カヌーとカヤック、なんとなくイメージは沸くけれど、それぞれ同じものだと思っていませんか?実はこのふたつ、しっかりと区別されているんです。そこで今回は、カヌーとカヤックについて「なるほど!」「そうだったんだ!」という新発見からおすすめの製品、さらに関東でカヌーとカヤックを体験できるスポットを交えご紹介します。

【カヌー・カヤック】を体験するなら! 一番大切な命綱「ライフジャケット」は必ず着用!!

自然の多い地域では、カヌーツアー・カヤックツアーなどの体験プランが多数用意されています。もちろん一式を貸し出してくれるツアーがほとんどですから、気軽に参加してみるとよいでしょう。

【カヌー・カヤック】を体験するときの服装は? 着替えを忘れずに!

体験中は水しぶきがかかるので、濡れても構わない服装と、終わった後の着替えを持参しましょう。

場所によってはずぶ濡れになってしまうこともあるので、水着やサンダルを身に着けると良い場合も。ウェットスーツの貸し出しがある場合もありますので、申し込みの時にどのような服装がよいのか確認しておきましょう。

また、ライフジャケットは必ず身に着けること。お子さんは動きにくくて嫌がる場合もありますが、身を守るために欠かせないものです。必要性をよく話しておきましょう。

【カヌー・カヤック】の乗り方が分からないときは? きちんと説明してくれるから安心!

基本的に、カヌーやカヤックの体験は初心者の方ばかりですから、はじめに注意点やパドルの使い方などの説明があります。一般的に二人乗り用カヌーに一人で乗る場合は後ろに乗るとよいでしょう。

カヌーもカヤックもある程度、足で下半身を固定させてパドルを使います。思った以上に全身を使うレジャーですよ。心配があるときは、いつでも係の方に尋ねましょう。

画像: 【カヌー・カヤック】の乗り方が分からないときは? きちんと説明してくれるから安心!

ITIWIT(イティウィ)カヤック・サップ・ディンギー ライフジャケット BA 50N+ 薄い発泡材で動きやすい

画像5: 【カヌーとカヤック】の違いとは? 関東で体験できるスポット&おすすめの便利アイテムをご紹介!
ITIWIT (イティウィ) カヤック・サップ・ディンギー ライフジャケット BA 50N+
カヌーやカヤックの初心者に。

カヌー・カヤックの初心者におすすめの丈夫な浮力支援ベスト。可視性の良い明るいカラーで丈夫にできています。また、ショート丈で、薄い発泡材のため動きやすい点も見逃せません。

【カヌー・カヤック体験①】東京編:アウトドアスポーツクラブZAC (ザック)

東京でカヌーやカヤックが体験できる施設をご紹介します。

アウトドアスポーツクラブZAC(ザック)は、東京の旧中川を中心に川や湖でのカヌーやSUPツアーを企画しています。中でもおすすめは、旧中川から23区内をめぐるカヌーツーリング。四季折々の景色が楽しめる他、東京スカイツリーを見ることもできる魅力的なツアーです。

都営新宿線・東大島駅小松川出口から徒歩約8分というアクセスの良さも大きなポイントです。家族や職場の仲間と気軽にアウトドア体験をしてみるのはいかがでしょうか。早朝や夕焼けを楽しめる時間にも実施しています。

【施設情報】
・名称:Outdoor Sports Club ZAC(ザック)
・所在地:東京都江戸川区北葛西2-1-39
・TEL&FAX:03-6671-0201
・公式HPはこちら

画像: 東京スカイツリー イメージ写真

東京スカイツリー イメージ写真

【カヌー・カヤック体験②】奥多摩編:WIZ NATURE(ウィズネイチャー)

WIZ NATURE(ウィズネイチャー)は多摩川を拠点にクラブハウスを持ち、年間を通してカヤックを中心としたアウトドアを提供しています。

専門的なガイドの方がサポートしてくれるので、初心者でも楽しめる穏やかな流れでの川下りから、慣れてきた方向けに流れの速い場所での本格的なリバーカヤックも行っており、どんな方でも幅広く体験できるのが特徴です。

JR青梅線・日向和田駅から歩いて5分というアクセスの良さも人気の秘訣です。1日体験コースでは、BBQが付いたプランも。家族や仲間と丸一日遊べますね。

【施設情報】
・名称:WIZ NATURE(ウィズネイチャー)
・所在地:東京都青梅市梅郷5-984-31
・TEL:050-3555-1504
・公式HPはこちら

画像: リバーカヤック イメージ写真

リバーカヤック イメージ写真

【カヌー・カヤック】で大自然をダイレクトに感じる! 手軽にできて醍醐味を味わってみよう♪

画像: 【カヌー・カヤック】で大自然をダイレクトに感じる! 手軽にできて醍醐味を味わってみよう♪

カヌーとカヤックの違いはありますが、どちらも気軽に楽しめるアウトドアスポーツですね。購入するとなると…保管場所や持ち運び手段等、様々な条件を考えながら検討していくこととなりますが、「まだ何の道具もないけれど…」という場合、一度ツアーやスクールなどで試して見ることをおすすめします。海・池・川…それぞれ大自然をダイレクトに感じる醍醐味はかけがえのない経験につながるはずです。

【カヌーとカヤック】の違いや、カヌーとカヤックを体験できるおすすめスポットも合わせて紹介中!

This article is a sponsored article by
''.