キャンプの醍醐味といえば、「焚き火」ですよね。揺らめく炎を見ているだけでリラックスした気分になれたり、おいしいキャンプご飯を作ったり活躍します。夜に仲間と焚き火を囲って語り合うシーンにも欠かせません。そんな焚き火を効率よく楽しむ秘訣は、「薪の組み方」にあります!今回は、用途やシーンに合わせた効率的な薪の組み方についてご紹介します。

キャンプで使える薪の組み方4選 用途に合わせて適切な組み方をするのが、焚き火初心者脱却のコツ

「焚き火」は、さまざまなキャンプシーンで活躍します。お湯を沸かしたり、キャンプご飯を調理する時や冷え込む夜間に暖を取る際にもなくてはならないものです。

はじめの慣れないうちは、火を高くしすぎてしまったり薪をすぐに使い切ってしまったりすることも。

そこで焚き火を効率的に楽しむためには、用途に応じた薪の組み方が必要になります。キャンプの焚き火で使える基本の薪の組み方4つがこちらです。

1.井桁(いげた)型:短時間で安定した火をつくれる!初心者向け

画像: 筆者提供:スタンダードな井桁組

筆者提供:スタンダードな井桁組

キャンプファイアーや暖を取るのにおすすめの組み方が「井桁(いげた)型」です。文字通り、薪を「井」の字に組んでいく方法で強めの火力を得るのにはぴったりの組み方。

焚き付け用の小枝や落ち葉などの燃えやすい素材を中央に置き、薪で囲うことにより短時間で安定した炎を作り出すことができます。

焚き火スタイルの中でも、スタンダードな薪の組み方で初心者の方でも簡単に焚べることができます。

2.ティピー型(合掌型):少ない薪でも高さのある火が特徴!調理には不向き

画像: 筆者提供:少ない本数でバランス良く組むのがコツ

筆者提供:少ない本数でバランス良く組むのがコツ

薪を中央に向けて円錐形に組むスタイルが「ティピー型」です。合掌型とも呼ばれ、薪が少ない時でも高さのある炎を作れることが大きなメリット。

見栄えの美しさも印象的な焚き火スタイルになります。ただし、セッティングのときにバランスが取りにくいのと、燃焼時間が短く、薪の消費が早いので調理などには向きません。

3.開き傘型:長時間焚き火を楽しめて、調理にもぴったり

画像: 筆者提供:長時間じっくり焚き火を楽しみたいなら開き傘

筆者提供:長時間じっくり焚き火を楽しみたいなら開き傘

薪の先端を中央に集め、まるで傘を開いたような組み方が「開き傘型」です。先端から放射線状にゆっくりと燃焼していくため、長時間の焚き火を楽しむことができますよ!

キャンプご飯の調理に使いやすいのも特徴。焚き付け用の小枝も薪の先端の下に設置しておくことで、着火しやすくなります。

4.並列型:安定した強い火力がほしい時に!直火や調理用にも

画像: 筆者提供:直火で組むならこの並列スタイルがおすすめ

筆者提供:直火で組むならこの並列スタイルがおすすめ

数本の薪を並べた組み方が、「並列型」です。枕木として2本の薪を置き、その上から並列に薪を並べていきましょう。

薪が安定し、燃焼効率もいいので強い火力が必要なときにもおすすめです。

直火用の組み方としても使いやすいスタイルで地面が濡れていても、影響を受けずによく燃焼します。調理用に使える万能なスタイル。

焚き火の放射熱で予備の薪を乾燥させよう! 着火性がアップし、煙や火の粉が舞うのを防げておすすめ

画像: 筆者提供:焚き火の輻射熱も効率的に利用

筆者提供:焚き火の輻射熱も効率的に利用

焚き火を始めたら、利用したいのが焚き火の放射熱。焚き火台を囲うように薪で壁をつくり乾燥させましょう。

これにより薪を芯まで乾燥させることができます。乾燥させた薪は中の水分が蒸発し着火もしやすくなり、煙や火の粉の原因である薪が弾けるのを防ぐ効果も。

炎だけでなく放射熱を有効に活用することで、より効率的な焚き火が楽しめますよ!

薪の組み方次第で焚き火の効率が格段にアップ! キャンプ初心者は紹介した4つの組み方を覚えよう!

画像: 筆者提供:用途に応じた薪の組み方をマスターして効率的な焚き火を!

筆者提供:用途に応じた薪の組み方をマスターして効率的な焚き火を!

キャンプの醍醐味である「焚き火」は、眺めているだけでやみつきになるほど魅力的です。効率的で余裕を持った焚き火をするために大事なことは、「事前の計画」をきちんと立てること。そして楽しみ方や活用方法は薪の組み方によって変わります。

ソロキャンでも大人数でも楽しめる焚き火。ぜひこの4つの薪の組み方をマスターして、充実したキャンプの焚き火時間を過ごしましょう!

他記事ではおすすめの焚き火台を紹介! 直火NGなキャンプ場も多いので1つは持っておこう!

This article is a sponsored article by
''.