キャンプで明かりを灯す『ランタン』。ランタンには灯油やガソリンなど液体燃料を使うもの、ガスを使うもの、そしてLED(発光ダイオード)を使ったものがあります。液体燃料やガスランタンは炎による柔らかい明かりが魅力ですが、最近の『LEDランタン』も負けてはいませんよ〜! 今回は、『LEDランタン』の中でも、アウトドアライターおすすめのものをご紹介します。これから『LEDランタン』を購入する予定のある方はぜひ参考にしてくださいね。

取り扱いが簡単で安全&キャンプサイトをおしゃれに照らす 『LEDランタン』は初心者キャンパーに◎

画像: 取り扱いが簡単で安全&キャンプサイトをおしゃれに照らす 『LEDランタン』は初心者キャンパーに◎

初心者でも扱いやすい『LEDランタン』。ここでは、おすすめの『LEDランタン』をご紹介します。『LEDランタン』といっても、いろいろな種類がありますので、ひとつひとつ詳しくお伝えします!

【おすすめLEDランタン①】BAREBONES(ベアボーンズ)『ビーコンライトLED』 ライトは柔らかく明るい

画像1: 【LEDランタン4選】キャンプサイトをおしゃれに照らすおすすめLEDランタンをご紹介!
ベアボーンズ(Barebones) ビーコンライトLED2.0 レッド 20230005004000
サイズ:H15.2×W7.6cm、重量:127g、材質:スチール、プラスチック、ゴム
使用電球:Cree社製LED球3W×1、明るさ:30~220ルーメン、連続点灯時間:(LOW)200時間、(MID)5~6時間、(HI)3時間(連続点灯時間は、気温や使用環境により変動します。)
充電時間:4~5時間
防水性:IPX4(防沫形)
付属品:2200mAHリチウムイオン電池(内蔵)
¥5,940
2020-10-13 16:32

柔らかく明るいLEDランタンを探している人にぴったりなのが、BAREBONES(ベアボーンズ)の『ビーコンライトLED』です。

小型のLEDライトなので持ち運びも楽ちん。調光機能を備えているので、明るく照らしたいときはもちろん、自分のキャンプサイトの雰囲気に合わせて灯すことが可能なんです。明るさは220ルーメンで約3〜200時間連続点灯ができ、連泊キャンプでも活躍すること間違いなし!

さらに上部にはカラビナを装着できるので、引っ掛けて使ったり、そのまま自立させて使ったりすることができます。

カラー展開は、レッド・ブロンズ・カッパーの3色。ご自身の好みのカラーが選べますよ。

充電式バッテリーを搭載、さらに暖色のLEDライトなので、雰囲気良くキャンプサイトを照らしたいときにおすすめです!

【おすすめLEDランタン②】SnowPeak(スノーピーク)『たねほおずき』 金属製なら取り付けが超簡単!

画像2: 【LEDランタン4選】キャンプサイトをおしゃれに照らすおすすめLEDランタンをご紹介!
スノーピーク(snow peak) たねほおずき つち ES-041BR
● 使用電源:単四形アルカリ乾電池(LR03)3本使用
● 連続点灯時間:Hi-60時間 Low-100時間
● 使用温度条件:0℃~35℃
● 照度:60 lm
● 防滴仕様:IPX4級相当
● 点灯モード:3モード(Hi-Low/Strobe/疑似ゆらぎ)+無段階調光
● 光源色:電球色相当
● サイズ:φ62×75(h)mm
● 重量:57g(電池を除く)
¥4,400
2020-10-13 16:33

SnowPeak(スノーピーク)が発売し、爆発的な人気を集めた『ほおずき』。この名を継承し小型化したのが『たねほおずき』です。

『たねほおずき』の人気の理由は、

ループ部分に備え付けられたマグネットキャッチ。金属製のものであれば簡単に付けることができるため、シーンによって最適な位置で使うことができます。車のボディにつけたり、首元からぶら下げて使ったり、テントの天井部分に吊り下げたりと、いろんな使い方ができるのが◎!

さらに2段階の光量調整機能付きなので、好みの明るさに調整できるのもポイントです。

This article is a sponsored article by
''.