みなさんこんにちは、ワークマン大好きのざるです。ハピキャン読者のみなさんは、ワークマン2020年秋冬モデルはもうチェックしましたか? 今回は2020年秋冬モデルにラインナップされた「DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒2WAYジャケット」を徹底レビューしていきます!

ワークマンFieldCore『綿リップ防風防寒2WAYジャケット』は防風・防寒・火の粉に強い!

画像1: 【ワークマン】防風防寒ジャケット『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒2WAYジャケット(WM3635)』レビュー
WM3635 DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒ジャケット | 作業着のワークマン公式オンラインストア
「生地洗濯試験」50回洗濯しても撥水が持続
DIAMAGIC DIRECT®(ディアマジックダイレクト)
三菱商事ファッション(株)が開発した高水準の耐久撥水、汚れが落ちやすい機能を持つ生地を採用
急な雨や雪に対応できるので、屋外作業やアウトドアに最適
※防水生地ではありません。生地の縫い目などから浸水する場合があります。

『DIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒ジャケット』は、2019年秋冬モデルにて初登場した防寒ウェアです。このジャケットは以前の記事でご紹介したことがあります。

生地の内部には厚みのあるアクリルコーティングを配置し、高い防風性を備えています。また、ジャケットの内側にはボアフリースを配置して高い防寒性を実現。

表面の生地には『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)』という三菱商事ファッション(株)が開発した高水準の耐久撥水機能を採用しています。

そのため綿素材でありながらもつるつると水を弾き、ちょっとした雨や水濡れにも強いジャケットに仕上がっています。

今回ご紹介するのは、そんな『DIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒ジャケット』の2020年秋冬最新モデル

「防風」「防寒」「火の粉に強い」と3拍子揃った冬キャンプにも最適な防寒ジャケットを、2019年秋冬モデルからの変更点に焦点をあてて紹介していきます。

画像2: 【ワークマン】防風防寒ジャケット『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒2WAYジャケット(WM3635)』レビュー
WM3635A DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト) 綿リップ防風防寒2WAYジャケット | 作業着のワークマン公式オンラインストア
3シーズン対応に進化!!綿素材なのに耐久撥水
内側のファスナーと、袖口のボタンでライナーを取り外しすることが可能。
秋や春はアウターとして◎ 冬はボアライナーを付けて◎
3シーズン対応することが出来る優れたアイテムとなって登場!!

火の粉に強い『綿リップ防風防寒2WAYジャケット』の魅力 2020年モデルは新色・Sサイズが登場

2020年秋冬モデルはクレイジー柄に大注目!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2019年モデルでは「マットブラック」「サンセットオレンジ」「ダークグリーン」のシンプルなカラー3色のみでした。

2020年モデルでは従来のカラー3色に加え、「クレイジーサンド」「クレイジーボールド」「クレイジーデニム」といったクレイジー柄が3色追加され、計6色展開となりました。

お店で見つけた時、筆者はクレイジーサンド柄に一目ぼれしてしまい即買いしてしまったんです。

このカラーリングは、街中でもキャンプ場でもかなり目立ちそうですよね。

画像: 筆者撮影 左2019モデル 右2020モデル

筆者撮影 左2019モデル 右2020モデル

クレイジーパターンとは、様々なカラーや柄を組み合わせて作ったもののことです。非常に個性的なデザインが生まれるのが特徴です。

見比べてみると、従来のツートンカラーに比べ、かなり個性的なデザインになっているのではないでしょうか。

レディース撥水マウンテンパーカーにもクレイジー柄が登場しているので、こちらも必見です!

画像3: 【ワークマン】防風防寒ジャケット『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒2WAYジャケット(WM3635)』レビュー
LJ001L レディース撥水マウンテンパーカー | 作業着のワークマン公式オンラインストア
レディース撥水マウンテンパーカー
タウンユースからアウトドアまで、あらゆるシーンで活躍する撥水マウンテンパーカー。
大きなポケットがあるから、小物や貴重品を入れるのに便利◎

Sサイズが追加され、ワークマン女子も着やすくなった

画像1: 筆者撮影 左2020モデル 右2019モデル

筆者撮影 左2020モデル 右2019モデル

身長177cmの筆者はLLサイズを着用しています。

2019年モデルではM~4Lの5サイズ展開でしたが、2020年モデルでは女性に嬉しいSサイズが追加され、S~4Lの6サイズ展開となりました。

ワークマンでは女性向けのSサイズモデルが増えてきています。サイズが増えたことにより、家族で共有したり、お揃いで着やすくなったのは嬉しいですね。

首元・袖口はしっかりと冷気の侵入を防いでくれる

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

前面のファスナーを目一杯上げれば首元までしっかりと閉めてくれるので、冷気の侵入も防ぎやすくなっています。

画像2: 筆者撮影 左2020モデル 右2019モデル

筆者撮影 左2020モデル 右2019モデル

袖口部分は、マジックテープで絞り具合を調節することができます。

2019年モデルでは袖口がリブ仕様でしたが、2020年モデルはリブがなくなっているんです。

リブ仕様のほうが冷気の侵入を防ぎやすそうですよね? どうしてこうなったのかは後ほどご説明いたします。

裏ボアが体を包み込み、保温性が抜群

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ジャケット内側には、取り外し可能なフード部分と背中側にかけて厚みのあるボアが配置されています。

このボアが高い保温性を発揮してくれるおかげで、寒い外でもかなり暖かく過ごすことができます。

『綿リップ防風防寒2WAYジャケット』2020年モデルは春・秋・冬シーズン対応に! ボアが取り外し可能

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

『DIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒2WAYジャケット』の最大の特徴は、前述の機能性に加え、春・秋・冬の3シーズン対応モデルとしてバージョンアップしたことなんです。

画像: 筆者撮影 2019モデル

筆者撮影 2019モデル

2019年モデルとの大きな違いは内側のボアライナーが取り外せるようになったこと!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ライナーを取り付ければ冬用のジャケットとして、取り外せば春秋用のジャケットとして活用できます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

このボアライナーを付けるには、まずは袖を通し、袖口のボタンループで固定します。

袖口がリブ仕様ではなくなったのは、ライナーのつけ外しをしやすくするためかと思われます。

次に、内側のファスナーで本体に取り付けます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

デザインがとても気に入っていたこの防風防寒ジャケットですが、内側にボアがついているため春や秋の羽織ものとして着るには暑すぎるといった点がありました。

今回ボアライナーの取り外しができるようになったことで、春秋の少し肌寒い季節でも羽織ものとして着ることができるようになったりました。

また、冬場のキャンプでも日中は暖かくなり上着を脱ぎたくなることもありますよね。

別々にジャケットを用意せずとも、日中はライナーを取り外しライトアウターとして使い、寒くなってきたらライナーを装着して防寒ジャケットとして使うこともできます。

火の粉に強い綿素材を採用しているので、このまま焚火を楽しむこともできますよ!

3シーズン活用&タウンユースで使える税込3,900円と高コスパのワークマン防風防寒ジャケット

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

ワークマンの『DIAMAGIC DIRECT(R)綿リップ防風防寒2WAYジャケット』は、火の粉に強い素材を採用し、キャンプで活躍できる防風防寒ジャケットです。

さらには3シーズン活用できるジャケットに進化したにも関わらず、お値段は2019年モデルと同じ税込3,900円!

クレイジーパターンは、「いつもとちょっと違うデザインを着てみたい」という人にとてもおすすめです。派手過ぎずシンプル過ぎないデザインなので、タウンユースでも使えるデザインに仕上がっています。

少しでも気になった方は、ぜひお近くのワークマンでチェックしてみてはいかがでしょうか。

画像4: 【ワークマン】防風防寒ジャケット『DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト)綿リップ防風防寒2WAYジャケット(WM3635)』レビュー
WM3635A DIAMAGIC DIRECT(R)(ディアマジックダイレクト) 綿リップ防風防寒2WAYジャケット | 作業着のワークマン公式オンラインストア
3シーズン対応に進化!!綿素材なのに耐久撥水
内側のファスナーと、袖口のボタンでライナーを取り外しすることが可能。
秋や春はアウターとして◎ 冬はボアライナーを付けて◎
3シーズン対応することが出来る優れたアイテムとなって登場!!

▼こちらのワークマン記事もチェック!▼

This article is a sponsored article by
''.