キャンプで楽しく過ごす空間を『タープ』で作っている人も多いと思います。タープは少人数向けのものから大人数向けのものなどサイズが様々あり、さらに多様な形や素材のものが各アウトドアメーカーから展開されています。形が変わると使い方や特徴も変わるため、ご自身にぴったりなタープを選ぶ必要があります。今回は『タープ』の中でも、筆者がおすすめする大人数で利用できる大きなタープをご紹介します。これから購入を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

タープには種類がある! 自分の過ごしやすい環境に合わせて選ぼう!

ここではタープの種類を紹介します。タープの種類によって、メリットデメリットが異なりますよ。ポイントを抑えて自分に最適なタープを選びましょう。

居住性の高い大きいタープを求めるなら『スクリーンタープ』がおすすめ! 虫対策にもピッタリ!

画像: 居住性の高い大きいタープを求めるなら『スクリーンタープ』がおすすめ! 虫対策にもピッタリ!

『スクリーンタープ』は、自立式と非自立式の2つがあります。ドームテントのような見た目ですが、床がなく、壁面がメッシュ状になっていたり、フルクローズできるタイプもあります。。

他タイプのタープと比べると、居住性や防虫性に優れており、風を防ぐことがメリットです。しかし、収納性や開放感がやや欠けることがデメリットです。

長方形や正方形の形をしている『スクエアタープ』 開放感を求めつつ大人数で利用する人にピッタリ!

画像: 長方形や正方形の形をしている『スクエアタープ』 開放感を求めつつ大人数で利用する人にピッタリ!

『スクエアタープ』は、別名『レクタタープ』とも言われている、長方形や正方形の形をした非自立式のタープです。

非自立式タープの中では、最も大きな空間を作り出せることができ、開放感を感じられるのがメリット。しかし、設営に時間がかかることや収納性に欠けることがデメリットと言えます。

アレンジ性が高い『ヘキサタープ 』 設営後の見た目を美しくしたい人におすすめ!

画像: アレンジ性が高い『ヘキサタープ 』 設営後の見た目を美しくしたい人におすすめ!

『ヘキサタープ』は、六角形の形をしたタープのことを言います。2本のポールを使い、ロープをペグダウンするだけで設営が可能で、収納性に優れていることが特徴。しかしスクエアタープやスクリーンタープに比べると、居住スペースが狭いことがデメリットと言えます。

ウイングタープ

ヘキサタープと似ている『ウイングタープ』は、六角形ではなくひし形なのが特徴。軽量タイプが多く持ち運びしやすいことや、ロープの張り方を変えると多様なアレンジができるのがメリットです。

ただ、面積が狭いため大人数キャンプにはやや不向き。ソロキャンプやデュオキャンプなどで利用されることが多いタープです!

大人数キャンプに最適! 居住スペースが大きいおすすめの『タープ』をご紹介

画像: 大人数キャンプに最適! 居住スペースが大きいおすすめの『タープ』をご紹介

ここからは、大きなサイズのおすすめの『タープ』をご紹介します。大人数キャンプ用に購入を考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね!

【おすすめのタープその1】LOGO'S(ロゴス)『スペースベース・デカゴン-BJ』

画像2: 【大人数でも使えるタープ】大きいタープが欲しい人必見! おすすめタープをご紹介
ロゴス(LOGOS) スペースベース・デカゴン-BJ 71459306
総重量:(約)30.0kg
サイズ:(約)幅610×奥行570×高さ295cm
収納サイズ:(約)幅147×奥行37×高さ37cm
主素材:[フレーム]グラスファイバー [キャノピー]スチール [フライシート]難燃性ポリオックス(耐水圧1600mm、UV-CUT加工) [メッシュ]ポリエステル
PANEL SYSTEM採用。連結用タープ付き。
¥218,900
2020-10-07 10:28

「10人くらい収容できる大きなタープが欲しい」という方におすすめなのが、LOGO'S(ロゴス)の『スペースベース・デカゴン-BJ』です。

約10人分のテーブルやチェアを置いてもスペースに余裕があるくらい大きいのが特徴。さらに、組み立てに慣れると約5分程度で設営できるのもポイントです。

ただ、お値段がやや高価なこと、総重量が30kgと重いことがデメリット。価格や重量を気にせず、とにかく大人数が過ごすスペースを確保したいという方におすすめです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.