今回はみーこパパが、コールマン「カーサイドテント/3025」をレビューします。2021年新製品展示会で発表があった、車と連結して使える「カーサイドテント/3025」。実際に使ってみて「4人家族での使用感」「設営で難しかった点」などから、他のカーサイドテントとは一味違うおすすめポイントなど、おすすめオプションパーツまで細かくまとめました!コールマン「カーサイドテント/3025」購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

話題のコールマン「カーサイドテント/3025」 車と連結できるシェード兼テントってどんな商品?

画像1: 画像出典:コールマン

画像出典:コールマン

車と連結できる半自立式シェード(タープ)はこれまで他社製品から出ていましたので、新しいコンセプトの商品というものではありません。

コールマンも今回参入するわけですが、そのまま同じものを出すわけはありません。コールマンらしい工夫と味付けをして、他には無い個性を持たせていますよ!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

コールマンのカーサイドテント/3025は、シェードの中に寝室テントを作れる仕様になっています!オプションではなく標準でインナーテントが付属していますので、カーサイドシェルターとテント、2Wayの使い方ができると言う欲張りな商品です。

商品名に入っております3025の数字は、インナーテントのフロアサイズを表しています。大人4~5人が就寝できる300×250cm。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

コールマン「カーサイドテント/3025」のメリット 天気が悪い日は特に活躍間違いなし!

車とシェードを連結していると何が良いか?メリットは色々あります。

  • 車とシェードを濡れずに行き来できる
  • 車を寝室にできる
  • 悪天候の時に車に避難しやすい
  • 車を風上にすると風よけにできる

コールマン「カーサイドテント/3025」のデメリット オートサイト以外では使えない

逆にデメリットは何があるでしょう。

  • オートキャンプサイトしか利用できない
  • 設営後、車を移動しにくい

このデメリットについて、カーサイドテント/3025は解決済みです!

This article is a sponsored article by
''.