海や湖の近くのキャンプ場に行きたくなる、水遊びが楽しい季節がやってきました。水遊びがお好きな皆さんに、特におすすめしたいアクティビティが「SUP(スタンドアップパドルボード)」です。今回はSIJ公認SUPインストラクターのYUKIが、その魅力を独自の目線で詳しくお伝えしていきます。

【SUP(サップ)基本情報】最近話題のボードの上に立ってパドルを漕ぐ水上アクティビティ!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

SUP(サップ)の基礎知識 SUPは「スタンドアップパドルボート)の略称!

Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)、略して「SUP」。

ハワイ発祥の水上アクティビティで、名前の通り、ボードの上に立ち、パドルで漕ぐ、サーフィンとカヌーを合わせたようなものです。

画像1: 筆者

筆者

SUPで使うボードの見た目はサーフボードをかなり大きくしたような形状。ボードには浮力があり、ほとんどの方がすぐ立って楽しむことができます

水上アクティビティと聞くと、スポーツが苦手な方は、ちょっと引いてしまうかもしれません。

しかし、ボードの上に座ったままや、膝立ちでもパドルを漕いで簡単に移動できるので、必ず立たなければいけないと言うわけではありません。

画像2: 筆者

筆者

お子様やお年寄り、わんちゃんも、家族みんなで簡単に楽しめるのがSUPの特徴です。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

SUP(サップ)で使うボードは大きく分けて2種類 インフレータブル or ハード

SUPの種類は、空気を入れて膨らます「インフレータブル」と、サーフボードの様な硬い素材でできた「ハード」の2種類があります。

【インフレータブルボード】

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

インフレータブルは、空気を抜けば、専用のリュックに入るコンパクトさが特徴。車の空いたスペースに入れられるので便利です。

空気は手動ポンプ、電動ポンプの2種類で入れることができます。

画像3: 筆者

筆者

電動ポンプは、車のシガーソケットに繋げば、簡単に膨らますことが可能です。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

【ハードボード】

ハードボードは、コンパクトにはなりませんが、車の上に積んでおくことで、しまう手間が省けます。

この2種類の中でも、嗜好や遊び方によって適したサイズや形状、浮力は様々。

画像4: 筆者

筆者

どれを選ぶべきかは迷いどころですが、家での収納や、持ち運びのしやすさの点から、私はインフレータブルが便利で愛用しています。

▼筆者おすすめのインフレータブルボードはこちら

画像1: 【初心者】「SUP(サップ)」の楽しみ方や乗り方のコツを公認インストラクターが解説! 便利なおすすめアイテムも要チェック
サマーセール・ポイント10倍! 【7月26日21:00〜8月2日11:59まで】SOUYUSTICK ソウユウスティック DRIFTER ドリフター 9'8" (OLIVE) SUP インフレータブル パドルボード サップ [大型商品送料別途] : [206_SUP]
■商品情報■ SKYWALK 9’8”をベースに幅を出すなど全体的にボリュームを持たせたDRIFTER 9’8”。体重がある人、大柄な人で「短めのボードに乗りたい!」という人にオススメです。また、釣りやキャンプを楽しむために大きめの荷物を積載したい・・・でも短めのボードが良いという人にもオススメです。重量:約10.8kg長さ:9'8"(2.94m) 幅: 85cm厚さ:約12cmボリューム:220L 推奨するライダーの体重範囲:120 kgまで Boxes(フィンボックス):トライフィン 付 【ご注文前にご確認ください】 ※在庫には店頭展示品も含まれております為、稀にキズ・汚れ等がある場...
¥ 140,800
2020-07-31 15:46

【SUP(サップ)楽しみ方】初心者はボートの乗り方を覚えるクルージング 慣れてきたらヨガや釣りも

SUPとは何かわかったところで、様々な楽しみ方をご紹介。

SUPの特徴は、大きくて浮力のある安定したボードで、初心者さんでも立ちやすいというところ。

カヌーと大きく違うのは、

  • 立った姿勢で移動でき、その目線で周りを見渡せること
  • ボードの上で真っ直ぐ寝転べること

だと私は思っています。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

SUPの上に立って水上を移動するのは、水上を歩いてるような感覚で、その高い目線から見られる神秘的な景色はなんとも言い難いもの。

SUPで寝転ぶ感覚もまた、立つ感覚とは少し違って、どちらもまさに非現実を味わえる瞬間です。

SUP(サップ)初心者がまず挑戦するのは「クルージング」

SUPで最初に楽しんでいただくのは、クルージングです。

まずは座り姿勢から膝立ち、そして立ち姿勢へと順番に慣れていきます。

画像5: 筆者

筆者

立つのが怖い方は、もちろん膝立ちのままでOKですが、皆さんだいたい5分から10分位で立てるようになります。

SUPに慣れたら、さっそくクルージングに出発。

海や湖には近づいてはいけない場所など、さまざまなルールがあるので、まずはそれを確認してから、普段は歩いては行けない水上を、パドルを使って漕いで移動してみましょう。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

クルージングでは、浮力の高いSUPなら2人乗り(「タンデム」と言います)をしたり、わんちゃんと乗ったりすることも可能です。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

私は、子供2人を乗せて3人で楽しんでいます。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

SUP(サップ)クルージングに慣れてきたらヨガや釣りなども楽しめる!

SUPクルージングに慣れてきたら、人気のSUPヨガ等のエクササイズや、釣りサーフィンレースと幅広く楽しめるのもSUPの魅力。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

また、水面の揺れに体を合わせてバランスをとること自体が、軽いエクササイズになります。

画像6: 筆者

筆者

全身の有酸素運動なので、普段体を動かす機会のない方には、効率的な健康法としてもおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.