キャンプ場でもサンドイッチは人気メニューです。せっかく作るならインパクトのある「映える(ばえる)」サンドイッチを作って家族や仲間を驚かせてみましょう。今回は、サンドイッチをカットした際の断面にこだわりつつ、キャンプでも作れる極厚サンドイッチ「萌え断ボリュームサンド」の作り方やコツを伝授したいと思います。

極厚サンドイッチ「ボリュームサンド」は厚さが命! 人気ハッシュタグ【#萌え断】を意識するべし

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ボリュームサンドは、その厚みから「ボリュームがある」という処からの命名ですので、具材を幾重にも重ねて厚みを出すことを意識します。

また、単に分厚くするだけでなく、半分にカットした際の具材の断面の美しさも意識します。

Instagramのサンドイッチ関連で人気のハッシュタグ「#萌え断」は、カットした断面に萌えるいわゆる「断面萌え」に特化したタグで、投稿数17万件超の人気タグです。

厚みがあって、断面が美しいサンドイッチこそ、映えるボリュームサンドというわけです。

ボリュームサンドを半分にカットした際に、どのような断面になるのかを想像しながら具材を乗せてゆくのも楽しいものです。

食品ラップは必需品!ボリュームサンド作りに欠かせない道具やアイテム類

ボリュームサンドは、分厚いだけで特殊な道具や技術がなくても誰にでも作ることができますが、唯一、これがないと作るのは難しいというアイテムがあります。

【必需品】これがないとはじまらない!「食品ラップ」

ボリュームサンドは、パンで両側から大量の具材を挟み込みますので、自力で形を保持することはできません。

そのため、型崩れを防止して完成時の状態を保持させるために食品ラップが必需品です。

さらに、作る際にも具材がズレ落ちたり、倒れたりさせないためにも食品ラップがどうしても必要です。

食品ラップにも様々な種類・製品がありますが、できるだけ伸縮性に富んだラップを使うことで、緩まず型崩れを防止できます。

・NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m

ボリュームサンド作りに欠かせない食品ラップ。伸縮性のあるタイプが使いやすくサンドイッチの型崩れも防止してくれます。筆者はクレラップを使う事が多いです。

画像1: 【サンドイッチレシピ4選】インスタで大人気!「#萌え断」なボリュームサンドを作ろう
【まとめ買い】NEWクレラップ レギュラー 30cm×50m 3本パック
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :317mm×44mm×132mm
原産国:日本
内容量:3個
¥1,900 (¥633 / 個)
2020-07-20 11:51

【1人2役】味付けのためだけじゃない!「マヨネーズ」の重要な役割

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ボリュームサンドにはマヨネーズがつきものです。

それは単に味付けのためばかりではなく、幾重にも重ねる具材の「接着剤」の役割を担っているからです。

レタスやハム、トマトなどを幾重にも積み重ねると、分厚すぎて上から下までを一度に頬張ることが難しい場合もあります。

そんな場合でも、具材と具材の間にマヨネーズを置くことで、どこをかじっても美味しいサンドイッチを味わえるようにしておくわけです。

・味の素 ピュアセレクトマヨネーズ

多めにマヨネーズを使うことになるため、筆者は、酸味の強いキューピーよりマイルドな味の素マヨネーズを使っています。

画像2: 【サンドイッチレシピ4選】インスタで大人気!「#萌え断」なボリュームサンドを作ろう
味の素 ピュアセレクトマヨネーズ 400g×2個
サンドイッチにはマヨネーズを多めに使用するため、筆者は酸味の強いキューピーよりマイルドな味の素のマヨネーズを使っています。
内容量:(400g)×2個
カロリー: 【1回平均使用量大さじ1杯(15g)当たり】 エネルギー:110kcal
原材料:食用植物油脂(菜種油、大豆油、コーン油)、卵、水あめ、醸造酢(醸造酢、ぶどう酢、穀物酢、米酢)、食塩、香辛料、濃縮レモン果汁/調味料(アミノ酸)
商品サイズ(高さ×奥行×幅):205mm×54mm×77mm
¥505 (¥253 / 個)
2020-07-17 23:41

【おしゃれ】サンドイッチを包む「ワックスペーパー」 水分を漏らさないスグレモノ

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ボリュームサンドが映える理由の一つに、様々な柄のワックスペーパーが貢献していることは間違いありません。

英字新聞のような横文字柄のワックスペーパーが人気で、皆さんもきっとどこかで見かけたことがあると思います。

そうした、多くの人によって「おしゃれ」と共通認識されているようなアイテムを使うのも映えるための重要な要素です。

さらに、ワックスペーパーはおしゃれなだけではありません。

水を弾いて通さないため、水分の多いボリュームサンドの液漏れを防ぎ、型崩れせずに上手に食べるためのお役立ちアイテムです。

・ヘッズ 日本製 ショートワックスペーパーロール ブラウン 30cm幅×20m巻

ワックスペーパーは様々な柄や大きさの製品がありますが、ボリュームサンドに使用する場合には、サンドイッチ全体を包める大きさが必要です。そのため幅30mmのロールタイプがおすすめです。

こちらは筆者が実際に使用している製品で、厚手でしっかりしています。

画像3: 【サンドイッチレシピ4選】インスタで大人気!「#萌え断」なボリュームサンドを作ろう
ヘッズ 日本製 ショートワックスペーパーロール ブラウン 30cm幅×20m巻 HEADS NCW-SRB
ワックスペーパーは様々な柄や大きさの製品がありますが、ボリュームサンドに使用する場合には、サンドイッチ全体を包める大きさが必要です。そのため幅30mmのロールタイプがお勧めです。こちらは筆者が実際に使用している製品で、厚手でしっかりしています。
サイズ:幅300mm×20m巻
ご注意:■ワックス加工の為、色むらがある場合がございます。<br>
¥1,730
2020-07-17 23:46

極厚サンドイッチ「ボリュームサンド」の【基本の作り方】 型崩れさせず断面の美しさを維持させよう!

具体的なサンドイッチのレシピをご紹介する前に、ボリュームサンドの作り方を確認しておきましょう。

【手順-1】食パンと具材を積み重ねる

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

1.作業台の上に食品ラップを広げます。

大きさは、食パン3枚分を1周半程度包める長さにカットします。(横幅30cmのものを使用します)。

2.下側の食パンを置き、マヨネーズ等を塗る

下側の食パンをラップの中央に置き、マヨネーズや、からしなどを塗っておきます。

3.具材を積み重ね、最後に上側の食パンを乗せる 

できあがった際の断面を想像しながら、具材を積み重ねてゆきます。具材と具材の間には、マヨネーズなどを塗っておくとまとまりが良くなります。最後に上側の食パンを乗せます。

【手順-2】サンドイッチ全体を圧着して隙間をなくし、ラップで包んで固定

画像5: (筆者撮影)

(筆者撮影)

食パンの片側の端を潰してラップで抑えつつ、全体を包み、反対側の端も潰すようにして包み、端がつぶれ中央が盛り上がったような形にまとめます。

こうすることで、具材と具材の間の隙間がなくなり、半分にカットしても、食べる時でも型崩れしずらくなります。

また、隙間がなくなることで、断面の美しさが出やすくなる効果もあります。

【手順-3】ワックスペーパーで包み、サンドイッチを半分にカットして完成

食品ラップだけでは美しさに欠けますし液漏れが心配ですので、ラップの上からお好みのワックスペーパーで包みます。

ワックスペーパーの上から半分にカットすれば【#萌え断】なボリュームサンドのできあがりです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.