いまイチオシのギアをおぎやはぎが体験する「おぎやはぎのギアキャン」。7回目はコールマンの新製品「キャンパーインフレーターマットハイピーク」をご紹介します。厚さ10cmになる自動膨張&逆止弁つきの、これまでとはちょっと違うインフレーターマット。キャンプの寝心地に満足できないあなた、必見です!

キャンプといえばコールマン! というくらい認知度の高いアウトドアブランドのイチオシ新製品が登場

画像: photographer 吉田 達史 今回ご紹介するコールマン製品

photographer 吉田 達史
今回ご紹介するコールマン製品

言わずもがな、キャンプ道具といえばコールマンというくらい、圧倒的知名度のあるアウトドアブランド。

今回のギアキャンは、そんなコールマンの2020年の新商品「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」をご紹介します!

画像: photographer 吉田 達史 紹介してくれるのはコールマンジャパンの神田さん(左)です

photographer 吉田 達史
紹介してくれるのはコールマンジャパンの神田さん(左)です

コールマンの新商品「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」 自動で空気が入る!

コールマンの「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」は、2020年の新商品。

画像1: 【おぎやはぎのギアキャン#7】まるでベッド! コールマンの新製品「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」を体験
コールマン(Coleman) エアーマット キャンパーインフレーターマットハイピーク シングル 2000036153
極厚のフォームで最大10センチの高さを実現。アウトドアとは思えない寝心地で快適な睡眠を。
部門名: アウトドア
size:9.7centimeters*198centimeters*68centimeters
素材:ポリエステル
発売年・モデルイヤー: 2020
対象シーズン:通年
¥12,174
2020-10-30 16:06

これまでにもコールマンからは様々なインフレーターマットが発売されていましたが、「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」は一味も二味も違います。

なんと、自動で空気が入るんです!

しかも厚み10cmで、ベッドのような寝心地…!

さっそくおぎやはぎのお二人に実物を触ってもらいましょう。

画像: photographer 吉田 達史 まずは広げていただきました!

photographer 吉田 達史
まずは広げていただきました!

コールマンジャパン・神田さん

こちら、コールマンの「キャンパーインフレーターマットハイピーク」という商品です。

矢作さん

インフレーターマットって、なんですか?

コールマンジャパン・神田さん

空気を中に供給して物を膨らませる商品のことを「インフレーター」と言います。

こちらは、その機能を搭載した寝袋の下に敷くマットです。

小木さん

なるほど!寝袋の下に敷くんだ!

画像: photographer 吉田 達史 空気を入れる前の触り心地を確認する小木さん

photographer 吉田 達史
空気を入れる前の触り心地を確認する小木さん

矢作さん

どうやって空気を入れるんですか?

コールマンジャパン・神田さん

矢作さんが持っているバルブの部分を開けておけば、このまま放置するだけで半自動で空気が入っていきます

中に圧縮されたウレタンフォームが入っているので、空気が入ることで元の大きさに復元していく仕組みです。

そう、この「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」は、電池や特別な道具は一切不要で勝手に膨らんでくれるのです!

筆者は以前空気入れを使うタイプのエアーマットも使用していましたが、インフレーターマットは自動膨張してくれるので、忙しいキャンプでも余計な手間が省けていいですよね。

画像1: photographer 吉田 達史

photographer 吉田 達史

矢作さん

これ、もっと膨らむ?

コールマンジャパン・神田さん

もっともっと膨らみます!5〜10分くらいでパンパンになりますよ。

小木さん

シワがなくなるくらいまでいくんでしょ?

コールマンジャパン・神田さん

なくなります!ピンと張った状態になります。

コールマン初導入の「逆止弁」構造で、空気を入れるのも抜くのもより簡単に!

画像2: photographer 吉田 達史

photographer 吉田 達史

まだまだイチオシポイントがあります。

まず、「キャンパーインフレーターマット ハイピーク」は、なんと逆止弁付き!

画像: photographer 吉田 達史 逆止弁部分を押す矢作さん

photographer 吉田 達史
逆止弁部分を押す矢作さん

コールマンではこれまでにもインフレーター式のマットがありましたが、逆止弁付きは今回が初めて!

コールマンジャパン・神田さん

逆止弁(=逆流を防ぐ構造)があることで、空気を入れるときは空気が漏れないように、逆に空気を抜きたいときは入らないような構造になっています。

逆止弁があることによって、使用後の空気を抜く作業の最中に「少しずつ空気が入って膨張してジャマになる」ということもありません。これは本当に便利!!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.