のお手入れ方法(商品ごとに異なる場合があるので説明書を要確認!)

鉄板の使用後は、焦げつきや汚れを取り除いてから水洗いするのが基本です。

しかし、このお手入れ方法も鉄板によるので、必ず説明書を確認しましょう。

例えば「ヨコザワテッパン」は、水洗いするよりも、コテやペーパーで汚れや油をふき取ることが推奨されています。また「男前グリルプレート」は、洗剤は使わずお湯で洗うことが推奨されています。

汚れを落としたあとは、水を使った場合はしっかり乾かして、保管前に鉄板全体に油を塗布することをおすすめされている場合が多いです。

画像12: 【まとめ】人気のソロキャンプ用鉄板おすすめ4選! 愛用者のレビュー付き

「男前グリルプレート」のように凹凸のある鉄板は、溝部分に汚れがたまりやすいので、念入りにお手入れしましょう。

ソロキャンプの肉料理にはミニ鉄板の利用がおすすめ! おいしいお肉を1人で堪能できる!

画像: 編集部作成

編集部作成

ソロキャンプでおいしいお肉を堪能したい方には、ミニ鉄板の携帯がおすすめ。

蓄熱性に優れた鉄板で食材を焼くと、ふっくらジューシーに仕上がります。

ソロキャンプなら、鉄板の上の食材を全部1人占めできるのが醍醐味。雄大な自然の中で、できたてのお料理を贅沢に堪能しましょう。

(ライター:hayase)

This article is a sponsored article by
''.