今回は筆者が普段愛用しているソロテント・FIELDOOR「パップテントT/C300」という軍幕型のテントについて紹介していきます。様々なブランドから出ているパップテントの中で、自分なりに比較して選んだこちらのテント。ポリコットン製で、焚き火好きにもおすすめです。それでは、「パップテントT/C320」のレビューをどうぞ!

【フィールドア「パップテント320」のおすすめポイント③】テント内のスペースを有効活用できる!

画像5: 筆者撮影

筆者撮影 

三つ目におすすめしたい点は、二股ポールが使われていることにより、テント内のスペースが広い点です。

こちら、一見地味に思われますが、このスペースがとても便利です。

私はインナーテントの前にブランケットを敷いて地べたで過ごすスタイルなのですが、この空いている両脇のスペースに大きいダッフルバッグを置いて、枕代わりにして寝転がったりできます。

また、もう一方のスペースも空いているので、足を伸ばせる点が気にいっています。

他のパップテントですと、この両脇のポールが直線になっているので、このスペースはありません。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影 

写真のように、全ての面を開閉することが可能なのもメリット。

先ほど紹介した難燃性の焚き火用タープとしても使うことができたり、暑い夜は両サイドを開いて通気性を良くしたりと、工夫次第で多種多様に使うことができます。

【フィールドア「パップテント320」のおすすめポイント④】冷気を阻むスカート付きで冬キャンプも安心

画像7: 筆者撮影

筆者撮影 

最後におすすめしたいのは、これから段々と寒くなってくる時期に嬉しい、スカートがついている点です。

このスカートと呼ばれる余った布の部分があることのメリットとして、地面との隙間から入ってくる冷気の侵入を防いでくれる機能があります。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影 

私は、寒い時期には寝る前に全ての面を閉めて中をヒーターで温め、コットを使い地面からの冷気を防ぎながら寝ようと考えています。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影 

このスカートがあることが前提になりますが、テント自体がソロ用で小さいので、小型ヒーターでも十分に温められると思います。

もしお金に余裕があれば、電気毛布と持ち運びの出来るバッテリーを用意して、使ってもいいかもしれません。

※もちろん、ストーブなどを使う場合は一酸化炭素中毒には気を付けなければなりません。

寒い時期は虫もあまりいないため、快適に過ごせます。また、星空がきれいに見えるので、暖かい時期のキャンプとはまた違った楽しみがあります。

もしも冬のキャンプを考えているのなら、このテントはかなりおすすめです。

ポリコットン製のフィールドア「パップテント320」はコスパ抜群! 最初のソロテントにおすすめ!

画像10: 筆者撮影

筆者撮影 

以上、私が今回お伝えしたかったフィールドアのパップテントの魅力になります。

夏は通気性が良く、冬は冷気を阻んでくれる。

オールシーズン使えて、かつポリコットン生地で頑丈。

ただ値段が安いだけではなく、その他のパップテントともちゃんと差別化ができている、お得なテントであることは間違いないと思っています。

ソロキャンプを始めようと考えている方に最初のソロテントとして、胸を張ってお勧めできるテントです。

画像4: フィールドア「パップテント320」を徹底レビュー! ポリコットン製で小雨でも使えるおすすめテント
FIELDOOR パップテント320 【T/C カーキ】 ポリコットン 二又ポール インナーテント付属 吊り下げ式 スカート付 ミリタリー ソロ ソロテント 焚火 難燃 遮光 撥水
¥19,700
2020-10-15 22:57

▼ソロテントはこちらもチェック!

This article is a sponsored article by
''.