こんにちは。フリーライターのハマです。家にずっとこもって仕事をしているとなんだか息がつまってしまいますよね。アウトドア好きなハピキャン読者の皆さんだからこそ、「自然を楽しみながら仕事もできる」、そんな場所があれば生産性もきっと高まるに違いありません。そこで今回から【東日本編】と【西日本編】のふたつに分けて、今話題のワーケーションができるスポットについてご紹介していきます! しかも今回ご紹介するのは、「アウトドア」も同時に楽しめるスポット。ぜひワーケーションの参考にしてみてくださいね!

そもそもワーケーションって? 「ワーク」と「バケーション」の造語

リモートワークが増えてきたことにより注目を集めているのが、ワーケーションです。

ワーケーションとは、「ワーク(仕事)」と「バケーション(休暇)」を組み合わせた造語。仕事と遊びをうまく組み合わせ、満足度の高い時間を過ごそうという考え方です。

とはいえ、ワーケーションに適した場所はどんなところがあるのでしょうか?

アウトドアとの距離感が近い宿泊施設「LivingAnywhere Commons」がおすすめなワケ

画像1: 画像提供:LivingAnywhere Commons

画像提供:LivingAnywhere Commons

今回はワーケーションにオススメなスポットとして、「LivingAnywhere Commons」(以下、LAC)に注目しました。

LACは月額2.5万円で全国の対象拠点に好きなだけ宿泊できる、最近人気のサブスク型宿泊サービスです。”LivingAnywhere(好きな場所でやりたいことをしながら暮らす生き方)”をキーワードに、場所や仕事やインフラなど、あらゆる制限から解放される社会を目指し、その拠点を全国に広げています。

LACではWi-fiとワークスペースを完備。自然豊かな立地でアウトドアとの距離感が近いのが魅力なので、ワーケーションをしながらアウトドアも楽しみたい方におすすめです。

この記事では、東日本にあるLAC拠点をまとめてご紹介します!

1)自然に囲まれてバンライフが楽しめる! 「LivingAnywhere Commons八ヶ岳」

画像2: 画像提供:LivingAnywhere Commons

画像提供:LivingAnywhere Commons

山梨県にあるLivingAnywhere Commons八ヶ岳北杜(以下、LAC八ヶ岳北杜)は八ヶ岳からほど近く、標高1,000mに位置する施設です。

他のLAC施設と大きく異なるのは、最大10サイトの利用が可能なオートキャンプ場で悠々自適なバンライフを楽しめる点。さらにLAC八ヶ岳北杜は、衣食住だけでなく電気やガスなどインフラの制限を受けない生活を目指しています。

現在は2023年に向けた100%オフグリッド(自然エネルギーを電力に変えて使用すること)の実現だけでなく、

  • 鳥小屋
  • コンポスト

など、宿泊者にも協力してもらいながら設備拡充に努めているとのこと。エコシステムやパーマカルチャーに興味のある方にもオススメな施設です!

LAC八ヶ岳北杜の基本情報

  • 所在地:〒409-1502 山梨県北杜市大泉村谷戸5460
  • アクセス:中央自動車道 長坂ICより車で約15分 JR中央本線 小淵沢駅よりタクシーで約20分
  • Wi-fi:あり
  • 電源:あり
  • 公式サイト:https://livinganywherecommons.com/base/yatsugatake/

ハマのおすすめポイント

画像1: ハマ

ハマ

八ヶ岳周辺は水がキレイなので、日本酒・ワイン・ビール・焼酎・ウイスキーなど、様々な美味しいお酒を楽しめます!

LAC八ヶ岳北杜周辺のアウトドア/キャンプスポットを紹介!

■乗り入れOK! 「八ヶ岳オートキャンプ場」

『八ヶ岳オートキャンプ場』は、八ヶ岳高原の自然豊かな森林の中でゆったり過ごせるキャンプ場。テントサイト18区画とログハウス・コテージ6棟、いずれも車での乗り入れが可能です。

八ヶ岳オートキャンプ場

所在地:〒408-0201 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1936
電話:0551-36-4228
電源:有料(500円)
公式サイト:https://www.yatsugatake-autocamp.com/

■オシャレなコテージでのアウトドアが楽しめる! 「PICA八ヶ岳明野」

『PICA八ヶ岳明野』は、キャンプだけでなく、コテージやキャビン施設も充実しています。ドッグランがあるので、ワンちゃんも連れて楽しめますよ。

PICA八ヶ岳明野

所在地:〒408-0201 山梨県北杜市明野町浅尾5260-5
電話:0551-25-4451
電源:コテージ、キャビンのみあり
公式サイト:https://www.pica-resort.jp/akeno/index.html

2)機能性の高いワークスペースが魅力! 「LivingAnywhere Commons富士吉田」

画像3: 画像提供:LivingAnywhere Commons

画像提供:LivingAnywhere Commons

山梨県にあるLivingAnywhere Commons富士吉田(以下、LAC富士吉田)の魅力は、機能性の高いワークスペースです。

  • ミーティングルーム
  • 大型ディスプレイやホワイトボード
  • フォンブース(防音機能を備えた部屋)

など、仕事に使える便利なサービス&設備がたくさん用意されています。

宿泊施設は、コワーキングスペースから徒歩5分の「御師の家」(古くより富士山を目指して訪れた人々をもてなすための家)や、温かみのあるゲストハウスなど、複数の宿から選べます。

LAC富士吉田の基本情報

・所在地:〒403-0017 山梨県富士吉田市新西原1-7-12 新西原ビル3F
・アクセス:富士急行線「富士山駅」より徒歩5分
・Wi-fi:あり
・電源:あり
・公式サイト:https://livinganywherecommons.com/base/fujiyoshida/

ハマのおすすめポイント

画像2: ハマ

ハマ

ワークスペースと宿泊スペースが分かれているので、仕事とプライベートのメリハリが付けやすいです!

LAC富士吉田周辺のアウトドア/キャンプスポットを紹介!

■子どもが喜ぶ可愛いテントやツリーハウスがある!「PICA富士吉田」

PICA富士吉田には「マッシュルームパオ」と呼ばれる可愛らしいテントでの宿泊が可能です。敷地内にはツリーハウスもあるので、子どもたちもいっぱい楽しめます。

PICA富士吉田

所在地:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田4959-4
電話:0555-24-4343
電源:コテージ、一部テントサイトにあり
公式サイト:https://www.pica-resort.jp/yoshida/index.html

■敷地内の小川で水遊びが楽しめる! 「サブ・フィールド」

サブ・フィールドの特徴は敷地内にある小川。サワガニやイワナ、ヤマメなどが生息しており、家族みんなで水遊びが楽しめます。

サブ・フィールド

所在地:〒403-0001 山梨県富士吉田市上暮地8丁目5-32
電話:0555-24-0245
電源:コテージのみあり
公式サイト:https://www.sub-field.com/

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.