寝袋を探している方の中でも、特にハイスペックな寝袋が欲しいという人はいませんか? そんな方には、寝袋メーカーとして有名なISUKA(イスカ)の寝袋がおすすめです。ISUKAはさまざまなタイプの寝袋を展開しているので、今回はISUKAの中でもおすすめのモデルを7つご紹介します。今後ハイスペックなモデルの寝袋を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

大人気シュラフ(寝袋)メーカー「ISUKA(イスカ)」 ハイスペックの寝袋をお探しならイスカがおすすめ!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

寝袋を展開しているアウトドアブランドの中でも、有名かつ人気のあるブランドが、ISUKAというブランドです。ISUKAは、厳しい縫製基準を持ち、厳選した素材を採用。しっかりした快適睡眠を検証している、寝袋に特化したブランドです。

一般的な寝袋と比べるとお値段は少し高くなりますが、その分、機能性が高く、愛用者が多いんですよ。

今回は、そんなISUKAの中でも、特にキャンプでの使用におすすめできるモデルを7つご紹介します。キャンプで使用する寝袋を探している人は、ぜひ参考にしてくださいね!

【イスカおすすめ寝袋①】『ウルトラライト』 ベーシックモデルで夏におすすめ! 軽量&コンパクトさgood

画像1: 【ISUKA(イスカ)】ハイスペックのおすすめシュラフ(寝袋)7選! パトロール600・アルファライト300xなど
イスカ(ISUKA) 寝袋 ウルトラライト グリーン [最低使用温度10度]
生地 : 表ナイロン100%、裏ポリエステル100%
中綿量 : 160g
サイズ : 肩幅80×全長202cm
収納サイズ : 直径12.5×27cm
重量 : 630g
カラー : グリーン
対応温度 : 10℃
構造 : シングル構造 、ゆったりした足元、YKKコイルジッパー
¥8,700
2020-12-16 23:12

夏の利用が中心になる方におすすめのモデルが、ISUKAが展開している中でもベーシックモデルとなる『ウルトラライト』です。

平均重量が600gと軽量&コンパクトな設計で、肌触りの良いポリエステル・マイクロファイバーの裏地になっています。

最低使用温度は約10℃と夏シーズンの利用に適したモデルなので「比較的暖かい季節にしかキャンプをしない」という方におすすめのモデルです。

寒さに敏感な足元をゆったりと造り、多めのダウンを入れていることで、足元からの冷え対策も万全! ゆったり設計なので寝返り時も足元がもたつくことなく快適に眠れますよ!

【イスカおすすめ寝袋②】『パトロ-ル 600』 山岳部も愛用の初夏~初秋におすすめモデル 登山・キャンプに◎

画像2: 【ISUKA(イスカ)】ハイスペックのおすすめシュラフ(寝袋)7選! パトロール600・アルファライト300xなど
イスカ(ISUKA) 寝袋 パトロール600 ロイヤル [最低使用温度2度]
生地 : 表ナイロン100%、裏ポリエステル100%
中綿量 : 600g(ベ-シックモデルには、約6デニ-ルの「中空ポリエステル」を使った化繊わたを使用しています。)
サイズ : 肩幅85×全長210cm
収納サイズ : 直径20×39cm(広口トートバッグ付)
重量 : 1300g
カラー : ロイヤルブルー
対応温度 : 2℃
構造 : シングル構造 、ドラフトチューブ、ゆったりした足元、YKKコイルジッパー
¥7,271
2020-12-16 23:13

初夏〜初秋にキャンプをする予定のある方におすすめするのが、『パトロール600』というモデルの寝袋です。

平均重量は1300gで、夏山縦走はもちろん、春や秋の低山でも使えるモデル。「登山にも興味がある」という人にもピッタリです!

コストパフォーマンスに優れていて、定価7,300円(税抜)という価格ながらも、最低使用温度は2℃。高校山岳部やワンダーフォーゲル部の方々も愛用している人が多いモデルなんですよ。

夏の北海道でのキャンプでも問題なく使える仕様なので、キャンプ場問わずいろいろな地域へ行くキャンパーさんにおすすめです!

This article is a sponsored article by
''.