こんにちは、キャンプ大好きシンガーソングライターの福富まいです。今回は私が長らく愛用しているSOTOのステンレスダッチオーブンを徹底レビューさせていただきます!お手入れ簡単なだけじゃない!IH対応や使いやすいサイズ感など、レシピも加えてご紹介させていただきます。

SOTO「ステンレスダッチオーブン」をおすすめする人

SOTOのステンレスダッチオーブンの使い心地やメリットから、おすすめしたい!という人をまとめてみました。

メンテナンスを楽にしたい人

ステンレス製なので、まず使い始める前のシーズニングが不要です。

使用後のオイル仕上げも不要で、中性洗剤でゴシゴシ洗えます。

料理を鍋に入れたまま保管したい人

鋳鉄製の場合、錆びが浮いてきてしまうためすぐに作った料理を別の容器に移し替えないといけません。

しかし、SOTOのステンレスダッチオーブンは錆びにくいため、そのまま料理を保管することができます。

頑丈なオーブンが欲しい人

ステンレスは衝撃に強いため、誤って落としてしまっても割れにくい作りとなっています。

また、急激な温度変化にも強いのが特徴です。

SOTO「ステンレスダッチオーブン」をおすすめしない人

ここまでSOTOのステンレスダッチオーブンの魅力を紹介してきました。しかし、目的によってはSOTOのステンレスダッチオーブンが向かないという場合もあるかもしれません。

あまりおすすめしない人についてもまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

安価なダッチオーブンが欲しい人

鋳鉄製と比べて値段が高価です。

最小サイズの8インチのステンレスダッチオーブンでも定価が約2万円と、決して安い商品ではないです。

鍋を育てて楽しみたい人

使えば使うほど味が出て、愛着が湧くのが鋳鉄製の特徴。

一方、SOTOのステンレスダッチオーブンはステンレス製なので、鋳鉄製のダッチオーブンのように「育てる」楽しみは残念ながら味わえません。

6インチ以下のサイズを求める人

SOTOのステンレスダッチオーブンは最小サイズが8インチです。

ソロキャンプ用に小さい6インチ以下のステンレスダッチオーブンを探している方には向かないようです。

SOTO「ステンレスダッチオーブン」の評判・口コミ

SOTOのステンレスダッチオーブンを実際に購入した人の口コミがSNS上に投稿されているのでいくつかピックアップしてご紹介します。

ステンレスで錆びにくく、お手入れが楽なところが魅力的という意見が多くありました。

This article is a sponsored article by
''.