すぐ沈む太陽、押し寄せる寒さ、それに雪...キャンプビギナーの前に立ちはだかる“冬キャンプ”という大きな壁。ということで今回は、知っておきたい「冬キャンプの防寒対策」を、キャンプ雑誌・fam_mag編集長の槻真悟(けやきしんご)さんに教えていただきました!あると心強い、槻さんの冬キャン推しアイテムもご紹介します。

【寒さ対策】ベテランキャンパーに聞く! 冬キャンプを楽しむための服装選び

画像: 【寒さ対策】ベテランキャンパーに聞く! 冬キャンプを楽しむための服装選び

初心者にとってハードルの高い冬キャンプ。

アウトドアを快適に過ごすためには、寒さはかなりの強敵です。

自分でキャンプをするようになって約2年が経った筆者ですが、冬キャンプはまだ片手で数える程の経験しかありません。

そんな初心者でも冬キャンプを楽しむ極意を、アウトドア雑誌「fam_mag」編集長であり「おぎやはぎのハピキャン (メ〜テレ)」の監修者でもある、ベテランキャンパーの槻真悟さんにインタビューしました!

画像1: 意外と知らない冬キャンプの服装&防寒対策―キャンプ雑誌・fam_mag編集長に聞く!

槻 真悟氏

グッズ&ライフスタイル誌「fam_mag」の編集長。ファッション系モノ誌、カルチャー誌、スニーカー誌など、さまざまな紙媒体の編集に携わる。「おぎやはぎのハピキャン(メ~テレ)」の監修者でもある。

【基本編】冬キャンプの防寒対策の服装 レイヤリングを制すものは寒さを制す!?

画像: 【基本編】冬キャンプの防寒対策の服装 レイヤリングを制すものは寒さを制す!?
画像1: 筆者

筆者

冬キャンプの服装で、槻さんが意識していることは何でしょうか?

画像1: 槻さん

槻さん

首、手首、足首をなるべく冷やさないようにしています。

「首」が付く部位には大きな血管が通っているので、その部位が冷えると体感温度も下がってしまうためです。

画像2: 筆者

筆者

なるほど!では、「首」部位を出さないように、とにかくたくさん着込めば良いのでしょうか?

画像2: 槻さん

槻さん

むやみにたくさん着込むというよりは、適切な厚み、適切な素材の衣類を適切なレイヤリングで身にまとうことがポイントです。

薄いものをたくさん着用しても、暖かくならないですからね…!

画像3: 筆者

筆者

着込めば良いってもんじゃないんだ!素材や厚みを適材適所で着ていくことが、冬キャンプを快適に過ごすことに繋がるんですね。

レイヤリングとは?

画像4: 筆者

筆者

そもそも、レイヤリングって何ですか?

画像3: 槻さん

槻さん

レイヤリングの考え方を、簡単に説明すると…

【レイヤリングとは】
服装を3層の重ね着(アウターレイヤー/ミドルレイヤー/ベースレイヤー)にすること。

  • アウターレイヤー
    防水・防風性のあるジャケットなど
  • ミドルレイヤー
    身体を保温する目的の服、保温性があり、かつ通気性のあるもの
  • ベースレイヤー
    汗を吸い取る吸水速乾性がある肌着、かつ保温もできるものなど
画像4: 槻さん

槻さん

こんな感じです。また、気温や天候に応じて以下のような考え方で服装を選ぶのがおすすめです!

【気温・天候別の服装の考え方】

  • 最低気温-3~5℃程度&晴れの場合
    素材にこだわりながらしっかりと着込む(基本のコーディネイト)
  • 雪中キャンプの場合
    基本のコーディネイト+防水を意識する
  • 最低気温5~10℃程度&晴れの場合
    基本のコーディネイトから気温に合わせて引き算をする
画像5: 槻さん

槻さん

基本の服装から、天候や気温に合わせて足したり引いたりしていくことが大切ですよ。

画像5: 筆者

筆者

ベースのコーディネートを決めておけば、服装にあれこれ悩まなくてよさそう。この方法なら初心者でもチャレンジできるかも!

【実践編】冬キャンプの服装を気温・天気別に解説! レイヤリングコーディネートの参考に◎

画像6: 筆者

筆者

首を隠す、レイヤリングをする...というのはわかったけど...もっとカンタンに、初心者にもわかるように参考例を出して説明してもらえないでしょうか…!?

画像6: 槻さん

槻さん

では、具体的な気温ごとにレイヤリングの服装提案をしていきます!

最低気温-3~5℃で晴れている場合のレイヤリング

画像: 最低気温-3~5℃で晴れている場合のレイヤリング

【上半身】

  1. ベースレイヤー
    厚手生地のウールの下着
  2. ミドルレイヤー1
    フリース
  3. ミドルレイヤー2
    (必要に応じてソフトシェル)
  4. アウターレイヤー
    ダウン(防水じゃなく撥水程度でOK/フィルパワーは高いほうが◎)

※補足

  • ソフトシェルとは:ストレッチ性のあるソフトな素材かつ機能性に優れたウェア
  • フィルパワーとは:羽毛のかさ高性を現す単位のこと

【下半身】

  1. 1層目
    厚手生地のウールのタイツ
  2. 2層目
    フリースパンツ(またはダウンパンツ)

※補足
焚き火をする場合は、難燃素材のパンツを着用しましょう!化学繊維のものだと、火の粉が燃え移りやすく危険です。

【足元】

  • アウトドアソックス二重履き(または厚手のウールソックス)
  • 中綿入りのブーツ(THE NORTH FACE「ヌプシブーティー」など)
画像2: 意外と知らない冬キャンプの服装&防寒対策―キャンプ雑誌・fam_mag編集長に聞く!
[ノースフェイス] THE NORTH FACE NUPTSE BOOTIE WOOL V SHORT (JG)ジャングルグリーン 9(27cm)
14時までのご注文なら当日出荷!(店舗休業日以外)
正規取扱店【偽物にご注意して下さい】
¥14,300
2020-12-24 2:18

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のヌプシブーティーは、もはや冬の定番ブーツですね。

画像7: 筆者

筆者

キャンプ場でも履いている人を、よく見かけます。暖かく快適に過ごせそう。モコモコの見た目も可愛いですね!

雪中キャンプの場合のレイヤリング

画像: 雪中キャンプの場合のレイヤリング

【上半身】

  1. ベースレイヤー
    厚手生地のウールの下着
  2. ミドルレイヤー1
    フリース(またはソフトシェル)
  3. ミドルレイヤー2
    インナーダウン
  4. アウターレイヤー
    ハードシェル
画像7: 槻さん

槻さん

インナーダウンとしては、こちらがおすすめ!

画像3: 意外と知らない冬キャンプの服装&防寒対策―キャンプ雑誌・fam_mag編集長に聞く!
【正規取扱店】TAION EXTRA タイオン LADYS CREW NECK INNER DOWN レディース クルーネックインナーダウン D.ORANGE
TAION EXTRA 【機能説明】 ・袖脱着により、ダウンベスト+半袖ダウン+ダウンジャケットのスタイルが楽しめます。 ・ヒーティングシステムにより、ダウン内を加温し温度調節が可能になりました。 ・撥水加工生地は、汚れがつきにくく水滴を弾きます。 ・収納袋がついてます。持ち運びや収納が便利です。 ・850flp の反発力の高い、高品質なダウンを使用してます。 ヒーティングシステム商品の特徴 胸元の電源温度調整スイッチで温度調整ができるインナーダウンウェアーです。 スイッチは温度によって色が変化します。目視して希望温度に設定しながら着用できます。 熱源であるヒート盤は炭素繊維から作られて...
¥ 26,180
2020-12-24 1:18
画像8: 槻さん

槻さん

クルーネックタイプのインナーダウン。袖の着脱が可能で、ダウンジャケット・半袖ダウン・ダウンベストの3種類をコレひとつで手に入れられるのが魅力です。

【下半身】

  1. 1層目
    厚手生地のウールのタイツ
  2. 2層目
    フリースパンツ
  3. 3層目
    レインパンツ

【足元】

  • アウトドアソックス二重履き(または厚手のウールソックス)
  • 防寒ブーツ(ソレル「カリブー」など)
画像4: 意外と知らない冬キャンプの服装&防寒対策―キャンプ雑誌・fam_mag編集長に聞く!
SOREL【CARIBOU (WMNS)】ソレル カリブー3COLOR30%OFF旧ロゴ
【購入に際しましてご注意】 *到着ご希望日につきまして* 当店基本は即日または次の日の発送ですが(次の日が定休の場合は除く)状況によっては発送まで1-3日程度お時間をいただく場合もございます。お急ぎのお客様は発送日をお確かめの上お買い求めくださいませ。 *返品につきまして* HP下部にも記載のとおりご返品はタグをとっていない試着のみの場合可能になります。 その際の送料はこちらからの送料も含め往復お客様ご負担となっておりますのであらかじめご了承くださいませ。【詳細】 世界中で愛され続けているウインターブーツのスタンダード。変わらないデザインと安心感のある機能を足元に。 【Function】...
¥ 15,400
2020-12-24 1:22

カナダ生まれのウインターブーツブランド、ソレルの代表的なモデル「カリブー」は、発売からおよそ40年間変わらず愛されている、スタンダードなスタイルのブーツです。

画像8: 筆者

筆者

ちなみに、ソレルのブーツは筆者も愛用しています!足首のふわふわが可愛くて暖かくて、冬キャンプでは手放せない一足です。

最低気温5~10℃で晴れている場合のレイヤリング

画像: 最低気温5~10℃で晴れている場合のレイヤリング

【上半身】

  1. ベースレイヤー
    薄手のウールの下着
  2. ミドルレイヤー
    フリース
  3. アウターレイヤー
    中綿入りのジャケット or 防風のシェル

【下半身】

  1. 1層目
    薄手のウールのタイツ
  2. 2層目
    普通のパンツ(チノパン・デニムなど)

【足元】

  • アウトドアソックス
  • 普通のアウトドアブーツ(またはアウトドアスニーカー)
画像9: 筆者

筆者

昼夜で寒暖差がある場合も、調節できるレイヤリングなら安心ですね。

この方法なら真冬から春先までも、快適にキャンプができそう!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.