こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。テントの設営撤収が楽になれば、キャンプで楽しむ時間が増えるのに・・・と思ったことはありませんか?あります、楽になるテントがあるんです!空気で膨らむデカトロンのエアーテントは、劇的に設営が簡単になります。実際に張ってみたレポをぜひご覧ください。

ファミリーテントの設営は面倒くさい? 悩みを解決するデカトロンのエアーテント

画像1: 著者撮影

著者撮影

一般的な2ルームテントの設営はというと、グランドシートを敷いて、たくさんあるポールを組み立てて、フライシートに通したり、インナーテントを吊り下げたりと工程が多いです。特にポールは種類や本数も多く、しかも長いためテントに通す時に苦労した人も多いのでは?

今日ご紹介するデカトロンのブランド、ケシュアのエアーテントは、そんな悩みをまるっと解決する空気注入式のテント。今までかかっていた時間をぐーんと節約できちゃうのです。

ケシュア「エアーテント AIR SECONDS FAM 5.2 XL」 4つの良い点

画像1: テントの設営が神的に楽すぎる! デカトロンQUECHUA (ケシュア)の「エアーテント AIR SECONDS FAM5.2 XL」を張ってみた
QUECHUA (ケシュア) キャンプ ファミリーテント エアーテント AIR SECONDS FAM 5.2 XL F&B - 5人用 2ルーム
2つのベッドルームとゆったりとしたリビングスペースを備えた5人用テント。2~3人用ルーム×2、ゆったりとしたリビングスペース、大きなドア。“涼しさ”と“暗さ”を実現するFRESH&BLACK素材。5年間保証。
¥74,900
カラー: スノーホワイト

設営・撤収が簡単!

ケシュアのエアーテントは、メインの支柱が空気注入式になっています。3か所ポンプで空気を注入するだけで、初心者でも簡単に設営できちゃうんです。

我が家は他に2ルームテントを保有していますが、設営にかかる時間は約半分の20分ほどでした(夫は設営のベテランですので、普通のキャンパーさんですと30~40分と想定した方がいいかもしれません)。

撤収時はバルブを開けるだけで、みるみるしぼんでぺったんこに。設営も撤収も楽々なのです。設営撤収については、後半で詳しくご紹介します。

とにかく広い!

画像2: 著者撮影

著者撮影

今回のケシュアのエアーテント「AIR SECONDS FAM 5.2 XL」は5人用の2ルーム。(他に4人用のワンルーム、6人用の3ルームがあります。)こちら5人用とのことですが、かなりの広さがあるんです。身長170cmの夫でも、天井までかなり余裕があります。リビング部分で高さ214cm、寝室部分で180cmもあります。

画像3: 著者撮影

著者撮影

リビング部分がごちゃごちゃしていてお見苦しいですが・・・大型コンテナボックス、ラック、そして子供がごろごろと寝ころべるゆったりとしたスペースです。我が家は今回、外にオープンタープを張ってしまったのですが、タープを張らずにこちらにテーブルとチェアを置いてもよかったかもしれません。

専用の厚みがあるグランドシートが付属してくるんですが、リビング部分をすっぽりと覆ってくれるため、こんなふうにお部屋のようにくつろげます。

画像4: 著者撮影

著者撮影

グランドシートは端が立ち上がっているため、砂や虫の侵入も防ぎやすく、雨の時も浸水しづらい構造になっています。こちらはテントと接続したままにしておけば、設営撤収時もそのまま広げるだけでいいのでとても便利でした。

寝室が遮光使用で、真っ暗に!

夏のキャンプ、早朝に日光が強すぎて目が覚めてしまったことも。このテントは遮熱&遮光の“FRESH&BLACK”という素材を使用しています。なんと寝室部分は昼間でも99%の暗さを実現。こちらは寝室の入口です。開けてみましょう。

画像5: 著者撮影

著者撮影

寝室の入口は左右2か所にあり、左を開けたところです。昼間なのに真っ暗なのがおわかりでしょうか。これなら朝寝坊できるくらい、光を気にせずに寝られます。寝室の間にはカーテンが付いていて、開ければ広く使うことも可能です。

画像6: 著者撮影

著者撮影

寝室にはベンチレーションもあります。もちろん虫が入らないようにネットになっています。全部開けると明るくなりすぎたので、我が家は半分くらい開けて就寝しました。

この寝室部分もフライシートに接続したままにしておくと、撤収も設営時もとても楽ですよ。

使う人のことを考えたポケットやランタンフックなど便利な機能が嬉しい!

他にも「かゆいところに手が届く・・・!」というような細かな機能がたくさん。たとえば、寝室の前面に付けられたウォールポケット。中央の赤いラインの所がポケットになっています。

画像7: 著者撮影

著者撮影

寝室部分にもポケットが。迷子になりがちな、寝袋の袋を入れておけたりととても便利。

画像8: 著者撮影

著者撮影

さらにランタンなどを引っかけられるフック。この日は暑かったので、ミニ扇風機を上に取り付けたら、とても快適でした。

画像9: 著者撮影

著者撮影

画像2: テントの設営が神的に楽すぎる! デカトロンQUECHUA (ケシュア)の「エアーテント AIR SECONDS FAM5.2 XL」を張ってみた
【2020年最新改良版】 KEYNICE usb扇風機 卓上扇風機 クリップ 充電式 ミニ扇風機 超強風 静音 風量4段階調節 360度角度調整 長時間連続使用 LEDライト機能付き ネイビー
❉彡【卓上&クリップ&吊下げ&壁掛けの4way仕樣】クリップ式で様々なところに挟んで使用が可能です!クリップの底面部には、台座として使えるように滑り止めが付いており、卓上に置いても使用が可能です!本体底面に吊り下げ用フックがあり、テント内に吊り下げて使用が可能です。壁掛け用フック穴が本体底面に設置してあり、壁に掛けて使用することも可能です。
❉彡【360度回転&風量4段階調節】手動で左右、上下を360度調整が可能、様々な角度から気持ち良い涼しい風が吹きます。風力は4段階で切り替え可能。使用時はお好みに合わせて自由に風量を調節できます。扇風機にはLEDライトが付いており、明るさを2段階に切...
¥2,480
2020-08-21 10:27

リビング部分には、なんと透明の窓も付いています。トンネル型テントは、どうしても暗くなりがちですが、これなら明かりを得ることができます。

画像10: 著者撮影

著者撮影

ケシュア「エアーテント AIR SECONDS FAM 5.2 XL」 実際に設営してみました

画像11: 著者撮影

著者撮影

それでは実際に設営した様子をご覧ください。キャリングケースの内側に、絵で丁寧に描かれた設営手順があるので、確認しながら設営できます。

画像12: 著者撮影

著者撮影

まずはテントを設営したい場所に置きます。グランドシートはフックで一体型になっています。

画像13: 著者撮影

著者撮影

前後4か所をペグダウンして固定します。

画像: 著者撮影。黄色の部分が後方になります。

著者撮影。黄色の部分が後方になります。

そしていよいよポンプで膨らませます。ポンプは別売りなので、購入時は忘れずに!

画像3: テントの設営が神的に楽すぎる! デカトロンQUECHUA (ケシュア)の「エアーテント AIR SECONDS FAM5.2 XL」を張ってみた
QUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング ハンドポンプ 5.2L - 7psi(エアーテント・エアーマット用)
すばやく効率的に空気入れができるポンプ。QUECHUA(ケシュア)インフレータブルテント(エアーテント) とエアーマットレスに対応。

赤い注入口が3か所あります。バルブを開けて、ポンプのホースをセット。

画像14: 著者撮影

著者撮影

すると次男がやってきました。「僕もやる~!」家族で設営できるという楽しさもありますね。

画像15: 著者撮影

著者撮影

メーターにテントのマークが書かれた数値7まで、ポンプをシュコシュコ。

画像16: 著者撮影

著者撮影

圧力が増すと子供では無理なので、大人の力が必要です。

画像17: 著者撮影

著者撮影

このように空気を入れるだけで、みるみる自立していきます。空気がしっかり入ったフレームはパンパンに固く、悪天候でもしっかりとテントを支えてくれそうです。

画像18: 著者撮影

著者撮影

3本入れ終わったら、その根元を6か所ペグダウンします。正面に金属のポールを入れます。

画像19: 著者撮影

著者撮影

リビング部分にも、ポールを入れます。

画像20: 著者撮影

著者撮影

最後にロープを張ります。この日は林間サイトで風がほぼなかったため、全部のロープは張らずに、テント後部のベンチレーションを広げるためのロープだけ張りました。

画像: 著者撮影。テント後部のロープを張ると、ベンチレーションの効果が発揮されます。

著者撮影。テント後部のロープを張ると、ベンチレーションの効果が発揮されます。

最後に前方2か所にペグダウンすれば、テントの完成です!

画像21: 著者撮影

著者撮影

本当にあっという間にテントが完成してびっくりでした。よくキャンプ場で、初心者キャンパーさんが2ルームの設営に苦労している姿を見るのですが、たいてい種類が多くて長いポールの扱いに困っていることがほとんど。

ケシュアのエアーテントなら、とにかく空気を入れてしまえば大体の形が整うので、初めてのテントとしても強くおすすめしたいです。

ちなみに撤収時は逆の手順をすればいいだけ。バルブを開けると、あっという間にテントがしぼみます。

画像22: 著者撮影

著者撮影

あとは端から、テントに体重を乗せて畳んでいきましょう。

画像23: 著者撮影

著者撮影

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.