キャンプやアウトドアで手早くお湯を沸かしたいときは、ケトルが便利です。注ぎ口がついているので、カップに注ぎやすいメリットも。バーナーやコンロだけでなく、焚き火でお湯を沸かせるケトルもあります。そこで、スノーピークやロゴスなど人気ブランドのキャンプ向けケトルのおすすめを6つご紹介します。

【キャンプ用ケトル】選び方は? 初心者は3種類の形から用途に合わせて選ぶのがおすすめ

キャンプ用ケトルは、大きく分けて以下の3種類があります。

  • やかん型
  • 縦長型
  • クッカー兼用の寸胴型

それぞれ、次のような特徴があります。

【キャンプ用ケトル①】やかん型ケトル:底面が広い! キャンプでお湯沸かしの定番!

画像: 【キャンプ用ケトル①】やかん型ケトル:底面が広い! キャンプでお湯沸かしの定番!

見慣れている人も多いであろう、湯沸かしの定番ともいえる「やかんタイプ」。

底面が広く設計されているため炎があたる面積が広く、湯沸かしがすばやくできるのが特徴。

ただし高さがなく、持ち手も短めなので、焚き火での使用は不向き

持ち手にゴムやシリコンなどの素材が使われている場合は、熱で溶けてしまう可能性もあるので注意しましょう。

やかんタイプは、バーナーでの使用をおすすめします。

【やかんタイプまとめ】

  • メリット:お湯が比較的すぐ沸く
  • デメリット:焚き火での使用は不向き

【キャンプ用ケトル②】縦長タイプのケトル:焚き火で湯沸かししたい人&大人数キャンプにおすすめ

画像: 【キャンプ用ケトル②】縦長タイプのケトル:焚き火で湯沸かししたい人&大人数キャンプにおすすめ

背が高く、ポットのような形をした縦長タイプは、焚き火での使用が可能。

持ち手がつかみやすく、お湯を注ぎやすいメリットもあります。

さらに、容量が大きいものも多く、一度にたくさんお湯が沸かせるのもうれしいポイント。大人数のキャンプで大活躍します。

ただし、その分、荷物になりがち。キャンプに持って行くときは、収納スペースがある程度必要です。

【縦長タイプまとめ】

  • メリット:焚き火向き&注ぎやすい
  • デメリット:かさばるので持ち運び△

【キャンプ用ケトル③】寸胴タイプのケトル:クッカー兼用タイプ! 湯沸かしと調理が1台で!

画像: 【キャンプ用ケトル③】寸胴タイプのケトル:クッカー兼用タイプ! 湯沸かしと調理が1台で!

寸胴型のケトルは、湯沸かしに加えて調理が可能な、クッカー兼用タイプ

1台2役なので、キャンプに携帯するアイテムを少しでも減らしたい人におすすめ。

ただし、クッカーを兼ねる分、注ぎやすさなどは前出の2つに比べるとイマイチ。

デメリットもあるものの、調理ができる点で便利なタイプです。

【縦長タイプまとめ】

  • メリット:クッカー兼用で荷物が減る
  • デメリット:注ぎやすさは△

ここからは3つの種類別に、キャンプやアウトドアにおすすめのケトル18選を紹介します!

This article is a sponsored article by
''.