「おうち時間でもキャンプ気分を味わいたい!」と思ったら、いっそのこと室内のインテリアをアウトドアっぽく変化させるのも1つの方法です。わが家は子ども部屋にキッズテントをたてて、芝生っぽいカーペットを敷き、ミニキャンプ場を再現。アウトドアの雰囲気が出て、気分が上がりますよ!そこで今回は、室内でたてられるキッズテントのおすすめを紹介します。

室内用テントはペグ不要で簡単設置のキッズテントがおすすめ 大人も子供も秘密基地を楽しもう

おうち時間を楽しくする工夫としておすすめなのが、室内にテントをたてること。秘密基地っぽい雰囲気で、子どもも大人もワクワクします。

「でも、どんなテントなら家の中でたてられるんだろう?」と思った方におすすめなのが、キッズ用のテントです。

画像: 室内用テントはペグ不要で簡単設置のキッズテントがおすすめ 大人も子供も秘密基地を楽しもう

サイズが大きすぎないので、部屋に設置しても邪魔になりにくいです。

また、ペグを打たなくても自立するため、組み立てが簡単。加えて、軽量なので、移動もラクです。

室内にいながら、ちょっとしたアウトドア気分が味わえるのも魅力。眺めているだけで、気分がほっこりしますよ!

キッズテントといっても、大人が中に入って座れるくらいの広さがあるので、あなどれません。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

子どもなら、寝転がって遊んでも十分なスペースがあります。

キャンプごっこや秘密基地など、自由な発想で遊べる空間ができるので、小さいお子さんのいるご家庭におすすめです。

室内用テントはインテリアにもなる「ティピー」タイプのキッズテントがおすすめ 部屋がおしゃれになる

画像1: 室内用テントはインテリアにもなる「ティピー」タイプのキッズテントがおすすめ 部屋がおしゃれになる

テントを象徴する形といえば、トンガリ屋根のテントではないでしょうか?

ただし、アウトドアやキャンプで使う、本格的なトンガリ屋根のテント(=ワンポールテント)は、ペグを打つ必要があり、広いスペースが必要で室内に設置するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、ティピータイプのキッズテントです。

ティピーテントとは「ワンポールテント」の別名で、以下のようなものを指します。

  • アメリカ先住民の移動用住居のスタイル
  • インディアンテントとも呼ばれる
  • トンガリ屋根が特徴

室内用のキッズテントなら組み立てが簡単なのが魅力。

ライトやオブジェなど好きな飾りつけをすれば、子どもの遊び場だけでなく、おしゃれなインテリアアイテムとしても活躍してくれますよ!

画像2: 室内用テントはインテリアにもなる「ティピー」タイプのキッズテントがおすすめ 部屋がおしゃれになる

ここからは、キッズテントのおすすめを3つ紹介します。

モンスターデザインが可愛いキッズテント! 小さめのティピーテントで狭いお部屋にもおすすめ

LALIFIT キッズテント ティピーテント型

画像1: 【室内キャンプ】子供のごっこ遊びやお部屋インテリアに! おすすめキッズテント5選
キッズテントカスタム型 子供用テント 遊ぶテント ティピーテント型 100cm×100cm×130cmサイズ 窓つき 収納バッグ付き
キッズテントカスタム型 子供用テント 遊ぶテント ティピーテント型 100cm×100cm×130cmサイズ 窓つき 収納バッグ付き 簡単組み立て ボール おもちゃ プレイハウス 折りたたみ式テント

モンスターのイラストがあしらわれた、かわいらしいデザインのキッズテント。

自立するティピーテントなので、子ども部屋、リビングなど、室内の好きな場所に設置できます。

収納時はコンパクトなサイズになるので、持ち運びがラクにできるのも魅力。

お好みのライトやガーランドなどでデコレーションすれば、さらに楽しめる空間になります。

【スペック】

  • 梱包重量:約1.1kg
  • サイズ:100×100×130cm
  • 収納時サイズ:約40×20×6cm
  • 対象年齢:2歳以上
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.