「コット」はアウトドア向けの簡易ベッドのことですが、普段使いでも重宝します。筆者は自宅で少し横になりたいときに使おうと思い、DODの「バッグインベッド」を購入しました。コンパクトで場所を取らず、ソファー代わりにも使えて便利。そこで、商品の特徴や使ってみた感じなどをレビューします。

【筆者の購入の決め手4つ】DODの「バッグインベッド」は超軽量なキャンプ用ベッド(コット)

画像1: DOD「バッグインベッド」は組み立て簡単なアウトドアベッド 普段使いにもおすすめ
アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ
アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ

DODから発売されている「バッグインベッド」。「コット」と呼ばれるキャンプ用の簡易ベッドです。

筆者は自宅でも「ちょっと横になりたいな」と思ったときに使おうと思ってコットを探した結果、こちらを購入しました!

数あるコットの中から、なぜDODの「バッグインベッド」を選んだのか。決め手となった4つのポイントをまずご紹介します!

1)DODの「バッグインベッド」は軽量2.4kgなアウトドアベッド

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

バッグインベッドに使われているフレームは、すべてアルミ製

アルミは軽量な材質なので、全体の重量も2.4kgほどと軽く、持ち運びが苦ではありません。小学校1年生の男の子でも、片手でラクに持てる重さです。

この軽さも、購入の決め手の1つでした。

2)DODの「バッグインベッド」は耐荷重120kgのコット

軽量にもかかわらず、耐荷重は120kg。丈夫なアルミフレームならではのスペックです。

3)DODの「バッグインベッド」は持ち運びや収納時に負担にならないコンパクトさ

フレームポールやベッド生地など、すべてのパーツは付属のキャリーバッグにおさまります。

組み立てると長さ183cmあるベッドが、バッグに収納すると、3分の1以下の大きさにまでコンパクトになるので、携帯にも便利です。

4)DODの「バッグインベッド」はDODらしいナチュラルカラーが魅力

カラーは、ブラック、ベージュ、タンの3色展開。

筆者はナチュラルな風合いのベージュをチョイスしました。

画像2: DOD「バッグインベッド」は組み立て簡単なアウトドアベッド 普段使いにもおすすめ
アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ
アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ

【スペック】

  • 重量:約2.4kg
  • サイズ:(約)長さ183×幅72×高さ15.5cm
  • 収納サイズ:(約)長さ51×幅13×高さ16cm
  • 素材: 生地…600Dポリエステル、フレーム…アルミニウム
  • 耐荷重:120kg(静止時)

ソファ代わりとしても使えるアウトドアベッド DOD「バッグインベッド」はワイドなコットで快適な寝心地

キャンプやツーリングなど、アウトドアでの使用を想定して設計されているDODのバッグインベッドですが、普段使いにもおすすめ

組み立ててから、初めて横になったとき、寝心地が快適だったことに感動!

ハンモックとまではいきませんが、ベッドが床から浮いている状態なので、生地に体をすっぽり包まれているような心地良さがあります。

また、DODのバッグインベッドは幅70cmと、一般的なシングルサイズのコットに比べてワイド。ゆとりのあるスペースでお昼寝ができます。

このように、ゆったりした幅だったのも、DOD製のコットを選んだ理由です。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

さらに、人が多く集まったときにもソファーとして活躍しそうなのがうれしいポイント。小さな子どもたちも喜びそうです。

ただし、軽量な分、座ったり立ったりするときには、やや注意が必要

勢いよく乗ると、その反動でコットが跳ね上がったり、動いたりすることがあるので気をつけましょう。

画像3: DOD「バッグインベッド」は組み立て簡単なアウトドアベッド 普段使いにもおすすめ
アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ ナチュラム PayPayモール店 - 通販 - PayPayモール
ナチュラム PayPayモール店 | アウトドアベッド DOD バッグイン ベッド ベージュ

DOD「バッグインベッド」はシンプルな構造 コット初心者でも簡単に組み立て可能なアウトドアベッド

実は筆者は、コット初心者

仕事の合間にちょこっと横になったり、ソファー代わりに座れたりする良いアイテムはないか…と探していたときに、キャンプ用コットの存在に気が付きました。

画像: 筆者撮影 パーツも少なく、分解してコンパクトに収納できる◎

筆者撮影
パーツも少なく、分解してコンパクトに収納できる◎

一般的なベッドだと、一度設置すると撤収や移動が大変…。サイズもそこそこ大きいので、寝室以外の部屋に設置するのは避けたいもの。

その点、アウトドアユースを想定してつくられたコットなら、設置と片付けが簡単。サイズもコンパクトで、持ち運びがしやすいことを考えて選びました。

さらに、日常生活で使うベッドやソファーより、だいぶ安価で入手できるメリットもあります。

コット初心者の筆者、ひとまず説明書を読みながら挑戦してみたのですが…

DODのバッグインベッドは構造がシンプルだったので、感覚でも組み立てられるほど。あっという間に設置が完了しました!

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

組み立てが簡単なギアは、撤収もラクにできるのがうれしいポイント。

ササッと片付けて、すべてのパーツを専用のキャリーバッグに収納して完了です。

DODのバッグインベッドの組み立て方は、このあと写真付きでご紹介します!

This article is a sponsored article by
''.