「マレットゴルフ」というスポーツをご存じですか? 定番のゴルフとルールはほぼ同じですが、使う道具が少し違います。日本で考案されたスポーツで、子供から大人まで楽しめるのが魅力。特に長野県で人気のスポーツです。筆者は以前から興味があり、ようやく念願かなって体験できました。今回はその模様をお伝えします。

マレットゴルフは日本生まれ! 長野県でさかんな老若男女が楽しめるローカルスポーツ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

マレットゴルフ」という名前を初めて聞く方も多いのでは? 

あまりメジャーではないものの、全国大会や全日本選手権大会なども行われる、知る人ぞ知るスポーツです。

参考:一般財団法人日本マレットゴルフ協会(https://www.jm-ga.jp/

マレットゴルフは日本生まれの生涯スポーツ! 老若男女が楽しめる

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

マレットゴルフは1977年(昭和52年)に福井県福井市の職員が考案した、日本生まれのスポーツ。

老若男女問わず手軽に楽しめるレクリエーションとして、徐々に地域住民に広まった歴史があります。

その後、長野県でさかんに講習会などが行われ、同県で特に普及が進み、ローカルスポーツとして人気に。

長野県内には、各地にマレットゴルフ場があるほか、公園内や河川敷などに整備されたコースが多く見られます。

マレットゴルフで使う道具は専用のスティックとカラーボール ボールが大きめで打ちやすい!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

マレットゴルフのマレットには、「木づち(mallet)」の意味があります。

ちなみにマレットといえば、イギリス発祥のスポーツ「POLO(ポロ)」で使われる、柄の長いT字型のスティックもありますよね。

画像: 123rf ポロのマレット

123rf
ポロのマレット

POLOは馬に乗りながら行う、ホッケーに似たスポーツで、マレットを使ってボールを相手チームのゴールに入れる競技です。

画像: 123rf ポロの様子

123rf
ポロの様子

マレットゴルフでは、木製ではなく、POLOのマレットに似た、金属製の「スティック」と呼ばれる道具を使います。

マレットゴルフの名称には、「マレットを使ってプレーするゴルフ」の意味があり、なんだかPOLOに通ずる部分があるスポーツだという印象です。

考案された当時は、ゲートボールで使うスティックとボールで代用していたようですが、現在は専用の道具が開発され、通販サイトなどでも購入が可能です。

画像1: 【体験レポ】ご当地スポーツ「マレットゴルフ」に初挑戦! 使う道具やルールも紹介
マレットゴルフ スティック RUNFASS ランファス 入門用特選4点セット マレットゴルフクラブ :s302:生涯スポーツ応援団 ヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
【セット内容】■クラブマレットゴルフ・クラブ S-302※シャフト全長は70cm/75cm/80cmからお選びください。(ヘッド天面〜グリップエンド)ヘッドスペック・ヘッドサイズ:φ50x180mm ・重量:685g(75cm) ・ヘッド素材:高力アロイ ・フェイス素材:アルミアロイシャフトスペック ・シャフト素材:アルミアロイ(16Φ)・グリップ:G25パワーグリップ(25Φ)■ランファス マレットゴルフクラブケース M-28※お好みのカラーをお選びください。スペック・サイズ:ヘッド20cm、シャフト80cmまで収納可能・素材:ナイロン■ランファス マレットゴルフ 単色ボール M-01※お好みのカラーをお選びください。全日本マレットゴルフ連盟・日本マレットゴルフ協会認定品

マレットゴルフで使うボールは、直径75mmと大きめです。ソフトボールより一回り小さめのサイズ感。

そのため、通常のゴルフボールよりも打ちやすいです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ボールの色はオレンジ、ピンク、イエロー、ブルーなどカラフルなのが特徴。

プレーヤー同士、色が重ならないようにボールをチョイスします。

画像2: 【体験レポ】ご当地スポーツ「マレットゴルフ」に初挑戦! 使う道具やルールも紹介
マレットゴルフ ランファス RUNFASS マーブルボール M-02 マレットゴルフ 用品 :M02:生涯スポーツ応援団 ヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
・材 質:合成樹脂 ・重 量:220g〜230g ・サイズ:直径75mm(±0.5mm)●全日本マレットゴルフ連盟公認球(マーク入り)

マレットゴルフのルールは一般的なゴルフとほぼ同じ! 少ない打数でカップインすることを競う

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

マレットゴルフのルールは、一般的なゴルフのルールとほぼ同じ

スティックを使ってボールを打ち、できるだけ少ない打数で、旗の立っているゴールホールにカップインさせたプレーヤーの勝ちです。

▼詳しいルールは日本マレットゴルフ協会のWebサイトにも掲載されています!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

マレットゴルフでは、インコース・アウトコース、合わせて18ホールあり、1ホールのPAR(規定打数)は、平均で3~5打が一般的。

1ホールは数十メートル程度で、プレーヤーの人数にもよりますが、60~90分程度で全ホール回れるくらいのお手軽スポーツです。

さほどパワーや体力を必要としないので、子供から高齢の方まで一緒に楽しめるのが魅力。

また、一般的なゴルフよりもプレー料金が安価で、場所によっては無料でできるのもうれしいポイントです。

ここからは、筆者が実際にマレットゴルフを体験したときの様子を紹介します。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.