キャンプ道具の中でも、寝袋(シュラフ)は収納に場所を取りますよね。キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「洗えるクッションシュラフ」は、普段はクッションとして使えるので、収納に余計な場所を取りません。今回は、実際に「洗えるクッションシュラフ」を使ってみたので、暖かさや使い心地などをレビューしていきます!寝袋(シュラフ)の購入を考えている人は、参考にしてみてくださいね。

丸洗いできてインテリアにもなる!キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「洗えるクッションシュラフ」とは?

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)の「洗えるクッションシュラフ」は、洗濯機で丸洗い可能で、クッションにもなる優れもの。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

寝袋(シュラフ)をケースにしまうことでクッションに変身。デザインもおしゃれなので、リビングに置いても違和感なく馴染みます。

画像1: 筆者

筆者

厚みが18㎝あるので、クッションとしても快適に使えます◎

丸洗いできる理由は、中綿にウルトラファインファイバーという素材を使っているから。この素材は耐久性が高く、繰り返しの洗濯に強いのだそう。また、速乾性も抜群で、清潔に保管することができます。

今回は、この寝袋(シュラフ)を屋外で使ってみたので、良かった点や気になった点を正直にレビューしていきます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)「洗えるクッションシュラフ」のおすすめポイント

今回は、気温15℃程度の昼の屋外で使用しました。

実際に使ってみて、良かった点はこちらの5つ。

・広げる前はクッションとして使える
・軽くて柔らかい
・気温15℃前後では暖かさは充分
・ダブルファスナーで温度調節可能
・洗濯が簡単&中綿の片寄りなし

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

広げる前はクッションとしても使えて、置いておくだけでおしゃれな雰囲気に。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

広げるとこんな感じ。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

足元にもファスナーが付いているので、暑い時は開けて温度調節も可能です。

使用温度目安は12℃から。この日は気温15℃程度で、上着がないと肌寒かったのですが、シュラフに入ると上着がなくても充分暖かかったです!

使用後は大きめのネットに入れて、洗濯機で丸洗いしてみました。

画像2: 筆者

筆者

洗濯後に中綿が片寄ってしまうこともなく、乾くのも早かったので、お手入れはとても楽でした!

ユーザーからも、「キャンプだけでなく災害時や日常でも役立ちそう」との声が。やっぱり、キャンプ以外でも活用できるのは大きいですよね。

Instagram

www.instagram.com
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.