三才ブックスが発行しているキャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」。2016年春号の特集企画で大好評だった「みんなで楽しめる野外リビングの作り方・レイアウトの4大トレンド」を参考に、ハピキャン編集部が実際に「野外LDK(居間•食堂•台所)作り」に挑戦! 今回は「テントサイトのレイアウトとインテリアコーデ」にこだわってお届けします。

①『L字スタイル ひと工夫のポイント』 自宅キッチンのような使い心地に!作業の流れや収納空間も考慮

画像: L字スタイル イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

L字スタイル

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

その1. グリルは同時作業ができるよう並べると◎!

画像6: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

キャンプ料理をたくさん作るときは、数台のグリルを並べて配置することで、同時作業が楽チンに行うことができます。量はもちろん、キャンプ料理の質もグンとレベルアップすること間違いなし!

画像1: 野外LDK(居間•食堂•台所)のレイアウト4大トレンド&インテリアコーデを紹介!キャンプサイトをみんなで楽しむ快適空間に!(キャンプ情報誌fam_mag監修)
コールマン(Coleman) ロードトリップグリルLXE-J 205231 【日本正規品】
サイズ:使用時/約118×46×112.5(h)cm、収納時/約98×46×31(h)cm
質量:約18kg
材質:スチール、他
最大火力:約5000kcal/h(約2500kcal/h×2)(スーパーガス最大出力時)
燃焼時間:約2~4時間(470g缶×2本使用時)
使用電池:9V乾電池
仕様:カードリッジツインパック、ホイール&大型ハンドル、電池式イグナイター、サイドテーブル、アクセサリホルダー、セパレート式グレート
注意:LPガスは別売りです。
¥26,980
2020-12-20 18:29

その2. デットスペースを有効活用して収納空間を作る!

画像7: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

いくつかのテーブルを並べると、その下に必ずデットづペースが増えます。こういった空間を上手く使い、収納空間として利用するのが◎!

ボックスやネットを利用しガス缶や調味料などを収納することで、使いたいときにサッと取り出せるようになりますよ。

その3. 洗いたいときにすぐできる洗い場スペースを確保!

画像8: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

キャンプ場の炊事場へ持ち運び洗い物をするよりも、自分たちのキャンプサイト内で洗い物ができれば、キャンプ料理がもっとはかどります。

汚れた調理器具から洗いながら作業をすることで、食べ終わったときの後片付けや掃除がとても楽チンに!

②『コックピットスタイル ひと工夫のポイント』 全てをコンパクト化&手の届く範囲に集約!

画像: コックピットスタイル イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

コックピットスタイル

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

その1. ながら作業をするときは小型のバーナーを使おう!

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

シングルバーナーや小型のグリルなど、サッと取り出し省スペースで完結する装備があれば、お手軽調理ができます。串焼きを炙りながらの食事は、会話も弾むでしょう。

画像2: 野外LDK(居間•食堂•台所)のレイアウト4大トレンド&インテリアコーデを紹介!キャンプサイトをみんなで楽しむ快適空間に!(キャンプ情報誌fam_mag監修)
ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310
外形寸法:幅170X奥行150X高さ110(使用時・本体のみ)・110(収納時)mm/ 重量:350g(本体のみ)
原産国:日本
発熱量:2.9kW(2,500kcal/h)(ST-760使用時)
使用時間:約1.5時間(ST-760 1本使用時)
使用容器:SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式:圧電点火方式
材質:バーナー・器具栓つまみ:ステンレス、ボンベホルダー・点火スイッチ:樹脂
付属品:収納ポーチ
¥6,380
2020-12-20 18:57

その2. 手の届く範囲に小物類を配置する

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

カラトリー類などの小物は、大きめのボックスやバスケットなどに収納し、手の届く場所に配置するのが◎!

座った位置から手を伸ばせば取り出すことができるので、いろんなシチュエーションにも対応できます。「手の届く範囲=コックピットスタイル」の基本です。

その3. 地面に腰をおろせるスタイルが◎!

画像11: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

自宅の床に座ってくつろぐスタイルをする人が多いと思います。そのスタイルをキャンプサイトで演出すれば、自宅でくつろいでいるかのようなゆったりと快適な空間に。

柔らかな敷物や座椅子などを使うことで、リラックス度がUPしますよ!

③『立食ケータリングスタイル ひと工夫のポイント』 料理•ドリンク•調味料…など用途別スペースを設置

画像: 立食ケータリングスタイル イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

立食ケータリングスタイル

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

その1. ドリンクエリアには大きいサイズのジャグを中心に設置

画像12: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

水を入れた容量がたっぷりのジャグをドリンクエリアに配置することで、飲食用はもちろん調理時、洗い物にも重宝しますよ。

動線上にドリンクエリアがあるため、水を使いたいときにすぐ利用できるのがポイントです。

その2. 調理がはかどるよう調味料スペースを確保

画像13: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

自由に動き回る『立食ケータリングスタイル』なので、その場にいる人みんなが見て分かりやすい場所に調味料スペースを確保するといいです。

使いたいときに取り出せて、使い終わったら定位置に戻すことで「使いたい調味料がない」ということを防げます。

その3. テーブル下も有効活用しよう!

画像14: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

グリルから離れた場所にあるテーブル下には、ダストボックスを配置するのが◎!

さらに調理台の下には、食材が入っているクーラーボックスをおくと、キャンプ料理を作るときにサッと食材を取り出すことができ、効率よく調理ができるようになりますよ!

④『囲炉裏スタイル ひと工夫のポイント』 焚き火用テーブルで主役を演出!シェルフなどで小物も収容

画像: 囲炉裏スタイル イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

囲炉裏スタイル

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

その1. 焚き火用テーブルで囲炉裏を演出

画像15: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

焚き火台を囲むように設置するテーブルは、焚き火用テーブルを使うのが『囲炉裏スタイル』には必須。

テーブルのスペースが足りないようであれば、ロースタイルのテーブルをチェアのそばに設置すると置き場所に困りませんよ。

画像3: 野外LDK(居間•食堂•台所)のレイアウト4大トレンド&インテリアコーデを紹介!キャンプサイトをみんなで楽しむ快適空間に!(キャンプ情報誌fam_mag監修)
コールマン(Coleman) 焚火台テーブル ファイアープレーステーブル 約6kg 2000010397
サイズ:使用時/約100×100×27(h)cm、収納時/約100×17×11(h)cm
重量:約6kg
材質:ステンレス、他
付属品:収納ケース
軽量、コンパクト収納
¥11,300
2020-12-20 19:54

その2. 温めたくないものはまとめて火から離すのが◎!

画像16: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

冷たいドリンクなどは、焚き火用テーブルに置いてしまうと、火の熱で温まってしまいます。

冷たい状態を保ちたいドリンク類などは、あらかじめ離れた場所にテーブルを置いてまとめておくといいでしょう。

その3. 大容量のシェルフを使えばコンパクトに収納ができる!

画像17: イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

イラスト提供・キャンプ情報誌「 fam_mag(ファム マグ)」

下ごしらえ用の調理スペースや、雑貨類の置き場所には、大容量のシェルフを使いなるべくひとまとめにしましょう。

シェルフを使うことで一体感を演出しつつ、物の散らかりを防いでくれます。

This article is a sponsored article by
''.